2018年度改訂

短期集中 Javaエンジニア向け Android基礎講座

Androidの誕生日は2007年11月5日。この約10年で世界は変わりました。すでに多くの人々がAndroidアプリのユーザです。
Androidアプリを開発する際に使用する言語はJavaとKotlinです。Javaも誕生して20年以上が経ち、多くのエンジニアたちがJavaで様々なシステムやアプリケーションを開発しています。

その中でも特にエンタープライズ・システムの開発に従事してサーバサイドJava(Java EE)に取り組んだ方が多いと思います。
一方で、クライアントサイドでは時代の流れとしてPC上のWebブラウザから携帯端末へと移り変わっています。
サーバサイドJavaの開発経験はあっても、Androidアプリ開発時のJavaはGUIアプリ固有のプログラミングが多用されるため、「書いた記憶がない」「習った覚えがない」Javaコードが見受けられるようになります。

本コースではJavaでAndroidアプリの開発を開始する方を対象に、「AndroidならではのJava」から始めて、「一覧表示やDBアクセスをするAndroidアプリの開発」までを、実習を交えて講義します。

※JavaによるAndroidアプリ開発入門は2018年11月の開催から改訂を予定しております。
 改訂後の内容はこちらをご確認ください。

※開催日程の分割について
以下の開催日程は土日を挟み、前半(1日間)・後半(2日間)の分割開催となりますのでご注意ください。
システム上、お申し込みページや申込受付メールでの表記は開始日~終了日となってしまいますが、ご了承をお願い致します。
・2018年11月9日~2018年11月13日開催
 (前半:2018年11月9日、後半:2018年11月12日~2018年11月13日)

対象コース

AndroidのためのJavaプログラミングテクニック詳細を見る

概要
Androidアプリの開発言語であるJavaは、オブジェクト指向言語として「継承」や「インタフェースの実装」など
特徴的な言語仕様を持っています。
さらにAndroidアプリ開発時では、より特徴的かつGUIアプリ固有なJavaのプログラミングが多用されます。
「ネストクラス」「Builderパターン」「GUIにおけるイベントリスナー」などこれらの用語を耳にして、
「書いた記憶がない」「習った覚えがない」と思った方は、Androidアプリ開発に入る前にぜひ当講座をご受講ください。
1日間だけのコンパクトな講座で、「AndroidならではのJava」を身につけることができます。
研修の目的
・Androidアプリ開発における、特徴的かつGUIアプリ固有なJavaのプログラミングテクニックを習得する。
研修の内容
● ネストクラス
● Builderパターン
● イベントとリスナー
● フレームワーク
● JARとGradle
● ラムダ式
この研修のみ申し込む場合はこちらから

JavaによるAndroidアプリ開発入門詳細を見る

概要
本コースは、複数のUIコンポーネントを利用した基本的なAndroidアプリの開発技術を修得します。
画面の作成からデータベースアクセスまで、一般的なAndroidアプリで頻繁に利用される機能を中心に実装方法を学習します。
作成したAndroidアプリは、こちらでご用意したAndorid端末を使って動作確認を行います。
本コースはハンズオンとプログラミング演習を半々に進めていきますので、Androidアプリ開発を実際に体験できる多くの機会をご用意しております。
これにより、ただ知識として学習するよりもずっと深く身につけることができます。
研修の目的
■簡単なAndroidアプリを開発できるようになる
研修の内容
■ オリエンテーション
■ Androidの概要
■ Androidで用意されているコンポーネント
■ Android Studioの操作(プロジェクトの作成/既存プロジェクトを開く/ほか)
■ プロジェクトの設定(Manifestファイル、gradle、sdk、build-tools)
■ レイアウトファイルをいじってみる
■ レイアウトファイルとActivity
■ 文字列リソースの作成
■ 画面の追加
■ ボタンを押したときの処理
■ 画面遷移をしてみる
■ EditTextで入力した内容の取得
■ 次の画面にEditTextに入力した内容を表示してみる
■ SQLiteを扱ってみる
■ Toastの表示方法
■ Activityのfinishメソッド
■ ListViewとAdapter
■ ダイアログとオプションメニューを追加してみる
この研修のみ申し込む場合はこちらから

研修概要

研修の目的
・Androidアプリ開発における、特徴的かつGUIアプリ固有なJavaのプログラミングテクニックを習得する。
・Androidアプリ作成の基本を修得する。
 - 画面遷移を伴うアプリの作成方法を修得する。
 - 一覧画面を使用したアプリの作成方法を修得する。
 - データベースアクセスの方法を修得する。
対象者
・Androidアプリの開発を始める方
・JavaによるGUIアプリ開発未経験の方
前提条件
・基本的なJavaプログラミングができる方
・基本的なJavaクラスライブラリを利用できる方
Javaプログラミング入門 -現場で活躍するエンジニアになるための第一歩-およびJavaプログラミング基礎 -開発現場を見据えた次のステップ-を受講済みもしくは同等の知識を有すること
配布資料
セミナーテキスト
※ソースコード等はオンラインストレージにて配布いたします
開催日数
3日間
受講料
120,960円(税込み)
※受講料にはテキスト代も含まれます。
時間
9時30分~17時00分
開催日程
2018年8月1日~2018年8月3日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2018年9月3日~2018年9月5日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2018年10月1日~2018年10月3日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2018年11月9日~2018年11月13日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2018年11月20日~2018年11月22日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2019年2月6日~2019年2月8日(3日間)【受付】2019/01/30まで
【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込む
2019年2月20日~2019年2月22日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了

セット販売コースに関する研修一覧