セット販売コース 一覧

「スキルチェンジのため、短期間で一気に学びたい!」「技術調査の一環でまとめて受けておきたい」・・・
そんな声にお応えして、特定の関連するコースをまとめてご受講いただいた場合に、受講料がお安くなるセット販売サービスを開始しました。
スキルシフト、スキルエンハンス、技術調査の一環など、様々なケースでご活用ください。

セット販売の特徴など詳細についてはこちらをご覧ください。

セット販売コース 一覧

Java基本セット

対象コース

  • Javaプログラミング入門 -現場で活躍するエンジニアになるための第一歩-
  • Javaプログラミング基礎 -開発現場を見据えた次のステップ-
短期間でJavaプログラミングの基礎を身につけたい方を対象にしたセットコースです。
前半の『Javaプログラミング入門』コースでは、プログラム経験のない方でも理解していただけるよう、プログラミング言語の基本要素について丁寧に説明します。また、後半の『Javaプログラミング基礎』コースではオブジェクト指向やデータベースアクセスをはじめ、ユニットテストやビルド環境など、実務で必要となる実践的な要素についても学習いたします。
COBOLやC言語のプログラマーからJavaプログラマーへスキル転換される方や新入社員の方に最適なカリキュラムとなっていますので、この機会にぜひご受講ください。

開催日程の分割について(お申し込み前に必ずご一読ください)詳細を見る


以下の開催日程は5日間連続ではなく、前半(2日間)・後半(3日間)の分割開催となりますが、システムの都合上、お申し込みページや申込受付メールでの表記は開始日~終了日となっております。
なお表示日程以外の組み合わせ(例:1月9日~10日、2月12日~14日)でのセット販売は出来かねますので、ご了承ください。

・2019年10月3日~2019年10月9日開催
 (前半:2019年10月3日~2019年10月4日、後半:2019年10月7日~2019年10月9日)

・2020年1月9日~2020年1月16日開催
 (前半:2020年1月9日~2020年1月10日、後半:2020年1月14日~2020年1月16日)

・2020年2月6日~2020年2月14日開催
 (前半:2020年2月6日~2020年2月7日、後半:2020年2月12日~2020年2月14日)
クライアントサイドWebテクノロジー入門セット

対象コース

  • 初歩から学ぶHTML5/CSS3入門
  • JavaScriptで学ぶ初めてのプログラミング
Webアプリケーションの開発経験がまったくない方を対象に、Webブラウザー上で動作する簡単なアプリケーションを作れるようになることを目的としたコースです。
本コースでは、Webブラウザーがサポートする3つの標準テクノロジー(HTML、CSS、JavaScript)の基礎について、演習を交えながら学習します。
クライアントサイドエンジニアにスキル転換したい方はもちろんのこと、はじめてプログラミングを学習する方にもお勧めのコースになっています。
クライアントサイド Webテクノロジー応用セット

対象コース

  • しっかり学ぶモダンJavaScript -関数、モジュール、DOM、ECMAScript2019-
  • JavaScript応用 -HTML5 API活用編-
本コースは、JavaScript未経験者の方を対象に、リッチなクライアントサイドWebアプリケーションの開発方法を身につけていただくことを目的としたコースです。
前半では、JavaScriptの基本文法を学びながらWebブラウザー上で動作するWebアプリケーションの基礎について演習を交えながら学習します。
また、後半では、Webブラウザーが提供する各種機能を活用したリッチなクライアントサイドWebアプリケーションの開発方法について学習します。
これまでサーバーサイドWebアプリケーションの開発を行ってきた方はもちろんのこと、Webアプリケーションをはじめて学習される方にもお勧めのコースです。

開催日程の分割について(お申し込み前に必ずご一読ください)詳細を見る


以下の開催日程は4日間連続ではなく、前半(2日間)・後半(2日間)の分割開催となりますが、システムの都合上、お申し込みページや申込受付メールでの表記は開始日~終了日となっております。
なお表示日程以外の組み合わせ(例:1月24日~25日、2月18日~19日)でのセット販売は出来かねますので、ご了承ください。

