クラウドネイティブ道場研修 一覧

コースフロー

自動化トレーニング/クラウドネイティブ道場 Selenium基礎 Terraform 101:初級 -Terraformを使ったモダンな環境構築- Jenkins 基礎 Jenkins 管理 - 基礎 Jenkinsパイプライン 基礎 Jenkinsパイプライン 中級 Ranorex基礎 Ranorex応用 全体像から理解するクラウドネイティブ基礎-VM⇔コンテナ、クラウドサービスの利用、プロセスの自動化- サーバーレスアプリケーション開発-Lambda、API Gateway、Cognito- レガシーアプリのコンテナ環境への移行-コンテナ化、データの永続化、Kubernetes Operator- マネージドサービスで始めるCI/CD-パイプラインによる開発・運用プロセス自動化- 動的なクラウドネイティブ環境のメトリクス監視入門-Prometheusを使用した監視/Grafanaを使用した可視化- Kubernetesにおける運用基本操作-スケーリング、サービスメッシュ、自動復旧、コンテナセキュリティ- Terraform、Ansible を使ったインフラストラクチャアズコード入門-マルチクラウド実現に向けて-

クラウドネイティブ道場研修 一覧

全体像から理解するクラウドネイティブ基礎
-VM⇔コンテナ、クラウドサービスの利用、プロセスの自動化-

現代のエンタープライズ・システムでは、Docker、Kubernetesといったいわゆるクラウドネイティブな技術やツールを活用し、堅牢かつスケーラブルなシステム基盤の構築や、柔軟でメンテナンス性に優れたアプリケーションの開発、さらには高度に自動化されたシステム運用が進められています。

このようにクラウドネイティブに関する技術要素が急速に拡充していく一方で、クラウドネイティブに関係した技術スタックが分散し、全体像を把握する事がますます困難となり、クラウドネイティブ人材を育成するロードマップが複雑化しているといった課題があります。


この課題に対処するために、実際のクラウドサービス上(※)でクラウドネイティブを段階的に導入していく方法を、随時ハンズオンを織り交ぜながら体験していきます。

その過程で、基本的なツールの操作、DockerコンテナやKubernetesサービスの作成・連携、管理のための環境設定方法及び、CIツールを利用したプロセスの自動化についても学べます。

このコースを受講することで、クラウドネイティブの技術領域に携わるための基礎を体験することができます。


※このトレーニングでは、クラウドネイティブ環境としてAWSを使用します。


※コース改定のお知らせ※
本コースは、『クラウドネイティブ基礎』の改定版となります。

[オンライン開催]全体像から理解するクラウドネイティブ基礎
-VM⇔コンテナ、クラウドサービスの利用、プロセスの自動化-

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:Mattermost

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 ・ページ下段『実行環境』欄記載の■の項目をご自身でご用意ください。

・WiFi環境(以下に制約が無い事をご確認ください。)
 構築いただく環境にサーバ証明なしのhttp://でのアクセスや、
 3000番・8080番などのポートを使う場面がございます。

・マイク

・拡張ディスプレイをご用意いただくと、効率良くご受講いただけます。
 (1つをZoomで受講用、もう一つを演習作業用)


コース説明

現代のエンタープライズ・システムでは、Docker、Kubernetesといったいわゆるクラウドネイティブな技術やツールを活用し、堅牢かつスケーラブルなシステム基盤の構築や、柔軟でメンテナンス性に優れたアプリケーションの開発、さらには高度に自動化されたシステム運用が進められています。

このようにクラウドネイティブに関する技術要素が急速に拡充していく一方で、クラウドネイティブに関係した技術スタックが分散し、全体像を把握する事がますます困難となり、クラウドネイティブ人材を育成するロードマップが複雑化しているといった課題があります。

この課題に対処するために、実際のクラウドサービス上(※)でクラウドネイティブを段階的に導入していく方法を、随時ハンズオンを織り交ぜながら体験していきます。

その過程で、基本的なツールの操作、DockerコンテナやKubernetesサービスの作成・連携、管理のための環境設定方法及び、CIツールを利用したプロセスの自動化についても学べます。

