2018年度下期新規コース

KotlinによるAndroidアプリ開発応用

本コースは、WebAPIと連携するアプリで必要となる技術をピックアップした内容です。
演習を通じて、HTTP通信とJSONの解析方法、カメラの簡単な利用方法、バックグラウンド処理や非同期処理を利用したアプリの開発方法を学習します。
また、外部ライブラリーを利用してアプリを構築する方法も盛り込んでいます。
総合演習では、店舗のクーポンなどを配布するアプリを開発し、各技術の位置づけや理解を深めます。
演習で作成したAndroidアプリは実機上で動作確認できます。

コースフロー

Kotlin研修

JavaエンジニアのためのKotlin入門 KotlinによるAndroidアプリ開発入門 KotlinによるAndroidアプリ開発応用

研修概要

研修の目的
■RecyclerViewを利用し、カスタマイズしたリストを表示する方法を習得する。
■HTTP通信を利用し、WebAPIのアクセス方法を習得する。
■JSONの解析方法を習得する。
■Serviceを利用したバックグラウンド処理の実装方法を習得する。
■非同期処理の実装方法を習得する。
■ノーティフィケーションを使用したユーザへの通知方法を習得する。
■カメラの簡単な利用方法を習得する。
■外部ライブラリーの利用方法を習得する。
■Dangerousパーミッションの取得方法を習得する。
■Fragmentの利用方法を習得する。
■タブによる画面の切り替え方法を習得する。
研修の内容
・Activity終了時の戻り値
・RecyclerViewによる一覧表示
・AsyncTaskによる非同期処理
・HTTP通信
・JSONの解析
・カメラで撮影した画像のアップロード
・Serviceによるダウンロード
・Notificationによる通知
・総合演習
・FragmentでUIの挙動や部位を表す
・タブによる画面の切り替え
・機能追加演習
対象者
実用的なアプリの開発をKotlinで始める方
前提条件
KotlinによるAndroidアプリ開発入門コースを受講されている方もしくは、KotlinによるAndroidアプリ開発入門レベルの開発の経験者
実行環境
Android Studio、ビルドターゲット:Android 8、Android端末
配布資料
研修テキスト
※ソースコード等はオンラインストレージにて配布いたします
開催日数
3日間
受講料
162,000円(税込み)
※受講料にはテキスト代も含まれます。
お支払い
研修終了後に請求書払いとなります。
請求書は研修終了日の属する月の月末までに郵送、もしくは研修当日に手渡しさせていただきます。
持ち物
特にございません
時間
9時30分~17時00分
開催日程
2018年11月7日~2018年11月9日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2018年11月28日~2018年11月30日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2019年1月23日~2019年1月25日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2019年2月6日~2019年2月8日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2019年2月20日~2019年2月22日(3日間)【受付】2019年2月13日まで
【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込む
2019年3月27日~2019年3月29日(3日間)【受付】2019年3月20日まで
【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込む

Android(Kotlin)研修に関する研修一覧