2018年度下期改訂

Angular入門

Angularは、Googleが開発したフロントエンドWebアプリケーションのためのフルスタックフレームワークで、AngularJS(ver 1.x)の後継プロダクトです。
Angularでは、TypeScriptやwebpackをはじめとした先進的なJavaScript関連技術をふんだんに採用し、効率的かつ大規模な開発にも耐えるアーキテクチャを備えており、動作も高速です。
TypeScriptはMicrosoftが開発したJavaScriptの代替として、型の導入やJavaScriptの新仕様(ES2015)の先取を行っており、効率的かつ大規模な開発にも耐えるプログラミング言語です。
このコースでは、TypeScriptの基礎から、Angularを利用したフロントエンドWebアプリケーション開発の実装方法までを学習していきます(AngularJSについては取り扱いません)。

※本コースは、「Angular入門 対応バージョン:4,5,6」の改訂版です。
 2018年10月以前にお申込みいただいた場合、お申込み時とコース名が異なる場合がございます。

コースフロー

HTML5

初歩から学ぶHTML5/CSS3入門 JavaScript入門 文法編 -ECMAScript 2015~2017対応- JavaScript入門 HTML5 API活用編 Node.js + Express + MongoDB -JavaScriptによるサーバーサイドWebアプリケーション開発- Angular入門 -対応バージョン:4,5,6- jQueryによるAjaxアプリケーション開発 -REST、JSON、WebSocket- React/Redux開発入門 Vue.js入門

研修概要

研修の目的
■ Angularの利用方法を学ぶ
■ TypeScriptの基礎文法を学ぶ
研修の内容
■ Angular概要
■ TypeScript基礎文法(型アノテーション/クラス/インターフェイス)
■ TypeScript基礎文法(アロー関数/モジュール)
■ Angular導入
■ コンポーネント
■ HTMLテンプレート
■ 入力チェック/双方向データバインド
■ イベントハンドリング
■ コンポーネント間連携
■ ルーター
■ HTTP通信
対象者
■ これから、Angularを使用してフロントエンドWebアプリケーション開発を担当する方
■ これまで、フロントエンドのWebアプリ開発に携わったことがあり、Angularの導入に興味がある方
前提条件
本コースの前提知識の必須条件は、以下の通りです。
・JavaScriptの基本に関する知識を有すること。

また、以下のJavaScript関連技術の利用経験があると、より深くAngularの学習を行うことができます。
・jQuery、AngularJS(ver1.x)、TypeScriptなど
実行環境
・Angular v4.x~、TypeScript v2.x~
・Webブラウザ(Chrome)
・テキストエディタ(Visual Studio Code)
配布資料
研修テキスト
※ソースコード等はオンラインストレージにて配布いたします
開催日数
3日間
受講料
145,800円(税込み)
※受講料にはテキスト代も含まれます。
時間
9時30分~17時00分
開催日程
2018年10月9日~2018年10月11日(3日間)【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込み終了
2018年12月25日~2018年12月27日(3日間)【受付】2018年12月18日まで
【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込む
2019年1月7日~2019年1月9日(3日間)【受付】2018年12月17日まで
【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込む
2019年1月23日~2019年1月25日(3日間)【受付】2019年1月16日まで
【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込む
2019年2月25日~2019年2月27日(3日間)【受付】2019年2月18日まで
【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込む
2019年3月25日~2019年3月27日(3日間)【受付】2019年3月18日まで
【会場】カサレアル泉岳寺トレーニングセンター申し込む

HTML5・JavaScript研修に関する研修一覧