申込み受付中

🔸オンライン開催はこちら

マルチクラウド
-TerraformによるInfrastructure as Code-

現代のエンタープライズ・システムでは、Docker、Kubernetesなどの技術を取り込み、よりスケーラブルで堅牢なシステムの構築、 運用が可能となるCloudNativeなシステムの活用が進められており、この CloudNativeに関する技術要素が急速に拡充しています。


しかし、Cloudでの開発環境を導入するためには、多くの環境設定や画面操作が伴い、チームで導入オペレーションを共有するために、多大なコスト(マニュアル作成、トレーニング、検証)を要するといった課題があります。

本コースでは、このような課題の対策として、Cloudリソースをコードで制御するツールを導入することが効果的です。

Terraformは、Cloud環境のリソースをテキストファイルで定義し構築実行することができるOSS製品で、Terraformを使用することで、同様の構成を別のCloudサービス上に容易に構築することができます。

さらにTerraformは主要Cloudベンダーに対応しているため、Cloudベンダーロックインのリスクを低減することも可能です。

本コースを受講することで、Cloud環境の構成をコード化するための基礎体験を取得することができます。


※このトレーニングでは、 クラウド環境としてAWSを使用します。

コースフロー

クラウドネイティブ/マイクロサービス/開発環境研修 Selenium基礎 Jenkins 基礎 Jenkins 管理 - 基礎 Jenkinsパイプライン 基礎 Jenkinsパイプライン 中級 Ranorex基礎 Ranorex応用 クラウドネイティブ基礎 監視・モニタリング マルチクラウド サーバレスアプリケーション開発 運用基本操作 CI/CD オンプレ移行 Terraform 101:初級-Terraformを使ったモダンな環境構築-

研修概要

  • 研修の目的
    ■ Terraformを使用して実際のAWS上のリソースを制御するコード化の全体像の把握できる
  • 研修の内容
    ■ 概要と準備
     □ 使用するAWS環境のセットアップ
    ■ Terraform導入
     □ クレデンシャル設定
     □ リソース作成、削除
    ■ ネットワーク環境の構成
     □ VPC、パブリック、プライベート、ロードバランサー、Route53
    ■ アプリケーション実行環境の構成
     □ Webアプリケーション(EC2インスタンス、RDS、S3、API Gateway)
    ※最新でより良い内容をお届けするため、一部の学習項目を予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。
  • 対象者
    ■ 今後CloudNative環境を使用した業務(開発・運用・保守)を担当する方
    ■ これまで、オンプレミスでの業務(開発・運用・保守)に携わったことがあり、Cloud環境の構成をコード化に興味がある方
    ■ Cloud環境の構成をコード化を試してみたい方
  • 前提条件
    ■ CloudNative基礎コースの受講経験がある方
    ■ オープン系システム開発プロジェクト(基盤構築、アプリケーション開発、運用業務のいずれか)に携わった経験がある方
    ■ 基本的なコマンド操作が行える方
    ■ 基本的なTCP/IP(IPアドレス、ポート番号など)の知識がある方
  • 実行環境
    ■ 操作PC(macOS、Windows 10以降、Chromebook)
    ■ Webブラウザ
     (Chrome もしくは FireFox のいずれかで、最新バージョンを推奨します。)
    ■ クラウドサービス(AWS)
     (今回使用するAWSアカウントは、こちらで用意したアカウントを使用していただきます。)
    ■ 統合開発環境(AWS Cloud9)
     (AWS Cloud9 は、ブラウザのみでコードを記述、実行、デバッグできるクラウドベースの統合開発環境 (IDE) です。)
    ※ 使用するソフトウェアおよびバージョンについては予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。
  • 配布資料
    ■ オンラインテキスト (受講日から4週間参照可能)
  • 開催日数
    1日間
  • 受講料
    60,000円
    (税抜)※受講料にはテキスト代も含まれます。
  • 時間
    9時30分~17時00分

開催日程

クラウドネイティブ/マイクロサービス/開発環境研修に関する研修一覧