iOS研修 一覧

カサレアルのiOSアプリ開発研修では、この最新のiOS 12が入ったタブレット上で、実際に作成したiOSアプリケーションの挙動を確認しながら、最新の開発環境(Xcode 10以降)を利用してiOS 12対応のアプリケーションの作成方法を習得することができます。 更に、世の中に公開されている実際のWeb APIを利用するiOSアプリの作成も行い、プログラミングをマスターできます。

これを機に、『最新のiOS 12に対応したアプリケーションの開発ノウハウ』を身につけてみませんか?

コースフロー

iOS研修 速習 Swiftプログラミング言語 SwiftによるiOSアプリ開発入門 -Swift入門からiOSアプリ開発の基本まで- SwiftによるiOSアプリ開発 -Auto Layout, Web API, Core Data編- SwiftによるiOSアプリ開発実践-オープンソースライブラリを活用したアプリ開発ハンズオン-

iOS研修 一覧

速習 Swiftプログラミング言語

セット販売対象コース

このコースでは、iOSやmacOSアプリの開発に限らず、サーバサイドアプリの開発にも対応したSwift言語の基本的な文法を1日で学習します。


本コースでは、何らかのオブジェクト指向言語の経験をお持ちの方が、1日でこのモダンなSwift言語の基本的な文法を"速習"できるように構成しています。

これからiOSやmacOSアプリ開発を始めるにあたり、クロージャやOptional、delegateなどSwift特有の部分を中心に、最初に知っておくべき最低限の文法を理解でき、iOSアプリやmacOSアプリの開発にスムーズに入ることができます。

学習は、主にインタラクティブにコードを書いて実行結果を確認できるPlayground上でハンズオン+演習の形式で行います(iOSアプリの開発方法は含みません)。

[オンライン開催]速習 Swiftプログラミング言語

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:オンラインチャットシステム (ご利用になれない場合は、Zoomのチャット機能で代替可能です)

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 インターネットに接続できること
Webカメラおよびマイク

※PC本体の他に、モニターやiPad等、画面表示できるものがあると便利です。
OS macOS
RAM 8GB以上
その他 Xcode 11 必須


◆事前環境構築

使用されるmacOSに対し、必ずご受講前に「Xcode 11」のインストールを実施してください。

※Xcode 12 のリリース後は、 App Store から Xcode 11 のダウンロードができなくなります。

 本研修では Xcode 11 を利用するため、動画の手順を参照してダウンロードしてください。

・iOSアプリ開発環境構築動画

インストールを実施いただけていない場合、コースをご受講いただくことができません。


◆コース説明

このコースでは、iOSやmacOSアプリの開発に限らず、サーバサイドアプリの開発にも対応したSwift言語の基本的な文法を1日で学習します。

本コースでは、何らかのオブジェクト指向言語の経験をお持ちの方が、1日でこのモダンなSwift言語の基本的な文法を"速習"できるように構成しています。

これからiOSやmacOSアプリ開発を始めるにあたり、クロージャやOptional、delegateなどSwift特有の部分を中心に、最初に知っておくべき最低限の文法を理解でき、iOSアプリやmacOSアプリの開発にスムーズに入ることができます。

学習は、主にインタラクティブにコードを書いて実行結果を確認できるPlayground上でハンズオン+演習の形式で行います(iOSアプリの開発方法は含みません)。

SwiftによるiOSアプリ開発入門
-Swift入門からiOSアプリ開発の基本まで-

セット販売対象コース

このコースでは、オブジェクト指向言語の経験者向けにXcodeの利用方法・画面遷移や一覧表示・ファイルへのデータ保存などを利用した簡単なアプリの実装方法を実際に体験しながら学習します。


画面の作成からデータの永続化まで、一般的なiOSアプリで頻繁に利用される機能を中心に実装方法を学習します。

また、複数の画面を持ったアプリの作成にも対応し、一覧画面の作成やナビゲーションを利用した画面遷移の実装方法などもご紹介します。

開発ツールであるXcodeの活用方法や、Swift言語の基本についても説明するため、理解をより深めることができます。

さらに、ハンズオンと演習を活用し少しずつステップを追いながら学習するため、Xcodeの操作やコードの効率的な書き方なども学べます。

そのため、モバイルアプリやMacを利用した開発経験がない方でも、最初のステップとして安心してご受講頂けます。

コース内では最低限のSwift言語の文法についても紹介しますが、Swift言語についてより詳しく学習できる『速習 Swiftプログラミング言語』コースを先に受講することをおすすめします。

[オンライン開催]SwiftによるiOSアプリ開発入門
-Swift入門からiOSアプリ開発の基本まで-

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:オンラインチャットシステム (ご利用になれない場合は、Zoomのチャット機能で代替可能です)

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 インターネットに接続できること
Webカメラおよびマイク

※PC本体の他に、モニターやiPad等、画面表示できるものがあると便利です。
OS macOS
RAM 8GB以上
その他 Xcode 11 必須


◆事前環境構築

使用されるmacOSに対し、必ずご受講前に「Xcode 11」のインストールを実施してください。

※Xcode 12 のリリース後は、 App Store から Xcode 11 のダウンロードができなくなります。

 本研修では Xcode 11 を利用するため、動画の手順を参照してダウンロードしてください。

・iOSアプリ開発環境構築動画

インストールを実施いただけていない場合、コースをご受講いただくことができません。


◆コース説明

このコースでは、オブジェクト指向言語の経験者向けにXcodeの利用方法・画面遷移や一覧表示・ファイルへのデータ保存などを利用した簡単なアプリの実装方法を実際に体験しながら学習します。

