速習 Swiftプログラミング言語

このコースでは、iOSやmacOSアプリの開発に限らず、サーバサイドアプリの開発にも対応したSwift言語の基本的な文法を1日で学習します。


本コースでは、何らかのオブジェクト指向言語の経験をお持ちの方が、1日でこのモダンなSwift言語の基本的な文法を”速習”できるように構成しています。

これからiOSやmacOSアプリ開発を始めるにあたり、クロージャやOptional、delegateなどSwift特有の部分を中心に、最初に知っておくべき最低限の文法を理解でき、iOSアプリやmacOSアプリの開発にスムーズに入ることができます。

学習は、主にインタラクティブにコードを書いて実行結果を確認できるPlayground上でハンズオン+演習の形式で行います(iOSアプリの開発方法は含みません)。

研修概要

  • 研修の目的
    ■ Swift言語の特徴を説明できる
    ■ クロージャやOptional、デリゲートなどSwiftの特徴的な文法を用いたコードを記述できる
  • 研修の内容
    ■ Swift概要
     □ Swiftの特徴
    ■ Swiftの基本文法
     □ オブジェクトの操作
     □ 変数と定数
     □ 制御文
     □ 配列、ディクショナリ、タプル
     □ クラスとインスタンス
    ■ 関数とクロージャ
     □ 高階関数
     □ クロージャ
    ■ Optional型
     □ if-let文、guard-let文
     □ Optional Chaining
    ■ プロトコルとエクステンション
     □ プロトコル
     □ エクステンション
     □ デリゲート
    ■ エラーハンドリング
     □ 実行時エラー
     □ try!の利用
     □ try?の利用
     □ do-catchブロックとtryの利用
    ※上記スケジュールは予定となり、当日変更する可能性がありますのでご了承ください。
    ※最新でより良い内容をお届けするため、一部の学習項目を予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。
  • 対象者
    ■ iOS/macOSアプリ開発を行う予定があり、Swiftでコードを記述する必要のある方
    ■ iOS/macOSアプリのコードレビューを担当するなど、Swiftのコードを読解する必要のある方
  • 前提条件
    ■ Macの基本操作ができる方
    ■ JavaやJavaScriptなど、何らかのオブジェクト指向プログラミング言語の経験がある方
  • 実行環境
    ■ MacBook Pro
     □ macOS
     □ Xcode 12
     □ Playground
     □ Swift 5
    ※使用するソフトウェアおよびバージョンについては、予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。
  • 配布資料
    ■ セミナーテキスト
    ■ 演習テキスト
    ※ソースコード等はオンラインストレージにて配布いたします。
  • 開催日数
    1日間
  • 受講料
    44,000円
    (税込)※受講料にはテキスト代も含まれます。
  • お支払い
    研修終了後に請求書払いとなります。
    請求書は研修終了日の属する月の月末までに郵送、もしくは研修当日に手渡しさせていただきます。
  • 持ち物
    特にございません
  • 時間
    9時30分~17時00分

開催日程

iOS研修に関する研修一覧