.NET/C#/VB研修 一覧

.NET/C#/VB研修 一覧

C#によるオブジェクト指向プログラミング

このコースはオブジェクト指向の重要概念(カプセル化、継承、ポリモーフィズム、インターフェイス)を理解し、C#で実現する方法を学習します。
それによりオブジェクト指向のメリットを体感し、理解します。
また、Visual Studio 2019 に至るバージョンアップの過程でC#に施された言語仕様の拡張(ジェネリック、ラムダなど)を有効活用し、保守性、拡張性が高く効率的なコーディングを可能にする実装方法について学習します。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(PUBLUS Lite)について
 電子テキストを閲覧いただくためのドキュメント配信サービスです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
 ※一部のコースでは、利用対象外となります。
  受講ガイド(My Trainocate Portal~Publus)
[オンライン開催]C#によるオブジェクト指向プログラミング

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※Zoomウェブクライアントでは、パフォーマンスや一部の機能に制限が発生するため、
 可能な限りZoomデスクトップ クライアント アプリケーションのインストールをお奨めします。
システム要件 ・インターネット接続
(上り下り1.5Mbps以上の帯域および通信量により制限がかからない有線の回線を推奨します。)
・スピーカーまたはヘッドセット
・マイク
・Webカメラ

※電子テキストの閲覧をより快適にするため、メインのPCのほかにサブディスプレイやタブレット端末、
 スマホなどをご用意いただくことをお勧めします。
OS Windows 8, 8,1, 10(Sモードは非サポート)、mac OS X (10.9以降)
CPU 2GHz以上のデュアルコアプロセッサを推奨
RAM 4GB以上を推奨
Webブラウザ Google Chrome(演習環境にアクセスする際に必須となります)


◆コース説明

このコースはオブジェクト指向の重要概念(カプセル化、継承、ポリモーフィズム、インターフェイス)を理解し、C#で実現する方法を学習します。
それによりオブジェクト指向のメリットを体感し、理解します。
また、Visual Studio 2019 に至るバージョンアップの過程でC#に施された言語仕様の拡張(ジェネリック、ラムダなど)を有効活用し、保守性、拡張性が高く効率的なコーディングを可能にする実装方法について学習します。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(PUBLUS Lite)について
 電子テキストを閲覧いただくためのドキュメント配信サービスです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
 ※一部のコースでは、利用対象外となります。
  受講ガイド(My Trainocate Portal~Publus)
C#によるデータ構造とアルゴリズム

このコースはMicrosoft Visual Studio が提供する開発環境を使用して、C#言語で.NET Framework 対応のアプリケーション開発を行うために必要となる文法や開発環境の使い方を学習します。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(PUBLUS Lite)について
 電子テキストを閲覧いただくためのドキュメント配信サービスです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
 ※一部のコースでは、利用対象外となります。
  受講ガイド(My Trainocate Portal~Publus)
[オンライン開催]C#によるデータ構造とアルゴリズム

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※Zoomウェブクライアントでは、パフォーマンスや一部の機能に制限が発生するため、
 可能な限りZoomデスクトップ クライアント アプリケーションのインストールをお奨めします。
システム要件 ・インターネット接続
(上り下り1.5Mbps以上の帯域および通信量により制限がかからない有線の回線を推奨します。)
・スピーカーまたはヘッドセット
・マイク
・Webカメラ

※電子テキストの閲覧をより快適にするため、メインのPCのほかにサブディスプレイやタブレット端末、
 スマホなどをご用意いただくことをお勧めします。
OS Windows 8, 8,1, 10(Sモードは非サポート)、mac OS X (10.9以降)
CPU 2GHz以上のデュアルコアプロセッサを推奨
RAM 4GB以上を推奨
Webブラウザ Google Chrome(演習環境にアクセスする際に必須となります)


◆コース説明

このコースはMicrosoft Visual Studio が提供する開発環境を使用して、C#言語で.NET Framework 対応のアプリケーション開発を行うために必要となる文法や開発環境の使い方を学習します。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(PUBLUS Lite)について
 電子テキストを閲覧いただくためのドキュメント配信サービスです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
 ※一部のコースでは、利用対象外となります。
  受講ガイド(My Trainocate Portal~Publus)
.NETシステムプログラミング
~.NET Framework,マルチスレッド,コレクション,ストリームなど~