このコースを受講することで、クラウドネイティブの技術領域に携わるための基礎を体験することができます。


※このトレーニングでは、クラウドネイティブ環境としてAWSを使用します。


※コース改定のお知らせ※
本コースは、『[オンライン開催]クラウドネイティブ基礎』の改定版となります。

サーバーレスアプリケーション開発
-Lambda、API Gateway、Cognito-

新規サービスを迅速にリリースするためにサーバレスコンピューティングを採用する事例が多く見られます。

サーバレスコンピューティングでは、システムインフラの管理を抽象化してビジネスロジックに開発リソースを集中できます。

しかし、オンプレミスの開発経験者をサーバーレスのアプリケーション開発人材に移行するための環境条件が整備できずに、人材育成が困難となっているいう課題もあります。


本コースでは、この課題の対策として、実際のAWS上でサーバレスアーキテクチャを段階的に導入する方法を、随時ハンズオンを織り交ぜながら体験していきます。

そしてその過程で、基本的な開発環境の操作、関数の作成・連携、管理のための環境設定方法を習得できます。

本コースを受講することで、サーバレスアーキテクチャの技術領域に携わるための基礎を体験することができます。


※このトレーニングでは、 クラウド環境としてAWSを使用します。

[オンライン開催]サーバーレスアプリケーション開発
-Lambda、API Gateway、Cognito-

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:Mattermost

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 ・ページ下段『実行環境』欄記載の■の項目をご自身でご用意ください。

・WiFi環境(以下に制約が無い事をご確認ください。)
 構築いただく環境にサーバ証明なしのhttp://でのアクセスや、
 3000番・8080番などのポートを使う場面がございます。

・マイク

・拡張ディスプレイをご用意いただくと、効率良くご受講いただけます。
 (1つをZoomで受講用、もう一つを演習作業用)


コース説明

新規サービスを迅速にリリースするためにサーバレスコンピューティングを採用する事例が多く見られます。

サーバレスコンピューティングでは、システムインフラの管理を抽象化してビジネスロジックに開発リソースを集中できます。

しかし、オンプレミスの開発経験者をサーバーレスのアプリケーション開発人材に移行するための環境条件が整備できずに、人材育成が困難となっているいう課題もあります。


本コースでは、この課題の対策として、実際のAWS上でサーバレスアーキテクチャを段階的に導入する方法を、随時ハンズオンを織り交ぜながら体験していきます。

そしてその過程で、基本的な開発環境の操作、関数の作成・連携、管理のための環境設定方法を習得できます。

本コースを受講することで、サーバレスアーキテクチャの技術領域に携わるための基礎を体験することができます。


※このトレーニングでは、 クラウド環境としてAWSを使用します。

レガシーアプリのコンテナ環境への移行
-コンテナ化、データの永続化、Kubernetes Operator-

現代のエンタープライズ・システムでは、Docker、Kubernetesなどの技術を取り込み、よりスケーラブルで堅牢なシステムの構築、運用が可能となるクラウドネイティブなシステムの活用が進められており、この クラウドネイティブに関する技術要素が急速に拡充しています。

しかし現状、オンプレミス環境で実行されているアプリケーションを、クラウドネイティブ環境へ移行するためのロードマップは、まだまだ事例が少ない上に、ますます複雑化しているといった課題があります。


本コースでは、この課題の対策として、オンプレミス環境で実行されているレガシーアプリケーションをクラウドサービス上(※)のコンテナ環境へ段階的に移行する方法を、随時ハンズオンを織り交ぜながら体験していきます。

本コースを受講することで、オンプレミスのレガシーアプリケーションをコンテナ環境に移行するための基礎を体験することができます。


※このトレーニングでは、 クラウド環境としてAWSを使用します。


※コース改定のお知らせ※
本コースは、『オンプレ移行』の改定版となります。

[オンライン開催]レガシーアプリのコンテナ環境への移行
-コンテナ化、データの永続化、Kubernetes Operator-

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:Mattermost

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 ・ページ下段『実行環境』欄記載の■の項目をご自身でご用意ください。

・WiFi環境(以下に制約が無い事をご確認ください。)
 構築いただく環境にサーバ証明なしのhttp://でのアクセスや、
 3000番・8080番などのポートを使う場面がございます。

