AWS研修 一覧

AWS研修 一覧

AWS Cloud Practitioner Essentials (バウチャ2枚付)[模擬試験用・試験用]

AWSクラウド環境でのインフラ構築を中心に、基本のサービスを1日で学習できるコースです。

講義8割、演習2割の比率で、AWSの基礎知識、用語、各サービスの特徴を集中的に学びます。

演習中心の後続コース 「 AWS Practical Startup Workshop 」と合わせてのご受講がおすすめです。

「AWS認定クラウドプラクティショナー」資格取得を目指す方の基礎知識修得にも最適です。

※資格対策コースではありません。


このコースでは AWS の製品、サービス、および一般的なソリューションについてご紹介します。

AWS のサービスの理解を深めるための基本知識が説明され、受講者が自身のビジネス要件に応じて、IT ソリューションに関する情報に基づいた決定を下し、AWS の使用を始めるのに役立ちます。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(Bookshelf)のアカウント登録について
 本コースでは、Gilmore社より発行される電子テキストを使用します。
 同社の電子テキストの閲覧には、無償の電子ブックビューワーBookshelfが必要です。
 ご受講当日スムーズにテキスト閲覧を開始するために、あらかじめ Bookshelfアカウント登録作業をお済ませください。
  電子ブックアカウントの作成
  BookshelfアプリのDL(任意)

  すでにアカウントをお持ちの方は、登録アカウントとパスワードでログインができることをご確認ください。
[オンライン開催]AWS Cloud Practitioner Essentials (バウチャ2枚付)[模擬試験用・試験用]

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※Zoomウェブクライアントでは、パフォーマンスや一部の機能に制限が発生するため、
 可能な限りZoomデスクトップ クライアント アプリケーションのインストールをお奨めします。
システム要件 ・インターネット接続
(上り下り1.5Mbps以上の帯域および通信量により制限がかからない有線の回線を推奨します。)
・スピーカーまたはヘッドセット
・マイク
・Webカメラ

※電子テキストの閲覧をより快適にするため、メインのPCのほかにサブディスプレイやタブレット端末、
 スマホなどをご用意いただくことをお勧めします。
OS Windows 8, 8,1, 10(Sモードは非サポート)、mac OS X (10.9以降)
CPU 2GHz以上のデュアルコアプロセッサを推奨
RAM 4GB以上を推奨


◆コース説明

AWSクラウド環境でのインフラ構築を中心に、基本のサービスを1日で学習できるコースです。

講義8割、演習2割の比率で、AWSの基礎知識、用語、各サービスの特徴を集中的に学びます。

演習中心の後続コース 「 AWS Practical Startup Workshop 」と合わせてのご受講がおすすめです。

「AWS認定クラウドプラクティショナー」資格取得を目指す方の基礎知識修得にも最適です。

※資格対策コースではありません。


このコースでは AWS の製品、サービス、および一般的なソリューションについてご紹介します。

AWS のサービスの理解を深めるための基本知識が説明され、受講者が自身のビジネス要件に応じて、IT ソリューションに関する情報に基づいた決定を下し、AWS の使用を始めるのに役立ちます。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(Bookshelf)のアカウント登録について
 本コースでは、Gilmore社より発行される電子テキストを使用します。
 同社の電子テキストの閲覧には、無償の電子ブックビューワーBookshelfが必要です。
 ご受講当日スムーズにテキスト閲覧を開始するために、あらかじめ Bookshelfアカウント登録作業をお済ませください。
  電子ブックアカウントの作成
  BookshelfアプリのDL(任意)

  すでにアカウントをお持ちの方は、登録アカウントとパスワードでログインができることをご確認ください。
AWS Practical Startup Workshop

AWSクラウド環境でのインフラ構築を中心に、基本のサービスを1日で学習できるコースです。

講義2割、演習8割の比率で、シナリオベースの演習を通じて、手を動かしながら各サービスの特徴を学びます。

講義中心の前提コース 「 AWS Cloud Practitioner Essentials 」と合わせてのご受講がおすすめです。


このコースでは、AWS Cloud Practitioner Essentialsで修得した知識を使い、実際に AWS でシステムを構築、運用する演習(ラボ)中心のコースとです。

AWS のコアサービスを使った Web システムを構築および運用するための基本的な操作を、実際に行う能力を身につけることができます。

このコースは AWS を利用する技術者、すなわちソリューションアーキテクト、システム運用管理者、デベロッパーの方を対象にデザインされています。

本コースは「 AWS Cloud Practitioner Essentials 」をご受講された方に、ラボを中心により実践的な経験を積んでいただくよう設計されたコースになりますので、続けてのご受講を強く推奨します。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(Bookshelf)のアカウント登録について
 本コースでは、Gilmore社より発行される電子テキストを使用します。
 同社の電子テキストの閲覧には、無償の電子ブックビューワーBookshelfが必要です。
 ご受講当日スムーズにテキスト閲覧を開始するために、あらかじめ Bookshelfアカウント登録作業をお済ませください。
  電子ブックアカウントの作成
  BookshelfアプリのDL(任意)

  すでにアカウントをお持ちの方は、登録アカウントとパスワードでログインができることをご確認ください。
[オンライン開催]AWS Practical Startup Workshop

