システム運用研修一覧

システム運用研修一覧

ITIL®プラクティショナ<試験チケット付>

TILのベストプラクティスを効果的・効率的に適用するには、その根底にある概念と原則を正しく理解することが重要です。このコースでは、適用と適応、サービスおよびサービスマネジメントの定義、9つの原則、継続的サービス改善アプローチ、測定値と測定基準、コミュニケーション、組織変更管理といったITILの5冊のコア書籍を最大限に活用するためのトピックを演習を通じて習得します。
ITIL エキスパート認定の選択コースです。
本コースの、テキスト、ITILプラクティショナガイダンス、試験はすべて日本語です。
試験にはITILプラクティショナガイダンスを持ち込むことができます。ITILプラクティショナガイダンスは受講者に配布します(購入費用は本研修の受講料に含まれています)。
試験に合格することによって、ITILの資格認定の履修単位(credit)制度における3単位を取得できます。
資格取得応援します!受講後の試験に不合格だった場合、HPEで開催する再試験を1回だけ無料で受験できます。受講後1年以内にご受験ください

スマホ対応の試験対策eラーニングを受講後3か月間無料でご利用いただけます。

なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

認定試験は研修日とは別の日程で実施します。
研修受講後、日本ヒューレット・パッカード株式会社ホームページから
ITILプラクティショナ<再試験>H9P68Mをお申し込みください。
合格すると、ITILの資格認定の履修単位(credit)制度における3単位を取得できます。
不合格の場合、1回のみ再試験が無料で受験できます。受講後1年以内にご受験ください。

速習!DevOpsエッセンシャルズ

ITサービスの俊敏さと品質を改善するためにDevOpsを採用または採用を検討している方向けのコースです。
DevOpsの基本概念から実装に必要な知識までを網羅します。
DevOpsに関わる人材やプロセス、テクノロジーはもちろん、カルチャ、リーダシップ、原則、実装、オートメーションなども解説します。
DevOps導入のための具体的な手順を提案します。
研修は講義とディスカッション演習で構成されています。
ベンダーに依存しないトレーニングです。

DevOpsとは)
DevOpsとは何かといった決まった定義はありません。
強いて言えば、急速に変化する市場ニーズに機敏に反応し、短期間でソリューションを提供するためのカルチャーやプラクティスと言えます。
Webやモバイルなど変化の激しい市場では、短期間で顧客ニーズを満たす機能を提供し続けない限り生き延びることはできません。従来のウォータフォール型開発では価値実現までに時間がかかり、出来上がる頃には顧客ニーズは変わってしまっています。役に立つ機能は僅かしか残っていないという事も珍しくなく、コストやリスクは大きく、失敗した時のインパクトは甚大です。これに対し、アジャイル型開発では顧客が求める機能の中から優先順位の高いものを選んで短期間で開発します。
短いサイクルでこれを繰り返すことでニーズの変化に柔軟に対応できます。顧客は欲しい機能をすぐに手に入れることができ、競争力を強化できます。
しかし、ITサービスは安定稼働しなければいけません。ビジネスに必要なのはアプリケーションの機能だけではなく、非機能(可用性、性能、セキュリティなど)も不可欠です。
変化は安定を妨げるものとして、運用の現場では疎まれる傾向にあります。その一方で、開発は運用の現場を理解していないことが多く、非機能要件は軽んじられがちです。
この壁を乗り越え、開発(Dev)と運用(Ops)が緊密に連携しない限り、変革と安定は両立しません。
顧客ニーズを満たす高品質で迅速な変革サイクルを実現するためには様々な工夫が必要です。その工夫の全てを一言で表す便利な言葉が、DevOpsです。

なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。
ITIL®ライフサイクル全体の管理(MALC) <含認定試験>

ITILのライフサイクル プラクティスの実装と管理に必要な知識とスキルを学習します。
ITIL エキスパート認定の必須コースです。
コース最終日にITIL ライフサイクル全体の管理 認定試験を実施します。
試験に合格することによって、ITILの資格認定の履修単位(credit)制度における5単位を取得できます。これはITIL エキスパート認定のために必須の単位です。
講義は日本人講師により日本語で行われます。テキスト、試験とも日本語です。英語試験も承りますが、特別手配となりますのでご希望の方はお問い合わせ下さい。
資格取得応援します!受講後1年間、HPEで開催する再試験を無料で受験できます。
不合格になってしまった方は dl1.cec@hpe.com までその旨ご連絡ください。
(ただし大島会場、西日本会場でコースを受講された方に限ります)