・マイク

・拡張ディスプレイをご用意いただくと、効率良くご受講いただけます。
 (1つをZoomで受講用、もう一つを演習作業用)


コース説明

現代のエンタープライズ・システムでは、Docker、Kubernetesなどの技術を取り込み、よりスケーラブルで堅牢なシステムの構築、運用が可能となるクラウドネイティブなシステムの活用が進められており、この クラウドネイティブに関する技術要素が急速に拡充しています。

しかし現状、オンプレミス環境で実行されているアプリケーションを、クラウドネイティブ環境へ移行するためのロードマップは、まだまだ事例が少ない上に、ますます複雑化しているといった課題があります。


本コースでは、この課題の対策として、オンプレミス環境で実行されているレガシーアプリケーションをクラウドサービス上(※)のコンテナ環境へ段階的に移行する方法を、随時ハンズオンを織り交ぜながら体験していきます。

本コースを受講することで、オンプレミスのレガシーアプリケーションをコンテナ環境に移行するための基礎を体験することができます。


※このトレーニングでは、 クラウド環境としてAWSを使用します。


※コース改定のお知らせ※
本コースは、『[オンライン開催]オンプレ移行』の改定版となります。

マネージドサービスで始めるCI/CD
-パイプラインによる開発・運用プロセス自動化-

現代のエンタープライズ・システムでは、Docker、Kubernetesなどの技術を取り込み、よりスケーラブルで堅牢なシステムの構築、運用が可能となるクラウドネイティブなシステムの活用が進められており、この クラウドネイティブに関する技術要素が急速に拡充しています。

しかし、クラウドネイティブ環境で開発するためには、多数の開発・運用における作業が存在し、複雑化しているといった課題があります。


本コースでは、この課題の対策として、開発・運用プロセス(チェックアウト、ビルド、テスト、プッシュ等)の自動化を段階的に適用していく方法を、随時ハンズオンを織り交ぜながら体験していきます。

本コースを受講することで、クラウドネイティブ環境での開発・運用プロセスを自動化するための基礎を体験することができます。


※このトレーニングでは、 クラウド環境としてAWSを使用します。


※コース改定のお知らせ※
本コースは、『CI/CD -パイプラインによる開発・運用プロセス自動化-』の改定版となります。

[オンライン開催]マネージドサービスで始めるCI/CD
-パイプラインによる開発・運用プロセス自動化-

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:Mattermost

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 ・ページ下段『実行環境』欄記載の■の項目をご自身でご用意ください。

・WiFi環境(以下に制約が無い事をご確認ください。)
 構築いただく環境にサーバ証明なしのhttp://でのアクセスや、
 3000番・8080番などのポートを使う場面がございます。

・マイク

・拡張ディスプレイをご用意いただくと、効率良くご受講いただけます。
 (1つをZoomで受講用、もう一つを演習作業用)


コース説明

現代のエンタープライズ・システムでは、Docker、Kubernetesなどの技術を取り込み、よりスケーラブルで堅牢なシステムの構築、運用が可能となるクラウドネイティブなシステムの活用が進められており、この クラウドネイティブに関する技術要素が急速に拡充しています。

しかし、クラウドネイティブ環境で開発するためには、多数の開発・運用における作業が存在し、複雑化しているといった課題があります。


本コースでは、この課題の対策として、開発・運用プロセス(チェックアウト、ビルド、テスト、プッシュ等)の自動化を段階的に適用していく方法を、随時ハンズオンを織り交ぜながら体験していきます。

本コースを受講することで、クラウドネイティブ環境での開発・運用プロセスを自動化するための基礎を体験することができます。


※このトレーニングでは、 クラウド環境としてAWSを使用します。


※コース改定のお知らせ※
本コースは、『[オンライン開催]CI/CD -パイプラインによる開発・運用プロセス自動化-』の改定版となります。

動的なクラウドネイティブ環境のメトリクス監視入門
-Prometheusを使用した監視/Grafanaを使用した可視化-

現代のエンタープライズ・システムは、Docker、Kubernetesといったいわゆるクラウドネイティブと呼ばれるスケーラブルでダイナミックな環境での運用が主流となってきております。

