申込み受付中

🔸オンライン開催はこちら

アプリケーションエンジニアのためのKubernetes基礎
-クラウドネイティブなアプリケーションの構築と運用-

もはやクラウドネイティブなアプリケーションの実行環境としてデファクトスタンダードになったKubernetes。
ただ、実際に使い始めようとすると、独自の概念や複雑なアーキテクチャー、豊富な機能が障壁となりなかなか理解できないという声をよく耳にします。
本コースはアプリケーションをKubernetes上で動かすために必要な基礎知識やポイントを体系的にわかりやすくご紹介します。
これからKubernetesを使い始めようとしている方々にお勧めのコースです。


本コースは、これからKubernetesを導入する(もしくは導入を検討している)アプリケーションエンジニアの方々を対象に、Kubernetesの概念や基本機能について学習していただくためのコースです。

コース中では、Webシステムにおけるステートレス/ステートフルなサービスやバッチ処理などを題材に、コンテナイメージの作成やシステム構成の定義、アプリケーション展開のためのオペレーションなどについて、ハンズオン形式の演習を交えながら学習します。

Kubernetesの基礎はもちろんのこと、アプリケーションをコンテナ化する際のポイントについても学習していただけるコースとなっています。

アプリケーションをコンテナ化してKubernetes上で運用したい方はもちろんのこと、Kubernetesの導入を検討されている方、興味を持っている方についてもお勧めのコースなので、ぜひこの機会にご受講ください。

なお、本コースにはインフラエンジニアの方々向けの内容(Kubernetesクラススター環境の構築の詳細や冗長化構成、トラブルシューティング、Kubernetes自体のアップデートなど)は含まれていませんのでご了承ください。

コースフロー

クラウドネイティブ/マイクロサービス/開発環境研修 Go言語によるクラウドネイティブアプリケーション開発 -基本文法、Webアプリケーション、マイクロサービス- Git入門 -アプリケーションエンジニアの必須スキルを身につける- Linux基礎 Docker入門-アプリケーションをコンテナ化しよう- アプリケーションエンジニアのためのKubernetes基礎 -クラウドネイティブなアプリケーションの構築と運用-

研修概要

  • 研修の目的
    ■ コンテナイメージの作成からアプリケーション展開までのワークフローを説明できる
    ■ Kubernetesの各種コンポーネントの特性を理解してマニフェスト(システム構成定義ファイル)を記述できる
    ■ Kubernetesクラスターへのアプリケーションの展開・動作確認・アップデートなどの基本操作が行える
    ■ 従来型アプリケーションをコンテナ化する際のポイントについて説明できる
  • 研修の内容
    ■ Kubernetes概要
     □ Kubernetesとは?
     □ Kubernetesの基本概念
     □ Kubernetesのアーキテクチャー
    ■ Kubernetesの利用
     □ 様々なKubernetes環境
     □ アプリケーション展開のワークフロー
    ■ コンテナイメージの作成と公開
     □ Dockerの概要
     □ Dockerfileの記述とビルド
     □ コンテナイメージの動作確認
     □ コンテナレジストリへの公開
    ■ Kubernetesオブジェクトの管理
     □ kubectlコマンドの利用方法
     □ マニフェストの記述と適用
     □ コンテナ稼働状況の確認
    ■ コンテナとポッドの構成
     □ ポッド構成のパターン
     □ ポッドの構成
     □ コンテナのカスタマイズ
    ■ ネットワークの構成
     □ サービスの種類
     □ イングレスの構成
    ■ ストレージの構成
     □ ポッドとボリューム
     □ ストレージの分類
     □ 永続化ボリュームと永続化ボリュームクレイム
     □ ストレージクラス
     □ アクセスモード
     □ リクレイムポリシー
     □ 割り当て状態
    ■ ワークロードの構成
     □ ワークロードの種類と役割
     □ デプロイメント(Deployment)とレプリカセット(ReplicaSet)
     □ ステートフルセット(StatefulSet)
     □ デーモンセット(DaemonSet)
     □ ジョブ(Job)とクーロンジョブ(CronJob)
    ■ コンテナのアップデート
     □ アップデート戦略
     □ ワークロードオブジェクト毎のアップデート方法
     □ 履歴と復元
    ■ セルフヒーリング
     □ 障害の検知方法(プローブ)
     □ リスタートポリシー
    ■ リソース割り当てとスケーリング
     □ リソース利用量に基づくポッドのスケジューリング
     □ 展開先ノードの制御
     □ オートスケーリング
     □ ノードの縮退
    ■ セキュリティ
     □ アカウントと認証
     □ ロールベースアクセス制御による認可
     □ ポリシー
    ■ ロギング
     □ ロギングの基礎
     □ ロギングアーキテクチャー
    ※最新でより良い内容をお届けするため、一部の学習項目を予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。
  • 対象者
    ■ これからKubernetesによるシステム開発を始めるアプリケーションエンジニアの方
    ■ Kubernetesの基本機能や利用方法を一通り知りたい方
    ■ コンテナ化したアプリケーションを本番環境で利用したい方
  • 前提条件
    ■ LinuxシェルまたはWindowsコマンドプロンプトの操作が行える方
    ■ 基本的なTCP/IP(IPアドレス、ポート番号など)の知識がある方
    ■ ソフトウェア開発プロジェクト(言語不問)に携わった経験がある方
  • 実行環境
    ■ macOS 10.14以降
    ■ Kubernetes 1.14以降
     □ Docker Desktop for Mac 19.03以降
     □ kubeadm 1.14以降
     □ Google Kubernetes Engine
    ■ Visual Studio Code 1.39以降
    ■ Google Chrome 78以降
    ※ 使用するソフトウェアおよびバージョンについては予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。
  • 配布資料
    ■ セミナーテキスト
    ※ソースコード等はオンラインストレージにて配布いたします。
  • 開催日数
    2日間
  • 受講料
    100,000円
    (税抜)※受講料にはテキスト代も含まれます。
  • お支払い
    研修終了後に請求書払いとなります。
    請求書は研修終了日の属する月の月末までに郵送、もしくは研修当日に手渡しさせていただきます。
  • 持ち物
    特にございません
  • 時間
    9時30分~17時00分

開催日程

クラウドネイティブ/マイクロサービス/開発環境研修に関する研修一覧