PDU/CPEクレジットポイント申請可能コースです。

なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

◆コースの特徴
ITIL Expert認定資格を取得するための必須コースです。
サービスのライフサイクル・プラクティスの実装と管理に必要な知識とスキルを学習します。
最終日の試験に合格すると、「ITILライフサイクル全体の管理」認定資格を取得できます。また、ITIL Expert認定資格を取得できます
ITIL®運用サポートおよび分析(OSA)<含認定試験>

ITILのイベント管理、インシデント管理、要求実現、アクセス管理、問題管理、サービスデスク、技術管理、IT運用管理、アプリケーション管理について詳しく解説します。
ITIL エキスパート認定の選択コースです。
コースの最終日に、ITIL 運用サポートおよび分析 認定試験を実施します。
試験に合格することによって、ITILの資格認定の履修単位(credit)制度における4単位を取得できます。
講義は日本人講師により日本語で行われます。テキスト、試験とも日本語です。英語試験も承りますが、特別手配となりますのでご希望の方はお問い合わせ下さい。

資格取得応援します!合格するまでHPEで開催する再試験を受験できます。
不合格になってしまった方は dl1.cec@hpe.com までその旨ご連絡ください。
(ただし大島会場、西日本会場でコースを受講された方に限ります)

PDU/CPEクレジットポイント申請可能コースです。

なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

◆コースの特徴
サービスマネジメントの実務担当者向けの、ITILのIntermediateレベルのコースです。
サービスを適切に運用するための活動と、活動を遂行するために必要となる組織について、詳しく説明します。主に、インシデント管理、問題管理、サービスデスクなどを扱います。
最終日の試験に合格すると、「ITIL 運用サポートおよび分析」認定資格を取得できます。
世界中で実施実績のあるHPEオリジナルテキスト日本語版を使用します。
ITIL®リリース、コントロールおよび妥当性の確認(RCV) <含認定試験>

ITILの変更管理、リリースおよび展開管理、サービスの妥当性確認およびテスト、サービス資産管理および構成管理、要求実現、変更評価、ナレッジ管理について詳しく解説します。
ITIL エキスパート認定の選択コースです。
コースの最終日に、ITIL リリース、コントロールおよび妥当性の確認 認定試験を実施します。
試験に合格することによって、ITILの資格認定の履修単位(credit)制度における4単位を取得できます。
講義は日本人講師により日本語で行われます。テキスト、試験とも日本語です。英語試験も承りますが、特別手配となりますのでご希望の方はお問い合わせ下さい。

資格取得応援します!合格するまでHPEで開催する再試験を受験できます。
不合格になってしまった方は dl1.cec@hpe.com までその旨ご連絡ください。
(ただし大島会場、西日本会場でコースを受講された方に限ります)

PDU/CPEクレジットポイント申請可能コースです。

なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

◆コースの特徴
サービスマネジメントの実務担当者向けの、ITILのIntermediateレベルのコースです。
サービスを適切に導入・移転・統合するための活動について、詳しく説明します。主に、変更管理、構成管理、ナレッジ管理、リリースと展開の管理などを扱います。
最終日の試験に合格すると、「ITILリリース、コントロールおよび妥当性の確認」認定資格を取得できます。
世界中で実施実績のあるHPEオリジナルテキスト日本語版を使用します。
ITIL®プランニング、プロテクションおよび最適化(PPO)<含認定試験>

ITILのキャパシティ管理、可用性管理、ITサービス継続性管理、情報セキュリティ管理、需要管理について詳しく解説します。
ITIL エキスパート認定の選択コースです。
コース最終日にITIL サービス提案と合意 認定試験を実施します。
試験に合格することによって、ITILの資格認定の履修単位(credit)制度における4単位を取得できます。
講義は日本人講師により日本語で行われます。テキスト、試験とも日本語です。英語試験も承りますが、特別手配となりますのでご希望の方はお問い合わせ下さい。

資格取得応援します!合格するまでHPEで開催する再試験を受験できます。
不合格になってしまった方は dl1.cec@hpe.com までその旨ご連絡ください。
(ただし大島会場、西日本会場でコースを受講された方に限ります)

