オンライン開催(2021年度下期改訂)

🔹集合(オフライン開催)はこちら

[オンライン開催]Javaプログラミング入門
-現場で活躍するエンジニアになるための第一歩-

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。

質疑応答:オンラインチャットシステム (ご利用になれない場合は、Zoomのチャット機能で代替可能です)

仮想デスクトップ:Amazon WorkSpaces
※Amazon WorkSpacesについて、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 ・インターネットに常時接続できること
・Webカメラおよびマイク
※PC本体の他に、モニターやiPad等の拡張ディスプレイをご用意いただくことを推奨いたします。
 (1台:Zoom、オンラインチャットシステム用、1台:Amazon WorkSpacesアクセス用)
OS Windows10、macOS


◆事前環境確認

本コースは、Amazon Workspaces(仮想デスクトップサービス)を使用いたします。

Workspacesにアクセスするためには、専用のクライアント(※)をインストールいただく必要があります

必ず、ご利用可能な環境でご受講ください。

※『Windowsクライアント』 、 『macOSクライアント』 どちらかのクライアントをご利用ください。
  弊社で用意する環境では、『Webアクセス』 はご利用いただけません


<参考ページ>

 ・Workspacesクライアントについて

 ・WorkSpaces の IP アドレスとポートの要件

 ・Amazon WorkSpaces クライアントネットワークの要件


◆コース説明

Javaプログラムの基本的な書き方に加え、ドキュメントの調べ方やエラー原因の特定方法も身につけられる、まさに最初の一歩を踏み出すためのコースです。初心者の方、大歓迎!

本コースでは、初めてJavaを学ぶ方のために、「Javaエンジニアとしてまず最初に、これだけは身につけて頂きたい」部分を厳選したコースです。

文法も網羅を目指すのではなく、特に利用頻度の高いものを中心に紹介しています。

また、ご受講頂いた後にどう学べば良いかなど、「研修受講後の継続的な成長」を視野に入れた構成となっています。

そのため、APIリファレンスの読み方を練習し、知らないクラスやメソッドを見ても自分で使い方を調べられる力が身につきます。

また、問題発生時のスタックトレースの読み方のコツなども研修内で扱い、プログラム実行時に発生した問題の箇所を自力で特定できるようになります。

もちろん、カリキュラムはJavaを利用した開発で必要最低限な部分は押さえた内容となっています。

コースフロー

Java研修(Java入門~Java EE/Java Framework) Javaプログラミング入門-現場で活躍するエンジニアになるための第一歩- Javaプログラミング基礎-開発現場を見据えた次のステップ- Javaプログラミング作法-Effective Javaで知るプログラミングの定石- JUnitによるテスト入門 基礎からのSpring Security-認証、認可、アーキテクチャ、OAuth 2- 基礎からのSpring BootによるWebアプリケーション開発-Web、DBアクセス、REST、セキュリティ- Angular & Spring BootによるSPA開発ワークショップ-REST、認証、ページネーション-

研修概要

  • 研修の目的
    ■ テキストやAPIリファレンスを見ながらコードを読み、どのような動作をするか説明できる
    ■ 継承を用いない、数クラスで構成されたコードの処理の流れを説明できる
    ■ 例外発生時に、例外の発生箇所と例外の種類を説明できる
    ■ 与えられた指示に従って簡単な処理を実装できる
  • 研修の内容
    ■ サンプルアプリケーションの実行
     □ 本コースの題材として扱うアプリケーションの紹介
     □ テキストの構成と学習内容の確認
    ■ 簡単なアプリケーションの作成
     □ Javaプログラムの実行環境
     □ Javaプログラムの基本的な書き方
    ■ 変数
     □ 変数の宣言と代入
     □ 変数の型
    ■ 式と演算子
     □ 基本的な演算(算術演算、関係演算、文字列結合)
     □ 演算子と型
     □ 演算子と優先順位
    ■ クラスの読み方
     □ オブジェクト指向プログラミングとは?
     □ クラスとインスタンス
     □ メソッド宣言の読み方
     □ APIドキュメントの調べ方
    ■ 分岐と繰り返し
     □ 条件分岐の書き方
     □ 繰り返しの書き方
    ■ クラスの作り方
     □ クラスのメンバ
     □ メソッドの宣言と呼び出し
     □ コンストラクタ
     □ カプセル化
    ■ スタックトレースの読み方と例外
     □ 例外とは?
     □ スタックトレースの読み方
     □ 例外処理の書き方
    ■ 総合演習
     □ 得点検索プログラムの読解
     □ 郵便番号辞書プログラムの作成
    ※上記スケジュールは予定となり、当日変更する可能性がありますのでご了承ください。

    ■ 付録
     □ 基本データ型と参照型
     □ varを使ったローカル変数の型推論 (Java 10 ~)
     □ Switch Expressions (Java 14 ~)
     □ Text Blocks (Java 15 ~)
    ※最新でより良い内容をお届けするため、一部の学習項目を予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。
  • 対象者
    ■ プログラミングの基本を学習されたい方
    ■ これからJavaを使用したプロジェクトに参加される方
  • 前提条件
    ■ 『オンライン研修環境』に記載のツール、機材のご用意が可能な方
    ■ PCの基本的な操作(キー入力、ファイル操作など)ができる方
  • 実行環境
    ■ Windows 10
    ■ Java SE 17
    ■ IntelliJ IDEA
    ※使用するソフトウェアおよびバージョンについては予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。
  • 配布資料
    ■ セミナーテキスト
    ■ 演習テキスト
    ※ソースコード等はオンラインストレージにて配布いたします。
  • 開催日数
    2日間
  • 受講料
    88,000円
    (税込)
  • お支払い
    研修終了後に請求書払いとなります。
    請求書は研修終了日の属する月の月末までに郵送させていただきます。
  • 時間
    9時30分~17時00分

開催日程

  • 申し込む
    2021年12月6日~2021年12月7日(2日間)
    【受付】2021年11月29日まで
    【会場】 オンライン
  • 申し込む
    2022年2月14日~2022年2月15日(2日間)
    【受付】2022年2月4日まで
    【会場】 オンライン

Java研修(Java入門~Java EE/Java Framework)に関する研修一覧