申込み受付中

🔸オンライン開催はこちら

JavaによるAndroidアプリ開発入門

Javaを使って、Androidアプリ開発の基本技術を修得するコースです。


世界中で普及しているAndroidアプリをJavaで開発したい方におすすめのコースです。


本コースでは、始めにAndroidアプリ開発で必要となる特徴的かつGUIアプリ固有な「ネストクラス」「Builderパターン」「GUIにおけるイベントリスナー」などについて学習します。


その後、画面の作成・イベントの取り扱い・データベースアクセスといったAndroidアプリで最低限必要な機能を学習していきます。

作成したAndroidアプリは、Android端末を使用し動作確認も行えるため、受講後には簡単なアプリを開発できるようになります。

また、ハンズオン形式で進めていき、Androidアプリ開発を実際に体験できる多くの機会をご用意しているため、知識だけを修得するよりも深く身につけることができます。


さらに、HTTP通信など応用的な内容を学習したい方には、上位コースの『JavaによるAndroidアプリ開発応用 -WebAPI、非同期処理、サービス-』コースもおすすめになります。

コースフロー

Android(Java)研修 JavaによるAndroidアプリ開発入門 JavaによるAndroidアプリ開発応用-WebAPI、非同期処理、サービス- JavaによるMVVMなAndroidアプリ開発 -ViewModel、LiveData、データバインディング、Room、 ThreadとrunOnUiThread-

研修概要

  • 研修の目的
    ■ Androidアプリ開発における、特徴的かつGUIアプリ固有なJavaのプログラミングテクニックを説明できる
    ■ 簡単なAndroidアプリケーションを開発できる
    ■ Androidアプリの基本的なアーキテクチャを説明できる
  • 研修の内容
    ■ ネストクラス
    ■ Builderパターン
    ■ イベントとリスナー
    ■ ラムダ式
    ■ Androidの概要
     □ Androidで用意されているコンポーネント
    ■ Android Studioの操作
     □ プロジェクトの作成
     □ 既存プロジェクトを開く
    ■ レイアウトファイルをいじってみる
    ■ レイアウトファイルとActivity
     □ 文字列リソースの作成
    ■ 画面の追加
     □ ボタンを押したときの処理
     □ 画面遷移をしてみる
     □ EditTextに入力した内容を次の画面に表示してみる
    ■ SQLiteを扱ってみる
    ■ ListViewとAdapter
    ※上記スケジュールは予定となり、当日変更する可能性がありますのでご了承ください。
    ※最新でより良い内容をお届けするため、一部の学習項目を予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。
  • 対象者
    ■ これからJavaを使用してAndroidアプリ開発を始めたい方
  • 前提条件
    ■ Java言語でのプログラミング経験があること
  • 実行環境
    ■ JavaSE JDK
    ■ Eclipse
    ■ Android Studio
    ■ Android 4.4~11
    ■ Android端末
    ※使用するソフトウェアおよびバージョンについては予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。
  • 配布資料
    ■ セミナーテキスト
    ■ 演習テキスト
    ※ソースコード等はオンラインストレージにて配布いたします。
  • 開催日数
    3日間
  • 受講料
    148,500円
    (税込)※受講料にはテキスト代も含まれます。
  • お支払い
    研修終了後に請求書払いとなります。
    請求書は研修終了日の属する月の月末までに郵送、もしくは研修当日に手渡しさせていただきます。
  • 持ち物
    特にございません
  • 時間
    9時30分~17時00分

開催日程

Android(Java)研修に関する研修一覧