PDU/CPEクレジットポイント申請可能コースです。

なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

◆コースの特徴
サービスマネジメントの実務担当者向けの、ITILのIntermediateレベルのコースです。
サービスを、適切に計画、保護、最適化するための活動について詳しく説明します。主に、セキュリティ、キャパシティとパフォーマンス、可用性、サービスの継続性を扱います。
最終日の試験に合格すると、「ITILサービス提案と合意」認定資格を取得できます。
世界中で実施実績のあるHPEオリジナルテキスト日本語版を使用します。
ITIL®サービス提案と合意(SOA)<含認定試験>

ITILのサービスポートフォリオ管理、サービスレベル管理、サービスカタログ管理、需要管理、サプライヤ管理および財務管理について詳しく解説します。
ITIL エキスパート認定の選択コースです。
コース最終日にITIL サービス提案と合意 認定試験を実施します。
試験に合格することによって、ITILの資格認定の履修単位(credit)制度における4単位を取得できます。
講義は日本人講師により日本語で行われます。テキスト、試験とも日本語です。英語試験も承りますが、特別手配となりますのでご希望の方はお問い合わせ下さい。

資格取得応援します!合格するまでHPEで開催する再試験を受験できます。
不合格になってしまった方は dl1.cec@hpe.com までその旨ご連絡ください。
(ただし大島会場、西日本会場でコースを受講された方に限ります)

PDU/CPEクレジットポイント申請可能コースです。

なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

◆コースの特徴
・サービスマネジメントの実務担当者向けの、ITILのIntermediateレベルのコースです
・どんなサービスを提供し、どんな合意を顧客と結ぶべきか、などを決めるための活動について詳しく説明します
・最終日の試験に合格すると、「ITILサービス提案と合意」認定資格を取得できます
・世界中で実施実績のあるHPEオリジナルテキスト日本語版を使用します。
ITIL®ファンデーション <含認定試験>

ITILの基礎を多数の事例を用いてわかりやすく解説します。
サービスのライフサイクル、プロセス、組織の能力など、サービスプロバイダの競争力を強化するために活用できるサービスマネジメントのベストプラクティスを習得できます。
カーレースをシミュレーションしたワークショップでは、レースチームを勝利に導く過程で、楽しみながらITILのベストプラクティスを実践できます。
参加型の体験学習と理論的知識の組み合わせにより、より高い学習効果が得られます。
スマホで使えるeラーニング問題集で、試験対策を大幅に効率化できます。
コースの最終日に、ITIL ファンデーション認定試験を実施します。
資格取得応援します!合格するまでHPEで開催する再試験を受験できます。
不合格になってしまった方は dl1.cec@hpe.com までその旨ご連絡ください。
(ただし大島会場、西日本会場でコースを受講された方に限ります)

PDU/CPEクレジットポイント申請可能コースです。

なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

◆コースの特徴
・サービスマネジメントのベストプラクティス、ITILの基礎を習得する認定コースです
・最終日の認定試験に合格すれば、ITILファンデーション認定資格を取得できます
・カーレースをシミュレーションした演習で、楽しみながらITILの要点が身に付きます
・スマホ対応の試験対策eラーニングで、効率よく試験対策ができます
・万が一、試験に不合格でも、再試験は無料です
・世界中で実施実績のあるHPEオリジナルテキスト日本語版を使用します。

◆お客様の声
・「講師の教え方、進め方、全てプロフェッショナルなできばえで、とても感動しました。クラスの質の高さに、HPE教育サービスへの信頼が増しました」
・「シミュレーション演習を楽しみにしていたのですが、期待以上のすばらしいものでした。レビューで触れられた以外にも自分でいろいろと気づきがありました」
・「e-ラーニングが非常に助かった。使いやすく勉強がはかどった。非常に満足度が高いです」
Ansible実践入門
-Infrastructure as Codeを理解-

人気の構成管理ツールAnsibleを使って業務を効率化したい、Ansibleで何が出来るのか詳しく知りたい、という方のためのAnsible入門コースです。
手順書を使った手作業のシステム構築から、スクリプトを使った自動構築へ移行し、いわゆるInfrastructure as Codeを実現できるようになります。

なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。