Azure研修 一覧

Azure研修 一覧

Microsoft Azure Web Apps と SQL Database によるアプリ開発入門
~Visual Studio によるクラウド アプリケーション開発~

Microsoft Azure上でアプリケーションを展開するための方法について学びます。

本研修の演習では、Azure管理ポータルと呼ばれるWebサイトの管理機能は極力使用せずに、Visual Studioの Azure連携機能をフルに活用してWebアプリケーションを開発し、クラウドアプリケーションとして公開します。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

Microsoft AzureによるITインフラの拡張
~基本から学ぶサーバー構築(Windows/Linux両対応)~

当初PaaSとしてスタートしたMicrosoft Azureは、2014年からIaaS機能を備え、仮想マシンを簡単に作れるようになりました。

本コースでは、Microsoft Azure上に仮想化マシンを構成する手順について学習し、仮想ネットワークや冗長化を構成します。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

Microsoft Azureによるサイト間ネットワークの構築
~ハイブリッドクラウド構成の基礎~

Microsoft Azureは、サイト間接続機能によってオンプレミスとVPN接続ができます。

本コースでは、サイト間接続を構成する手順について学習し、クラウドとオンプレミスの間でActive Directoryやファイルサーバーの連携環境を構成します。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

Microsoft Azureの開発ソリューション (AZ-203)

※本コースは開催を終了しました。


このコースでは、以下を習得します。

・Azure IaaS サービスと機能を実装するために必要な知識とスキル

・Azure 認証および承認サービスを開発ソリューションに含めるために必要な知識とスキル

・Azure ストレージ サービスと開発ソリューションの機能を活用するために必要な知識とスキル

・Azure 認証および承認サービスを開発ソリューションに含めるために必要な知識とスキル

・Azure でホストされているアプリケーションが意図したとおりの状態で効率的に動作するようにするために必要な知識とスキル

・アプリとサービス間のコミュニケーションに関する知識とスキル


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


重要: 事前準備について

●テキストおよび演習ガイドについて

本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用します。演習ガイドはマイクロソフト社から提供される英語版テキストをベースに、最小限の日本語化を行なった補足資料を使用します。

電子テキストのプラットフォームはskillpipeを使用します。事前にアカウントを作成しておくことをおすすめします。


●マイクロソフトアカウントの事前作成のお願い

本コースでは、演習用のAzure サブスクリプション(Student Pass)を使用します。Student Pass の有効化にマイクロソフトアカウントが必要となるため、事前にご用意ください。アカウントの作成方法はマイクロソフト サポートWebページをご覧ください。

なお、作成時は必ず「新しいメールアドレスを取得」で作成願います。Student Passに割り当てたマイクロソフトアカウントは、別のStudent Passには使用できないため、将来別のコース受講に支障をきたすためです)

Microsoft Azure 基礎(AZ-900T01)バウチャ付き

このコースでは、クラウド サービスの基礎レベルの知識を身につけ、クラウド サービスが Microsoft Azure でどのように提供されるかを学習します。このコースは、クラウド サービスと Microsoft Azure について学習するときの最初のステップとして、Microsoft Azure や Microsoft のクラウド サービスのコースに進む前に必要に応じて受講できます。

このコースでは、クラウド コンピューティングの一般的な概念を説明するとともに、クラウド コンピューティングの一般的なモデルとサービスを取り上げます。たとえば、パブリック、プライベート、ハイブリッドのクラウドと、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) などです。

また、Azure のコア サービスとソリューションも取り上げるほか、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、および信頼性に関する Azure の柱となるサービスについても説明します。最後に、Azure の価格体系と、利用可能サポート サービスについて説明します。


AZ-900:Microsoft Azure Fundamentals の受験予定の方に最適です。

本コースには「Microsoft Fundamentals Certification Exams」バウチャがついています。

このバウチャはAZ-900などのFundamentals試験のみ受験できます。

(通常のMCPは受験できませんのでご注意願います)


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

Microsoft Azure 基礎(AZ-900T01)

このコースでは、クラウド サービスの基礎レベルの知識を身につけ、クラウド サービスが Microsoft Azure でどのように提供されるかを学習します。このコースは、クラウド サービスと Microsoft Azure について学習するときの最初のステップとして、Microsoft Azure や Microsoft のクラウド サービスのコースに進む前に必要に応じて受講できます。 このコースでは、クラウド コンピューティングの一般的な概念を説明するとともに、クラウド コンピューティングの一般的なモデルとサービスを取り上げます。たとえば、パブリック、プライベート、ハイブリッドのクラウドと、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) などです。 また、Azure のコア サービスとソリューションも取り上げるほか、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、および信頼性に関する Azure の柱となるサービスについても説明します。最後に、Azure の価格体系と、利用可能サポート サービスについて説明します。


