CASAREAL Recruit siteCASAREAL Recruit site

INTERVIEW 社員インタビューINTERVIEW 社員インタビュー

カサレアルでの仕事、やり甲斐、人間関係のこと、そして未来のこと。社員それぞれが「カサレアルで働くことの魅力」を語りました。

いい意味で“気楽”なカサレアルで
主体性を持って
「自分の仕事」に取り組む。

槇 賢人ビジネスソリューション開発部
(2007年入社)

案件のユニークさと、
仕事への誠実さが転職の決め手

前職では、メーカー系SIerで在庫管理や工程管理などのシステム開発を6年ほどやっていました。大きな案件を上流から携わってきたので、やりがいはあったのですが、システム構築の結果が売上や実績にどのように反映されたかが見えにくい、そんな不満足さが自分のなかにありました。結果がダイレクトに分かりやすいWeb系の仕事がしてみたいと、転職活動を始めました。
カサレアルを含めて5~6社ほど受けましたが、扱っている案件が魅力的だったのがカサレアルに決めた一番の理由ですね。某プロ球団のシステム立ち上げの案件があり、「日本に12しかないプロ球団の一つに関わるというのは、滅多にない機会だし、面白そうだ」と感じました。
また、Web系の会社は良くも悪くも“軽い”というイメージを持っていたのですが、カサレアルはカッチリとした印象を感じました。堅苦しいというのではなく、真面目さや誠実さが感じられる雰囲気だったことも気に入りました。
そういえば面接の際、「システム開発の流れを上流から言ってください」という主旨の質問をされました。システム開発と言うと作るところだけにフォーカスされがちですが、カサレアルはシステム開発をきちんと上流から意識している。「この会社でなら、自分の経験を活かした仕事ができそうだ」と感じました。

お客様と話をすることで、
「最適解」が出せる

カサレアルで仕事をしていて気づいたことは、「仕事の最適解はその会社によって違う」ということ。質はそこそこで開発スピードを重視したいというお客様もいれば、将来の拡張性を見据えて時間が多少掛かってもしっかりと構築したいというお客様もいらっしゃいます。お客様が納得していただける物を作るためには、まずはお客様の考えや思いをしっかりとお伺い把握する。その上で、私たちができる最適なご提案していくことが、何より重要だと思います。
システム開発の打ち合わせは、ともすると専門用語の羅列になってしまい、お客様の理解が置いてきぼりにされてしまうことがあります。私が心がけていることの一つは、“お客様が使っている言葉”を使うこと。それぞれの業界に専門用語があり、それを使って会話することで、お互いの理解が進みます。また技術的な説明は、「自分の母親に話す」ぐらいに、分かりやすく話す。そうやって会話をすることで、お客様と信頼関係を築くことができるように思います。システム開発は長期間に渡るものも多く、2年以上お客様と一緒に仕事をしていると、業務上はもちろん、人間同士の信頼関係も育まれる。その積み重ねが、その先の仕事にもつながっていくのだと感じています。

主体性を持って仕事に取り組める、
“気楽”な会社です。

カサレアルは、いい意味で“気楽”な会社です。仕事は誠実にしっかりやるけれど、ピリピリした雰囲気がなく、居心地がいいです。
また、社内は自分の意見を言いやすい環境です。上司や役職者の方でも意見にはキチンと耳を傾けてくれるので、自分のやりたいことを実現しやすいとも感じます。さらにカサレアルには教育事業部門があり、新しい技術のキャッチアップも早いですし、希望すればそれを学ぶこともできます。

カサレアルは今変革期を迎えています。事業、業績、規模的に大きな飛躍を狙っています。また、カサレアルはそれほど大きくない会社ですが、それだけに小回りが利き、意見が通りやすい会社でもあります。自分の意思を持ち、会社をディレクションしたり、新しいことにチャレンジしたい、そんなメンバーが加わってくれれば嬉しいですね。