アジャイル研修 一覧

アジャイル研修 一覧

DevOpsプロフェッショナル<含認定試験>

EXIN DevOpsプロフェッショナル認定試験対応コースです。「速習!DevOpsエッセンシャルズ」の後続コースとなります。

ITサービスの俊敏さと品質を改善するためにDevOpsを採用または採用を検討している方向けのコースです。

DevOpsの基本概念から実装に必要な知識までを網羅します。

DevOpsの原則である3つの道(第1の道:フローの原則、第2の道:フィードバックの原則、第3の道:継続的な学習と実験の原則)をわかりやすく解説します。

DevOpsに関わる人材やプロセス、テクノロジーはもちろん、DevOps導入のための具体的な手順を提案します。

研修は講義とディスカッション演習で構成されています。

ベンダーに依存しないトレーニングです。

最終日にEXIN DevOpsプロフェッショナル認定試験を実施します。


DevOpsとは)

DevOpsとは何かといった決まった定義はありません。

強いて言えば、急速に変化する市場ニーズに機敏に反応し、短期間でソリューションを提供するためのカルチャーや実践と言えます。

Webやモバイルなど変化の激しい市場では、短期間で顧客ニーズを満たす機能を提供し続けない限り生き延びることはできません。従来のウォータフォール型開発では価値実現までに時間がかかり、出来上がる頃には顧客ニーズは変わってしまっています。役に立つ機能は僅かしか残っていないという事も珍しくなく、コストやリスクは大きく、失敗した時のインパクトは甚大です。これに対し、アジャイル型開発では顧客が求める機能の中から優先順位の高いものを選んで短期間で開発します。短いサイクルでこれを繰り返すことでニーズの変化に柔軟に対応できます。顧客は欲しい機能をすぐに手に入れることができ、競争力を強化できます。

しかし、ITサービスは安定稼働しなければいけません。ビジネスに必要なのはアプリケーションの機能だけではなく、非機能(可用性、性能、セキュリティなど)も不可欠です。変化は安定を妨げるものとして、運用の現場では疎まれる傾向にあります。その一方で、開発は運用の現場を理解していないことが多く、非機能要件は軽んじられがちです。この壁を乗り越え、事業(Biz)、開発(Dev)、運用(Ops)がコラボレーションしない限り、変革と安定は両立しません。

顧客ニーズを満たす高品質で迅速な変革サイクルを実現するためには様々な工夫が必要です。その工夫の全てを一言で表す言葉が、DevOpsです。


EXIN DevOpsプロフェッショナル資格について

EXIN(本社オランダ)は、ベンダに依存しない資格とスキルアセスメントを提供している国際的な試験機関です。

EXIN DevOps Professional 資格プログラムは主要なDevOpsプラクティスの理解が得られるようデザインされており、米国、インド、スペイン、カナダ、スイス、ブラジル、フランス、中国、オランダからのDevOpsエキスパートにより、企画、策定されました。

EXIN DevOpsプロフェッショナル資格について、詳しくはこちらのサイトをご参照ください。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

EXIN Agile Scrumファンデーション<含認定試験>

アジャイルスクラムファンデーションコースは、ITプロフェッショナルがアジャイル手法とスクラムプラクティスの知識を修得するためのコースです。

アジャイルスクラムは、ソフトウェア開発の世界ではすでに普及した手法ですが、他の分野でも利用機会が増加する傾向にあります。スクラムプラクティスでは、組織横断的かつ自己組織的チームを作り、それぞれの反復またはスプリントの終わりに働く成果物を作ります。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]DASA DevOps ファンダメンタルコース(2日間)(試験つき)

◆オンライン研修環境

お申込み前に、必ず下記ページをご確認いただきますようお願いいたします。

※開催日程ごとに、利用ツール(Zoomまたは、Webex)が異なります。お客様のご利用環境に合わせて、日程をご検討ください。

・オンラインLive研修について


◆コース説明

ソフトウェアの迅速なデプロイ、デプロイ頻度の増加、変更成功率の向上は、目に見えるDevOpsの成果です。

Netflix、Spotify、Facebookなどの組織は、DevOpsの原則をうまく実装することでITを変革しています。

しかし、DevOpsのリーダーになるために、勢いのあるインターネット企業や大規模なエンタープライズである必要はありません。

大小さまざまな企業、老いも若きも、デジタルトランスフォーメーションを行い、成功しています。


この2日間のコースでは、受講者にアジャイル、DevOpsの主要な原則を幅広く紹介します。

これは、DevOps Agile Skills Association(DASA)によって定義されている12の主要な知識とスキルの能力すべてを網羅しています。

主要なDevOps概念と用語、ケーススタディやシナリオ、グループディスカッション、およびコースに含まれる事例によって、DevOpsの基本的な知識を習得します。

DevOpsファンダメンタルは、アジャイルチームやDevOpsチームに関係するすべての人の出発点です。

改善されたワークフローと迅速なデプロイは、すべてのチームメンバーがDevOpsの基本を理解することから始まります。


このコースは、DevOpsをはじめるための下地を構築し、その原則と実践を理解するために必要なコア教育を提供するように設計されています。

このコースによって、DevOpsについて学んだことを社内で共有・活用し、周りの人を指導することで、変化のチャンピオンとしての役割を果たせます。


認定資格:DevOpsファンダメンタル

認定機関:DevOps Agile Skills Association (DASA)

提供言語:日本語

PMI®PDUs:14 ( T: 6 L: 4 S: 4 )