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※Zoomウェブクライアントでは、パフォーマンスや一部の機能に制限が発生するため、
 可能な限りZoomデスクトップ クライアント アプリケーションのインストールをお奨めします。
システム要件 ・インターネット接続
(上り下り1.5Mbps以上の帯域および通信量により制限がかからない有線の回線を推奨します。)
・スピーカーまたはヘッドセット
・マイク
・Webカメラ

※電子テキストの閲覧をより快適にするため、メインのPCのほかにサブディスプレイやタブレット端末、
 スマホなどをご用意いただくことをお勧めします。
OS Windows 8, 8,1, 10(Sモードは非サポート)、mac OS X (10.9以降)
CPU 2GHz以上のデュアルコアプロセッサを推奨
RAM 4GB以上を推奨


◆コース説明

AWSクラウド環境でのインフラ構築を中心に、基本のサービスを1日で学習できるコースです。

講義2割、演習8割の比率で、シナリオベースの演習を通じて、手を動かしながら各サービスの特徴を学びます。

講義中心の前提コース 「 AWS Cloud Practitioner Essentials 」と合わせてのご受講がおすすめです。


このコースでは、AWS Cloud Practitioner Essentialsで修得した知識を使い、実際に AWS でシステムを構築、運用する演習(ラボ)中心のコースとです。

AWS のコアサービスを使った Web システムを構築および運用するための基本的な操作を、実際に行う能力を身につけることができます。

このコースは AWS を利用する技術者、すなわちソリューションアーキテクト、システム運用管理者、デベロッパーの方を対象にデザインされています。

本コースは「 AWS Cloud Practitioner Essentials 」をご受講された方に、ラボを中心により実践的な経験を積んでいただくよう設計されたコースになりますので、続けてのご受講を強く推奨します。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(Bookshelf)のアカウント登録について
 本コースでは、Gilmore社より発行される電子テキストを使用します。
 同社の電子テキストの閲覧には、無償の電子ブックビューワーBookshelfが必要です。
 ご受講当日スムーズにテキスト閲覧を開始するために、あらかじめ Bookshelfアカウント登録作業をお済ませください。
  電子ブックアカウントの作成
  BookshelfアプリのDL(任意)

  すでにアカウントをお持ちの方は、登録アカウントとパスワードでログインができることをご確認ください。
AWS Security Essentials

アマゾン ウェブ サービス (AWS) におけるセキュリティのさまざまな設計原則とサービスについて紹介します。AWSクラウドを使用する際のセキュリティ上の利点と責務を認識できるようになります。

また、AWSのアクセスコントロール機能とアクセス管理機能について説明し、データを保護するためのさまざまな方法を理解し、AWSリソースへのネットワークアクセスを保護する方法について説明できるようになります。

さらに、モニタリングとインシデント対応に使用できるAWSのサービスを判断できるようになります。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(Bookshelf)のアカウント登録について
 本コースでは、Gilmore社より発行される電子テキストを使用します。
 同社の電子テキストの閲覧には、無償の電子ブックビューワーBookshelfが必要です。
 ご受講当日スムーズにテキスト閲覧を開始するために、あらかじめ Bookshelfアカウント登録作業をお済ませください。
  電子ブックアカウントの作成
  BookshelfアプリのDL(任意)

  すでにアカウントをお持ちの方は、登録アカウントとパスワードでログインができることをご確認ください。
[オンライン開催]AWS Security Essentials

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※Zoomウェブクライアントでは、パフォーマンスや一部の機能に制限が発生するため、
 可能な限りZoomデスクトップ クライアント アプリケーションのインストールをお奨めします。
システム要件 ・インターネット接続
(上り下り1.5Mbps以上の帯域および通信量により制限がかからない有線の回線を推奨します。)
・スピーカーまたはヘッドセット
・マイク
・Webカメラ

※電子テキストの閲覧をより快適にするため、メインのPCのほかにサブディスプレイやタブレット端末、
 スマホなどをご用意いただくことをお勧めします。
OS Windows 8, 8,1, 10(Sモードは非サポート)、mac OS X (10.9以降)
CPU 2GHz以上のデュアルコアプロセッサを推奨
RAM 4GB以上を推奨


◆コース説明

アマゾン ウェブ サービス (AWS) におけるセキュリティのさまざまな設計原則とサービスについて紹介します。AWSクラウドを使用する際のセキュリティ上の利点と責務を認識できるようになります。

また、AWSのアクセスコントロール機能とアクセス管理機能について説明し、データを保護するためのさまざまな方法を理解し、AWSリソースへのネットワークアクセスを保護する方法について説明できるようになります。

さらに、モニタリングとインシデント対応に使用できるAWSのサービスを判断できるようになります。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(Bookshelf)のアカウント登録について
 本コースでは、Gilmore社より発行される電子テキストを使用します。
 同社の電子テキストの閲覧には、無償の電子ブックビューワーBookshelfが必要です。
 ご受講当日スムーズにテキスト閲覧を開始するために、あらかじめ Bookshelfアカウント登録作業をお済ませください。
  電子ブックアカウントの作成
  BookshelfアプリのDL(任意)

  すでにアカウントをお持ちの方は、登録アカウントとパスワードでログインができることをご確認ください。