・2019年10月3日~2019年10月11日開催
 (前半:2019年10月3日~2019年10月4日、後半:2019年10月10日~2019年10月11日)

・2019年12月4日~2019年12月13日開催
 (前半:2019年12月4日~2019年12月5日、後半:2019年12月12日~2019年12月13日)

・2020年1月16日~2020年1月21日開催
 (前半:2020年1月16日~2020年1月17日、後半:2020年1月20日~2020年1月21日)

・2020年2月6日~2020年2月13日開催
 (前半:2020年2月6日~2020年2月7日、後半:2020年2月12日~2020年2月13日)

・2020年3月5日~2020年3月13日開催
 (前半:2020年3月5日~2020年3月6日、後半:2020年3月12日~2020年3月13日)
Kotlin Android入門セット

対象コース

  • JavaエンジニアのためのKotlin入門
  • KotlinによるAndroidアプリ開発入門
本コースは、Javaプログラミングの経験者を対象として、Kotlinを利用したAndroidアプリの開発方法を短期間で身につけることを目的としたコースです。
Kotlinの基本文法から画面遷移やデータベースアクセスを伴うAndroidアプリの作り方まで、演習を交えながら楽しく学ぶことができます。
KotlinもAndroidも経験がない方は、ぜひこの機会に新しいAndroidアプリの開発手法を学んでみてはいかがでしょうか。
iOSアプリ開発入門セット

対象コース

  • 速習 Swiftプログラミング言語
  • SwiftによるiOSアプリ開発入門 -Swift入門からiOSアプリ開発の基本まで-
本コースは、基本的なiOSアプリの開発方法を身につけたい方を対象として、その標準開発言語であるSwift言語の基礎や、統合開発環境のXcodeの使い方など、iOSアプリ開発に欠かせない要素も含め学習していただけるセットコースです。
iOSアプリ開発がはじめての方はもちろんのこと、以前に標準言語として利用されていたObjective-CでのiOSアプリ開発経験者の方にもお勧めのコースです。

開催日程の分割について(お申し込み前に必ずご一読ください)詳細を見る


以下の開催日程は4日間連続ではなく、前半(1日間)・後半(3日間)の分割開催となりますが、システムの都合上、お申し込みページや申込受付メールでの表記は開始日~終了日となっております。
なお表示日程以外の組み合わせ(例:2月4日、3月3日~5日)でのセット販売は出来かねますので、ご了承ください。

・2019年8月6日~2019年8月9日開催
 (前半:2019年8月6日、後半:2019年8月7日~2019年8月9日)

・2019年9月2日~2019年9月5日開催
 (前半:2019年9月2日、後半:2019年9月3日~2019年9月5日)
短期集中 Javaエンジニア向け Android基礎講座

対象コース

  • AndroidのためのJavaプログラミングテクニック
  • JavaによるAndroidアプリ開発入門
Androidの誕生日は2007年11月5日。この約10年で世界は変わりました。すでに多くの人々がAndroidアプリのユーザです。
Androidアプリを開発する際に使用する言語はJavaとKotlinです。Javaも誕生して20年以上が経ち、多くのエンジニアたちがJavaで様々なシステムやアプリケーションを開発しています。

その中でも特にエンタープライズ・システムの開発に従事してサーバサイドJava(Java EE)に取り組んだ方が多いと思います。
一方で、クライアントサイドでは時代の流れとしてPC上のWebブラウザから携帯端末へと移り変わっています。
サーバサイドJavaの開発経験はあっても、Androidアプリ開発時のJavaはGUIアプリ固有のプログラミングが多用されるため、「書いた記憶がない」「習った覚えがない」Javaコードが見受けられるようになります。

本コースではJavaでAndroidアプリの開発を開始する方を対象に、「AndroidならではのJava」から始めて、「一覧表示やDBアクセスをするAndroidアプリの開発」までを、実習を交えて講義します。