CASAREAL Recruit siteCASAREAL Recruit site

INTERVIEW 社員インタビューINTERVIEW 社員インタビュー

カサレアルでの仕事、やり甲斐、人間関係のこと、そして未来のこと。社員それぞれが「カサレアルで働くことの魅力」を語りました。

技術志向のエンジニアにとって
仕事を“理解”し“評価”
してくれる
理想的な環境

新津 佐内ビジネスソリューション開発部
(2016年入社)

新しい技術を取り入れ積極的に活用できる、
エンジニアにとって理想的な環境

私は新しい技術を積極的に取り入れ、それをシステム開発に活かすのが好きな、技術志向のエンジニアです。前職は社員数10名以下の小さな会社で、プロジェクトメンバーのほとんどが他会社の方だったこともあり、新しい技術に関する試行錯誤はほぼ自分一人でやらなければならない状況でした。自分と同じような志向を持ったエンジニアと一緒に仕事ができる環境に身を置きたいと考え、転職を検討し始めました。
数社面接を受けましたが、カサレアルの最初の面接でプロジェクトの内容や進め方について具体的に話をうかがい、「自分が“こうありたい”と思い描いている形を実現できそうな会社だ」と感じました。また社内に教育事業部門があり、新しい技術を取り入れる機会が豊富であることも、入社の決め手になりました。
まだ入社したばかりですが、とてもスムーズに仕事を進められています。みな気軽に声をかけてくれるので、コミュニケーションが取りやすいですね。「一緒に仕事をする仲間だ」と認められているのだと感じます。技術についての情報交換も頻繁に行われるので、新しいことを学びながら仕事ができる。とても働きやすい環境です。

エンジニアの仕事を、
正しく評価してくれる

エンジニアは周りとあまり関わりたがならない、というイメージもありますが、カサレアルのエンジニアはコミュニケーションを積極的に取ります。周りの人と話をして、アイディアを出し合い、協調しながら技術を高めていこうという考えの人が多くいます。もちろん、自分が作っているものに対してはこだわりとプライドを持って取り組んでいますが、アドバイスがあればそれを受け入れる柔軟性があります。
またカサレアルでは、エンジニアの仕事を正しく評価してくれます。エンジニアがモノを作るとき、実際に手を動かす時間以外に、新しい技術を検討したり、試行錯誤したり、という時間が必ずあります。しかしプロジェクトの利益を追求していくと、そのような時間がどんどん圧縮されてしまうんです。しかしカサレアルでは、エンジニアの作業にはある程度時間がかかるものだと理解されているので、プロジェクト全体の利益だけではなく、プロセス評価をしてくれます。だからこそ、新しい技術を学んで取り入れる意欲がわき、そしてその結果、より使いやすい、お客様やユーザーに評価される優れたシステムが構築されるのだと思います。

知識や経験を共有することで、
良いシナジーが生まれていく

これから取り組みたいと考えていることに、「経験の蓄積と共有のためのシステムづくり」があります。たとえば、私が経験したことを、他の社員にわかりやすく伝える資料やドキュメントを作成します。するとその社員は、同じ状況に直面したときに、一からではなく、ある程度進んだ段階から取り組むことができるので、作業の視野が広がります。一人が直接伝えられる分量には限りがあるので、それらを共有して、いつでも誰でも取り出して見られるような社内システムがあれば、お互いの技術をより高め合えると期待しています。
また、これは仕事ではありませんが、健康のためにスポーツに取り組みたいと考えています。カサレアルに入社して、健康に気をつけている人が多いことに驚きました。エンジニアというと、つい不健康なイメージを抱きがちですよね。筋トレをやっていたり、マラソン大会に出場している人の姿に刺激されて、私もジョギングを始めました。もちろん、まだ大会に出られるレベルではありませんが(笑)。

技術的なスキルを磨き現場で活躍したいと考えているエンジニア、さらにマネージャーとしてのスキルも身につけ、後進の育成にも携わりたいと考えているエンジニアには良い環境だと思います。
また、年次有給休暇の他、子どもの記念行事や急な病気、自分の誕生日にも休暇を取れる制度があり、社員やその家族に優しい会社です。