AZ-900:Microsoft Azure Fundamentals の受験予定の方に最適です。

バウチャ付きコースはこちらからお申込できます。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

Microsoft Azure Administrator (AZ-103T00)バウチャ付

※本コースは開催を終了しました。


このコースでは、Azureサブスクリプションの管理、仮想マシンの作成とスケール、ストレージソリューションの実装、仮想ネットワークの構成、データのバックアップと共有、Azureとオンプレミスサイトの接続、ネットワークトラフィックの管理、Azure Active Directoryの実装、セキュアなID、ソリューションの監視について学びます。


MCP「AZ-103 Microsoft Azure Administrator」受験予定の方に最適です。

本コースにはMCPバウチャがついています。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


重要: 事前準備について

●テキストおよび演習ガイドについて

本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用します。演習ガイドはマイクロソフト社から提供される英語版テキストをベースに、最小限の日本語化を行なった補足資料を使用します。

電子テキストのプラットフォームはskillpipeを使用します。事前にアカウントを作成しておくことをおすすめします。


●マイクロソフトアカウントの事前作成のお願い

本コースでは、演習用のAzure サブスクリプション(Student Pass)を使用します。Student Pass の有効化にマイクロソフトアカウントが必要となるため、事前にご用意ください。アカウントの作成方法はマイクロソフト サポートWebページをご覧ください。

なお、作成時は必ず「新しいメールアドレスを取得」で作成願います。Student Passに割り当てたマイクロソフトアカウントは、別のStudent Passには使用できないため、将来別のコース受講に支障をきたすためです)

Microsoft Azure Administrator (AZ-103T00)

※本コースは開催を終了しました。


このコースでは、Azureサブスクリプションの管理、仮想マシンの作成とスケール、ストレージソリューションの実装、仮想ネットワークの構成、データのバックアップと共有、Azureとオンプレミスサイトの接続、ネットワークトラフィックの管理、Azure Active Directoryの実装、セキュアなID、ソリューションの監視について学びます。


MCP「AZ-103 Microsoft Azure Administrator」受験予定の方に最適です。

バウチャ付きコースはこちらからお申込できます。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


重要: 事前準備について

●テキストおよび演習ガイドについて

本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用します。演習ガイドはマイクロソフト社から提供される英語版テキストをベースに、最小限の日本語化を行なった補足資料を使用します。

電子テキストのプラットフォームはskillpipeを使用します。事前にアカウントを作成しておくことをおすすめします。


●マイクロソフトアカウントの事前作成のお願い

本コースでは、演習用のAzure サブスクリプション(Student Pass)を使用します。Student Pass の有効化にマイクロソフトアカウントが必要となるため、事前にご用意ください。アカウントの作成方法はマイクロソフト サポートWebページをご覧ください。

なお、作成時は必ず「新しいメールアドレスを取得」で作成願います。Student Passに割り当てたマイクロソフトアカウントは、別のStudent Passには使用できないため、将来別のコース受講に支障をきたすためです)

Azure Architect-Technologies (AZ-300)

このコースでは、ビジネス上の要求をセキュアで拡張可能な信頼できるAzureソリューションに置き換えて関係者へアドバイスを行うための知識とスキルを学びます。具体的には、仮想マシン、ネットワーキング、ID管理、セキュリティ、ビジネス継続性、災害復旧、データ管理、予算管理、ガバナンスを含む内容を扱います。

MCP試験「AZ-300: Microsoft Azure Architect Technologies」受験予定の方に最適です。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


●【重要】テキストおよび演習環境の言語について:

本コースは英語版テキストと日本語補助資料を使用します。

●テキストについて:

本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキストを使用いたします。

●マイクロソフトアカウントについて:

本コースでは、演習用のAzure サブスクリプション(Student Pass)を使用します。

Student Pass の有効化に、マイクロソフトアカウントが必要となるため、事前にご用意ください。 アカウントの作成方法はマイクロソフト サポートWebページをご覧ください。 なお、作成時は必ず「新しいメールアドレスを取得」で作成願います。 (Student Passに割り当てたマイクロソフトアカウントは、別のStudent Passには使用できないため、将来別のコース受講に支障をきたすためです)

HPE Deep Dive training for Microsoft Azure Stack主要機能とコンポーネントを理解

※本コースは開催を終了しました。


このコースでは、Azure Stackを評価、構成、テスト、および展開するために必要な知識を提供します。


Azure Stackの主な機能とコンポーネントを理解するために必要な知識と利用経験を、講義と演習を通して習得できます。