申込み受付中 セット販売対象コース

SwiftによるiOSアプリ開発入門
Swift入門からiOSアプリ開発の基本まで

本コースでは、基本的なiOSアプリの開発技術を修得します。
画面の作成からデータの永続化まで、一般的なiOSアプリで頻繁に利用される機能を中心に実装方法を学習します。
また、複数画面を持ったアプリの作成にも対応し、一覧画面の作成やナビゲーションを利用した画面遷移の実装方法などもご紹介します。
開発ツールであるXcodeの活用方法や、Swift言語の基本についても説明します。
ハンズオンと演習を活用し、少しずつステップを追いながら学習するため、モバイルアプリの開発経験がない方でもご受講頂けます。

コースフロー

iOS

速習 Swiftプログラミング言語 SwiftによるiOSアプリ開発入門 -Swift入門からiOSアプリ開発の基本まで- SwiftによるiOSアプリ開発 -Auto Layout, Web API, Core Data編-

研修概要

研修の目的
・iOSアプリ作成の基本を修得する。
・複数画面を持ったアプリの作成方法を修得する。
・データを永続化する方法を修得する。
・Swiftの基礎的な文法を修得する。
研修の内容
●iOSアプリ概要
 - iOSアプリのアーキテクチャ
●iOSアプリの基本
 - 画面の構成要素
 - ストーリーボードによる画面の作成
 - 画面部品とプログラムの接続(アウトレット接続/アクション接続)
 - 画面のライフサイクル
●Swiftの基本文法
 - 変数とデータ構造
 - 関数とクロージャ
●様々なビュー
 - ビューのプロパティ
 - dataSourceとdelegate
●ダイアログの表示
 - アラートダイアログ
 - アクションシート
●画面遷移
 - 画面遷移とセグエ
 - 前画面へ戻る遷移
 - 画面間のデータ受け渡し
 - 画面遷移の分岐
●タブとナビゲーション
 - タブの設定
 - ナビゲーションバーの設定
●一覧形式の画面
 - テーブルビュー
 - テーブルとナビゲーションの連携
●データの永続化
 - ユーザデフォルトによる値の格納と取得
 - ファイルへの書き込みと読み込み
対象者
・これからiOSアプリの開発を始めたい方。
前提条件
・何らかのオブジェクト指向言語の経験があること。
実行環境
Mac (macOS Mojave以降、Xcode 10以降、Swift 4以降、Playground)、iPad mini (iOS 12)
実習環境は随時アップデートを行っているため、利用する詳細なバージョンについてはお問い合わせください。
配布資料
研修テキスト
※ソースコード等はオンラインストレージにて配布いたします
開催日数
3日間
受講料
162,000円(税込み)
※受講料にはテキスト代も含まれます。
お支払い
研修終了後に請求書払いとなります。
請求書は研修終了日の属する月の月末までに郵送、もしくは研修当日に手渡しさせていただきます。
持ち物
特にございません
時間
9時30分~17時00分
開催日程
2018年11月7日~2018年11月9日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2018年11月20日~2018年11月22日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2018年12月12日~2018年12月14日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2019年1月7日~2019年1月9日(3日間)【受付】2018年12月17日まで
【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター残りわずか申し込む
2019年1月23日~2019年1月25日(3日間)【受付】2019年1月16日まで
【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター残りわずか申し込む
2019年2月6日~2019年2月8日(3日間)【受付】2019年1月30日まで
【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込む
2019年2月13日~2019年2月15日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2019年3月6日~2019年3月8日(3日間)【受付】2019年2月27日まで
【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込む

iOS研修に関する研修一覧