画面の作成からデータの永続化まで、一般的なiOSアプリで頻繁に利用される機能を中心に実装方法を学習します。

また、複数の画面を持ったアプリの作成にも対応し、一覧画面の作成やナビゲーションを利用した画面遷移の実装方法などもご紹介します。

開発ツールであるXcodeの活用方法や、Swift言語の基本についても説明するため、理解をより深めることができます。

さらに、ハンズオンと演習を活用し少しずつステップを追いながら学習するため、Xcodeの操作やコードの効率的な書き方なども学べます。

そのため、モバイルアプリやMacを利用した開発経験がない方でも、最初のステップとして安心してご受講頂けます。

コース内では最低限のSwift言語の文法についても紹介しますが、Swift言語についてより詳しく学習できる『速習 Swiftプログラミング言語』コースを先に受講することをおすすめします。

SwiftによるiOSアプリ開発応用
-Auto Layout, Web API, Core Data編-

 iOSアプリ開発の基本を押さえた方のために、画面のレイアウト、HTTP通信、データの永続化の実装方法を実際に体験しながら学習します。 


SwiftによるiOSアプリ開発入門 -Swift入門からiOSアプリ開発の基本まで-』コースの応用編になります。

iOSアプリの仕組みや基本的な実装を理解した方の次のステップとして、より実践的なアプリ開発で必要となる技術の中から、いくつかのトピックをピックアップしています。 Auto Layoutを利用した柔軟な画面レイアウト・HTTP通信とJSONデータの解析・データの永続化フレームワークであるCore Dataの基本を修得します。ハンズオンと演習を活用し、操作や効率的な実装の方法も含めて学習するため、これらの技術をすぐにアプリに組み込んで活用できるようになります。

[オンライン開催]SwiftによるiOSアプリ開発応用
-Auto Layout, Web API, Core Data編-

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:オンラインチャットシステム (ご利用になれない場合は、Zoomのチャット機能で代替可能です)

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 インターネットに接続できること
Webカメラおよびマイク

※PC本体の他に、モニターやiPad等、画面表示できるものがあると便利です。
OS macOS
RAM 8GB以上
ブラウザ Google Chrome
その他 Xcode 11 必須


◆事前環境構築

使用されるmacOSに対し、必ずご受講前に「Xcode 11」のインストールを実施してください。

※Xcode 12 のリリース後は、 App Store から Xcode 11 のダウンロードができなくなります。

 本研修では Xcode 11 を利用するため、動画の手順を参照してダウンロードしてください。

・iOSアプリ開発環境構築動画

インストールを実施いただけていない場合、コースをご受講いただくことができません。


◆コース説明

iOSアプリ開発の基本を押さえた方のために、画面のレイアウト、HTTP通信、データの永続化の実装方法を実際に体験しながら学習します。

SwiftによるiOSアプリ開発入門 -Swift入門からiOSアプリ開発の基本まで-』コースの応用編になります。

iOSアプリの仕組みや基本的な実装を理解した方の次のステップとして、より実践的なアプリ開発で必要となる技術の中から、いくつかのトピックをピックアップしています。 Auto Layoutを利用した柔軟な画面レイアウト・HTTP通信とJSONデータの解析・データの永続化フレームワークであるCore Dataの基本を修得します。ハンズオンと演習を活用し、操作や効率的な実装の方法も含めて学習するため、これらの技術をすぐにアプリに組み込んで活用できるようになります。

SwiftによるiOSアプリ開発実践
-オープンソースライブラリを活用したアプリ開発ハンズオン-

このコースでは、iOSの標準APIを利用したアプリの実装を修得した方のために、高機能なオープンソースのライブラリを利用して実践的なアプリの実装方法をハンズオン形式で学習します。


SwiftによるiOSアプリ開発応用 -Auto Layout, Web API, Core Data編-』コースの上位コースです。

iOSの標準APIを利用した画面レイアウト・一覧表示・HTTP通信やデータの永続化などを理解した方の次のステップとして、オープンソースのライブラリを活用してより可読性や開発効率の高いアプリの実装方法を、ハンズオンで実装しながら学習します。

iOSアプリの開発に必要なライブラリはAppleから提供されており、その他のライブラリを利用しなくても開発は行えます。ですが、標準のライブラリよりも使いやすく、また機能を拡張したオープンソースライブラリがGitHub上などに多数公開されています。

本コースでは、それらの中から代表的なものをいくつかピックアップし、ハンズオンで実際にアプリを実装しながら導入や基本的な利用方法を修得します。

また、アプリでの利用頻度の高いテーブルビューやコレクションビューのセルのカスタマイズなども学習します。このコースは、全編を通してハンズオン形式で進めます。


※コース改訂のお知らせ※

 本コースは、改訂につき当面の間は開催を見送りとさせていただきます。

 改訂後の初回開催は、2021年1月頃を予定しております。