Android(Java)研修

Androidアプリのアーキテクチャーを理解しAndroidアプリ開発の基礎から、より品質の高いAndroidアプリを開発する方法、Webサービスと連携するAndroidアプリの開発方法、テスティングフレームワークやツールを活用した各種テストの仕方、タブレットに対応したアプリの開発方法の習得などそれぞれの目的に合わせてきめ細かくコースを用意しています。皆さんの状況に合わせ、今必要な部分をステップアップしていくことが可能です。


※KotlinでAndroidをアプリを開発される方は、こちらをご覧ください。

コースフロー

Android(Java)研修 JavaによるAndroidアプリ開発入門 JavaによるAndroidアプリ開発応用-WebAPI、非同期処理、サービス- JavaによるMVVMなAndroidアプリ開発 -ViewModel、LiveData、データバインディング、Room、 ThreadとrunOnUiThread-

Android(Java)研修

JavaによるAndroidアプリ開発入門

Javaを使って、Androidアプリ開発の基本技術を修得するコースです。


世界中で普及しているAndroidアプリをJavaで開発したい方におすすめのコースです。


本コースでは、始めにAndroidアプリ開発で必要となる特徴的かつGUIアプリ固有な「ネストクラス」「Builderパターン」「GUIにおけるイベントリスナー」などについて学習します。


その後、画面の作成・イベントの取り扱い・データベースアクセスといったAndroidアプリで最低限必要な機能を学習していきます。

作成したAndroidアプリは、Android端末を使用し動作確認も行えるため、受講後には簡単なアプリを開発できるようになります。

また、ハンズオン形式で進めていき、Androidアプリ開発を実際に体験できる多くの機会をご用意しているため、知識だけを修得するよりも深く身につけることができます。


さらに、HTTP通信など応用的な内容を学習したい方には、上位コースの『JavaによるAndroidアプリ開発応用 -WebAPI、非同期処理、サービス-』コースもおすすめになります。

[オンライン開催]JavaによるAndroidアプリ開発入門

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:オンラインチャットシステム (ご利用になれない場合は、Zoomのチャット機能で代替可能です)

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 インターネットに常時接続できること
Webカメラおよびマイク

※PC本体の他に、モニターやiPad等、画面表示できるものがあると便利です。
OS Windows10(64bit版)
CPU Intel社製CPUが搭載されていること(Core i5以上)
RAM 8GB以上
ストレージ 空き容量 4GB(※SSD推奨)

※本セミナーでは、ZoomやEclipse、Android Studio等を同時に起動いたします。

 使用中にPCが固まってしまう恐れがありますので、必ず上記環境をご用意いただきますようお願いいたします。


◆事前環境構築

使用されるPCに対し、必ずご受講前に以下の環境構築を実施してください。

・Android Studio環境構築動画(Java Android/Kotlin Android共通)

・Eclipse環境構築動画

環境構築を実施いただけない場合、コースをご受講いただくことができません。


コース説明

Javaを使って、Androidアプリ開発の基本技術を修得するコースです。

世界中で普及しているAndroidアプリをJavaで開発したい方におすすめのコースです。


本コースでは、始めにAndroidアプリ開発で必要となる特徴的かつGUIアプリ固有な「ネストクラス」「Builderパターン」「GUIにおけるイベントリスナー」などについて学習します。


その後、画面の作成・イベントの取り扱い・データベースアクセスといったAndroidアプリで最低限必要な機能を学習していきます。

作成したAndroidアプリは、Androidエミュレーターを使用し動作確認も行えるため、受講後には簡単なアプリを開発できるようになります。

また、ハンズオン形式で進めていき、Androidアプリ開発を実際に体験できる多くの機会をご用意しているため、知識だけを修得するよりも深く身につけることができます。


さらに、HTTP通信など応用的な内容を学習したい方には、上位コースの『JavaによるAndroidアプリ開発応用 -WebAPI、非同期処理、サービス-』コースもおすすめになります。