Microsoft .NET Frameworkが提供するさまざまなAPI (Application Programming Interface)を利用して、マルチスレッド、非同期I/O、データのシリアライズ、逆シリアライズ、WCFサービスの公開と利用といった、分散システム開発に欠かせない高度な機能について学習します。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(PUBLUS Lite)について
 電子テキストを閲覧いただくためのドキュメント配信サービスです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
 ※一部のコースでは、利用対象外となります。
  受講ガイド(My Trainocate Portal~Publus)
[オンライン開催].NETシステムプログラミング
~.NET Framework,マルチスレッド,コレクション,ストリームなど~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※Zoomウェブクライアントでは、パフォーマンスや一部の機能に制限が発生するため、
 可能な限りZoomデスクトップ クライアント アプリケーションのインストールをお奨めします。
システム要件 ・インターネット接続
(上り下り1.5Mbps以上の帯域および通信量により制限がかからない有線の回線を推奨します。)
・スピーカーまたはヘッドセット
・マイク
・Webカメラ

※電子テキストの閲覧をより快適にするため、メインのPCのほかにサブディスプレイやタブレット端末、
 スマホなどをご用意いただくことをお勧めします。
OS Windows 8, 8,1, 10(Sモードは非サポート)、mac OS X (10.9以降)
CPU 2GHz以上のデュアルコアプロセッサを推奨
RAM 4GB以上を推奨
Webブラウザ Google Chrome(演習環境にアクセスする際に必須となります)


◆コース説明

Microsoft .NET Frameworkが提供するさまざまなAPI (Application Programming Interface)を利用して、マルチスレッド、非同期I/O、データのシリアライズ、逆シリアライズ、WCFサービスの公開と利用といった、分散システム開発に欠かせない高度な機能について学習します。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(PUBLUS Lite)について
 電子テキストを閲覧いただくためのドキュメント配信サービスです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
 ※一部のコースでは、利用対象外となります。
  受講ガイド(My Trainocate Portal~Publus)
.NETデータベースプログラミング
~ADO.NET~

このコースでは、ADO.NET が提供するデータ アクセス手法の中から、ADO.NET データ プロバイダーのクラスによる接続型データ アクセスと非接続型データ アクセスについて学習します。
非接続型データ アクセスについては、DataSet クラスを使用した従来型の手法に加え、ADO.NET Entity Framework を使用した概念データ モデル ベースの手法についても習得します。
概念データ モデル ベースのクエリでは、LINQ to Entities と呼ばれるプログラミング言語のステートメントに統合されたクエリ技術を使用します。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(PUBLUS Lite)について
 電子テキストを閲覧いただくためのドキュメント配信サービスです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
 ※一部のコースでは、利用対象外となります。
  受講ガイド(My Trainocate Portal~Publus)
[オンライン開催].NETデータベースプログラミング
~ADO.NET~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※Zoomウェブクライアントでは、パフォーマンスや一部の機能に制限が発生するため、
 可能な限りZoomデスクトップ クライアント アプリケーションのインストールをお奨めします。
システム要件 ・インターネット接続
(上り下り1.5Mbps以上の帯域および通信量により制限がかからない有線の回線を推奨します。)
・スピーカーまたはヘッドセット
・マイク
・Webカメラ

※電子テキストの閲覧をより快適にするため、メインのPCのほかにサブディスプレイやタブレット端末、
 スマホなどをご用意いただくことをお勧めします。
OS Windows 8, 8,1, 10(Sモードは非サポート)、mac OS X (10.9以降)
CPU 2GHz以上のデュアルコアプロセッサを推奨
RAM 4GB以上を推奨
Webブラウザ Google Chrome(演習環境にアクセスする際に必須となります)


◆コース説明

このコースでは、ADO.NET が提供するデータ アクセス手法の中から、ADO.NET データ プロバイダーのクラスによる接続型データ アクセスと非接続型データ アクセスについて学習します。
非接続型データ アクセスについては、DataSet クラスを使用した従来型の手法に加え、ADO.NET Entity Framework を使用した概念データ モデル ベースの手法についても習得します。
概念データ モデル ベースのクエリでは、LINQ to Entities と呼ばれるプログラミング言語のステートメントに統合されたクエリ技術を使用します。


※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


ご受講にあたっての注意事項とお願い(必ずご一読ください) 詳細を見る



 1. 主催会社への情報提供について
 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である トレノケート株式会社 へ提供させていただきます。

 2.受講者向けポータルサイト(My Trainocate Portal)について
 トレーニング受講時に必要になる情報を、個人向けに提供するためのポータルサイトです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
  受講ガイド(My Trainocate Portal操作編)

 3.電子テキスト(PUBLUS Lite)について
 電子テキストを閲覧いただくためのドキュメント配信サービスです。
 開催確定後、主催会社より詳細メールが送付されますので、お手続きをお願いいたします。
 ※一部のコースでは、利用対象外となります。
  受講ガイド(My Trainocate Portal~Publus)