一方で、前述のクラウドネイティブ環境においても監視やモニタリングは重要であることは変わらず、むしろスケーラブルでダイナミックだからこそ、難しくなる局面もあります。

このような環境をモニタリングし、可視化するための有用なツールとして、PrometheusとGrafanaがあり、近年、その利用は既存のオンプレミス型のモニタリングツールよりも広がりつつあります。


当研修では、PrometheusとGrafanaの基本を、クラウドネイティブ環境でのハンズオンを通じて、理解することができます。


※このトレーニングでは、クラウドネイティブ環境としてAWSを使用します。


※コース改定のお知らせ※
本コースは、『監視・モニタリング』の改定版となります。

[オンライン開催]動的なクラウドネイティブ環境のメトリクス監視入門
-Prometheusを使用した監視/Grafanaを使用した可視化-

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:Mattermost

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 ・ページ下段『実行環境』欄記載の■の項目をご自身でご用意ください。

・WiFi環境(以下に制約が無い事をご確認ください。)
 構築いただく環境にサーバ証明なしのhttp://でのアクセスや、
 3000番・8080番などのポートを使う場面がございます。

・マイク

・拡張ディスプレイをご用意いただくと、効率良くご受講いただけます。
 (1つをZoomで受講用、もう一つを演習作業用)


コース説明

現代のエンタープライズ・システムは、Docker、Kubernetesといったいわゆるクラウドネイティブと呼ばれるスケーラブルでダイナミックな環境での運用が主流となってきております。

一方で、前述のクラウドネイティブ環境においても監視やモニタリングは重要であることは変わらず、むしろスケーラブルでダイナミックだからこそ、難しくなる局面もあります。

このような環境をモニタリングし、可視化するための有用なツールとして、PrometheusとGrafanaがあり、近年、その利用は既存のオンプレミス型のモニタリングツールよりも広がりつつあります。


当研修では、PrometheusとGrafanaの基本を、クラウドネイティブ環境でのハンズオンを通じて、理解することができます。


※このトレーニングでは、クラウドネイティブ環境としてAWSを使用します。


※コース改定のお知らせ※
本コースは、『[オンライン開催]監視・モニタリング』の改定版となります。

Kubernetesにおける運用基本操作
-スケーリング、サービスメッシュ、自動復旧、コンテナセキュリティ-

現代のエンタープライズ・システムでは、Docker、Kubernetesなどの技術を取り込み、よりスケーラブルで堅牢なシステムの構築、運用が可能となるクラウドネイティブなシステムの活用が進められており、このクラウドネイティブに関する技術要素が急速に拡充しています。

しかし、クラウドネイティブなシステムにおける運用タスクにはどのようなものがあるのか、また、どのように行っていくべきなのかを把握・理解出来ている人は少ないのではないでしょうか。


本コースでは、Kubernetesでの運用を中心に、クラウドネイティブなシステムでの基本的な運用操作を紹介します。

また、マイクロサービスの運用に不可欠なサービスメッシュやランタイム時のコンテナセキュリティについても、ハンズオンを通じて、理解することができます。


※このトレーニングでは、クラウドネイティブ環境としてAWSを使用します。


※コース改定のお知らせ※
本コースは、『運用基本操作』の改定版となります。

[オンライン開催]Kubernetesにおける運用基本操作
-スケーリング、サービスメッシュ、自動復旧、コンテナセキュリティ-

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:Mattermost

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 ・ページ下段『実行環境』欄記載の■の項目をご自身でご用意ください。

・WiFi環境(以下に制約が無い事をご確認ください。)
 構築いただく環境にサーバ証明なしのhttp://でのアクセスや、
 3000番・8080番などのポートを使う場面がございます。

・マイク

・拡張ディスプレイをご用意いただくと、効率良くご受講いただけます。
 (1つをZoomで受講用、もう一つを演習作業用)


コース説明

現代のエンタープライズ・システムでは、Docker、Kubernetesなどの技術を取り込み、よりスケーラブルで堅牢なシステムの構築、運用が可能となるクラウドネイティブなシステムの活用が進められており、このクラウドネイティブに関する技術要素が急速に拡充しています。