◆試験説明

<試験概要>

DevOpsファンダメンタル試験は、試験機関APMGとISQIが配信しています。受験には専用のバウチャーが必要となります。


<試験要件>

受験にあたっての必須要件はありませんが、DASA DevOpsファンダメンタル(本コース)を受講していることを推奨します。


<試験情報>

提供方法 オンラインまたは紙媒体
資料の持ち込み 不可。試験中にメモをとるためのコピー用紙などは持ち込み可能
試験監督 あり
試験時間 60分間。試験言語が母国語でない受験者には15分の延長あり
問題数 40問
合格ライン 65%(26問正答)


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 提供必須情報について
本コースをご受講いただくにあたり、受講者様の下記情報が必要となります。
お手数ですが、お申し込みフォームの該当欄にご入力をお願いいたします。
 ・受講者氏名
 ・フリガナ
 ・ローマ字氏名
 ・メールアドレス

3. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・ローマ字、メールアドレスは、
主催会社である 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック へ提供させていただきます。
[オンライン開催]DASA DevOps Coach(試験つき)

◆オンライン研修環境

お申込み前に、必ず下記ページをご確認いただきますようお願いいたします。

※開催日程ごとに、利用ツール(Zoomまたは、Webex)が異なります。お客様のご利用環境に合わせて、日程をご検討ください。

・オンラインLive研修について


◆コース説明

DASA DevOps Coach ™認定は、パフォーマンスの高い個人、チーム、および組織が変化するきっかけになる準備ができるよう設計されています。

DevOpsコーチは、DevOpsの原則を提唱し、その真の精神をどのように定着させるかを理解しており、自己組織化された高パフォーマンスのチームを構築する上で重要な役割を果たします。

IT業界の他のすべてのトレンドと同様に、DevOpsの採用も、潜在的な誤解を免れないわけではありません。

関連するツールと技術に加えて、DevOpsは主に、新しい考え方、行動、新しい組織、新しい働き方へのカルチャーシフト(文化的転換)を伴います。


DASA DevOpsコーチは、組織内のチームメンバーとチームを、新しい考え方、行動、組織、および働き方を備えた高パフォーマンスチームに成長させることで、現場に目覚ましい貢献をしています。

コーチの目的は、チームがDevOpsのスキル、知識、および行動を開発して、自給自足できるようになり、DevOpsの利点を十分に活用できるようにすることです。

コーチは、チームが組織に貢献し、DevOpsの採用に意味を見出すことができるように、チームをより有能で充実したものにすることを促進します。

コーチとして、チームでのデリバリーをスピードアップし、透明性を高め、継続的な改善の考え方を構築するのに役立ちます。

組織レベルでは、戦略的なコーチングを提供し、組織が変革の目標を達成するのを支援します。


DASA DevOps Coachプログラムは、効果的なDevOps Coachとして働くためのプロフェッショナルを準備できるように設計されています。

この集中的な演習中心のコースで受講者は、成功するDevOpsコーチの特徴に精通し、DASAのコーチングモデルについて学び、チームや組織にDASA DevOpsコンピテンシーモデルを適用できるようになります。


認定資格: DASA DevOps Coach

認定機関: DevOps Agile Skills

提供言語: 英語 ※講義、配布資料、試験すべて英語での提供となります

PMI®PDUs:36


◆試験説明

<試験概要>

DASA DevOps Coach試験は、APMGとiSQIによって提供されます。参加者とトレーニング組織は、ITpreneursを通じて試験のバウチャーを取得できます。


<試験要件>

正式な前提条件はありませんが、参加者はDASA DevOps Coachコース(本コース)を修了していることをお勧めします。


<試験情報>

提供方法 オンラインまたは紙媒体
資料の持ち込み 不可
試験監督 あり
試験時間 90分間。試験言語が母国語でない受験者には+15分の延長時間あり
問題数 シナリオに基づいた、10問の多岐選択式問題
合格ライン 65%


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 提供必須情報について
本コースをご受講いただくにあたり、受講者様の下記情報が必要となります。
お手数ですが、お申し込みフォームの該当欄にご入力をお願いいたします。
 ・受講者氏名
 ・フリガナ
 ・ローマ字氏名
 ・メールアドレス

3. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・ローマ字、メールアドレスは、
主催会社である 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック へ提供させていただきます。
[オンライン開催]Lean ITファンデーションコース(試験つき)

◆オンライン研修環境

お申込み前に、必ず下記ページをご確認いただきますようお願いいたします。

※開催日程ごとに、利用ツール(Zoomまたは、Webex)が異なります。お客様のご利用環境に合わせて、日程をご検討ください。

・オンラインLive研修について


◆コース説明

リーンITは、IT組織がビジネスに対して継続的に貢献できる、顧客志向型の、効率的で透明性のあるIT組織に変化していくために適用されます。

本コースでは、リーンIT基礎の要素を網羅します。

講義とディスカッションを組み合わせたインタラクティブなアプローチで理解を進めます。

講義では、職場で実際に発生しうる具体的な事例を提示しながら説明を行い、積極的な説明や発表の場を設けながら進めます。

また、充実した試験対策も行います。最終日にはLean IT ファンデーション試験を受験します。

認定資格: Lean IT Foundation

言語: 日本語

PMI®PDUs: 14 (T:3, L:3, S:8)


◆試験説明

<試験要件>

特になし


<試験情報>

概要 クローズドブック(持ち込み不可)形式で、多肢選択式の問題が40問出題
試験時間 60分間
合格ライン 40問中28問以上(正答率65%以上)


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 提供必須情報について
本コースをご受講いただくにあたり、受講者様の下記情報が必要となります。
お手数ですが、お申し込みフォームの該当欄にご入力をお願いいたします。
 ・受講者氏名
 ・フリガナ
 ・ローマ字氏名
 ・メールアドレス

3. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・ローマ字、メールアドレスは、
主催会社である 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック へ提供させていただきます。