JavaによるAndroidアプリ開発応用
-WebAPI、非同期処理、サービス-

Javaを使って、ネットワークやカメラを使ったAndroidアプリの開発が出来るようになるコースです。


本コースは、WebAPIと連携するアプリで必要となる技術をピックアップした内容になります。そのため、簡単なAndroidアプリを開発だけでなく、より機能が充実したAndroidアプリを開発したい方におすすめするコースです。


座学と演習を通じて、HTTP通信とJSONの解析方法・カメラの簡単な利用方法・バックグラウンド処理や非同期処理を利用したアプリの開発方法を学習します。


また、外部ライブラリーを利用しアプリを構築する方法を盛り込み、総合演習では店舗のクーポンなどを配布するアプリを開発します。さらに各技術の位置づけを理解し、演習で作成したAndroidアプリを実機上で動作確認することで理解を深めることができます。


このコースを受講することで、今どきのAndroidアプリが開発する手がかりを見つけられます。

[オンライン開催]JavaによるAndroidアプリ開発応用
-WebAPI、非同期処理、サービス-

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:オンラインチャットシステム (ご利用になれない場合は、Zoomのチャット機能で代替可能です)

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 インターネットに常時接続できること
Webカメラおよびマイク

※PC本体の他に、モニターやiPad等、画面表示できるものがあると便利です。
OS Windows10(64bit版)
CPU Intel社製CPUが搭載されていること(Core i5以上)
RAM 8GB以上
ストレージ 空き容量 4GB(※SSD推奨)

※本セミナーでは、ZoomやEclipse、Android Studio等を同時に起動いたします。

 使用中にPCが固まってしまう恐れがありますので、必ず上記環境をご用意いただきますようお願いいたします。


◆事前環境構築

使用されるPCに対し、必ずご受講前に以下の環境構築を実施してください。

・Android Studio環境構築動画(Java Android/Kotlin Android共通)

環境構築を実施いただけない場合、コースをご受講いただくことができません。


コース説明

Javaを使って、ネットワークやカメラを使ったAndroidアプリの開発が出来るようになるコースです。

本コースは、WebAPIと連携するアプリで必要となる技術をピックアップした内容になります。そのため、簡単なAndroidアプリを開発だけでなく、より機能が充実したAndroidアプリを開発したい方におすすめするコースです。


座学と演習を通じて、HTTP通信とJSONの解析方法・カメラの簡単な利用方法・バックグラウンド処理や非同期処理を利用したアプリの開発方法を学習します。


また、外部ライブラリーを利用しアプリを構築する方法を盛り込み、総合演習では店舗のクーポンなどを配布するアプリを開発します。さらに各技術の位置づけを理解し、演習で作成したAndroidアプリをエミュレーター上で動作確認することで理解を深めることができます。


このコースを受講することで、今どきのAndroidアプリが開発する手がかりを見つけられます。

JavaによるMVVMなAndroidアプリ開発
-ViewModel、LiveData、データバインディング、Room、 ThreadとrunOnUiThread-

Androidアプリ開発をより実践的なものにするためには、モダンなアーキテクチャを適用することが役立ちます。
このコースでは、モダンなアーキテクチャを適用した、Androidアプリ開発の技術を習得します。



モダンなアーキテクチャを用いたAndroidアプリを、Javaで開発したい方におすすめのコースです。


本コースでは、様々なAndroidアプリで採用されているMVVMを取り入れた設計で開発する方法を学習します。

Android Jetpackに含まれているライブラリなどのコンポーネントを活用した、Androidアプリ開発が出来るようになります。

より実践的な実装方法を習得したい方におすすめするコースです。


コースはハンズオン形式で進めていき、Androidアプリ開発を実際に体験できる多くの機会をご用意しているため、座学で知識のみを学習するよりも深く身につけることができます。