しかし、クラウドネイティブなシステムにおける運用タスクにはどのようなものがあるのか、また、どのように行っていくべきなのかを把握・理解出来ている人は少ないのではないでしょうか。


本コースでは、Kubernetesでの運用を中心に、クラウドネイティブなシステムでの基本的な運用操作を紹介します。

また、マイクロサービスの運用に不可欠なサービスメッシュやランタイム時のコンテナセキュリティについても、ハンズオンを通じて、理解することができます。


※このトレーニングでは、クラウドネイティブ環境としてAWSを使用します。


※コース改定のお知らせ※
本コースは、『[オンライン開催]運用基本操作』の改定版となります。

Terraform、Ansible を使ったインフラストラクチャアズコード入門
-マルチクラウド実現に向けて-

現代のエンタープライズ・システムでは、Docker、Kubernetesなどの技術を取り込み、よりスケーラブルで堅牢なシステムの構築、 運用が可能となるクラウドネイティブなシステムの活用が進められており、このクラウドネイティブに関する技術要素が急速に拡充しています。

しかし、クラウドでの開発環境を導入するためには、多くの環境設定や画面操作が伴い、チームで導入オペレーションを共有するために、多大なコスト(マニュアル作成、トレーニング、検証)を要するといった課題があります。このような課題の対策として、クラウドリソースをコードで制御するツールを導入することが効果的です。


Terraformは、クラウド環境のリソースをテキストファイルで定義し構築実行することができるOSS製品で、Terraformを使用することで、同様の構成を別のクラウドサービス上に容易に構築することができます。

また、Ansibleは、設定ファイルに従って、ソフトウェアのインストールや設定を自動的に実行することができるOSS製品で、Terraformと組み合わせることで、クラウドリソースの構築とリソース内部の設定を自動化することができます。

本コースを受講することで、クラウド環境の構成をコード化するための基礎体験を取得することができます。


※このトレーニングでは、 クラウド環境としてAWSを使用します。


※コース改定のお知らせ※
本コースは、『マルチクラウド -TerraformによるInfrastructure as Code-』の改定版となります。

[オンライン開催]Terraform、Ansible を使ったインフラストラクチャアズコード入門
-マルチクラウド実現に向けて-

本研修は、オンラインでの開催です。オンラインオープン研修を初めてご利用の方は、はじめにこちらをご確認ください。


◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:Mattermost

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
システム要件 ・ページ下段『実行環境』欄記載の■の項目をご自身でご用意ください。

・WiFi環境(以下に制約が無い事をご確認ください。)
 構築いただく環境にサーバ証明なしのhttp://でのアクセスや、
 3000番・8080番などのポートを使う場面がございます。

・マイク

・拡張ディスプレイをご用意いただくと、効率良くご受講いただけます。
 (1つをZoomで受講用、もう一つを演習作業用)


コース説明

現代のエンタープライズ・システムでは、Docker、Kubernetesなどの技術を取り込み、よりスケーラブルで堅牢なシステムの構築、 運用が可能となるクラウドネイティブなシステムの活用が進められており、このクラウドネイティブに関する技術要素が急速に拡充しています。

しかし、クラウドでの開発環境を導入するためには、多くの環境設定や画面操作が伴い、チームで導入オペレーションを共有するために、多大なコスト(マニュアル作成、トレーニング、検証)を要するといった課題があります。このような課題の対策として、クラウドリソースをコードで制御するツールを導入することが効果的です。


Terraformは、クラウド環境のリソースをテキストファイルで定義し構築実行することができるOSS製品で、Terraformを使用することで、同様の構成を別のクラウドサービス上に容易に構築することができます。

また、Ansibleは、設定ファイルに従って、ソフトウェアのインストールや設定を自動的に実行することができるOSS製品で、Terraformと組み合わせることで、クラウドリソースの構築とリソース内部の設定を自動化することができます。

本コースを受講することで、クラウド環境の構成をコード化するための基礎体験を取得することができます。


※このトレーニングでは、 クラウド環境としてAWSを使用します。


※コース改定のお知らせ※
本コースは、『[オンライン開催]マルチクラウド -TerraformによるInfrastructure as Code-』の改定版となります。