基盤構築・運用研修 一覧

基盤構築・運用研修 一覧

Pythonによるネットワーク運用自動化入門
~Pythonスクリプトを活用したネットワーク機器の運用自動化-入門編~

Pythonスクリプトを使用し、ルータ等のネットワーク機器の設定や確認の自動化を行う方法をご紹介します。

ネットワーク機器の運用業務を行っている方で、普段プログラミングを行うことのない方々がPythonのスクリプトを使って運用の自動化するための手始めとして、ライブラリを活用したPythonスクリプトを作成する方法をご案内します。

コース内の演習では、自分で作成したPythonスクリプトにてルータへ自動でtelnetし、様々な確認コマンドの実行や設定変更を行います。日々のネットワーク機器に関する運用管理作業をPythonスクリプトを使用し省力化するための入門コースです。

ネットワーク機器を運用している方がよく使用する「Tera Termのマクロ機能」同様の処理をPythonのスクリプトで実行するための技術等も習得できます。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。
[オンライン開催]Pythonによるネットワーク運用自動化入門
~Pythonスクリプトを活用したネットワーク機器の運用自動化-入門編~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

Pythonスクリプトを使用し、ルータ等のネットワーク機器の設定や確認の自動化を行う方法をご紹介します。

ネットワーク機器の運用業務を行っている方で、普段プログラミングを行うことのない方々がPythonのスクリプトを使って運用の自動化するための手始めとして、ライブラリを活用したPythonスクリプトを作成する方法をご案内します。

コース内の演習では、自分で作成したPythonスクリプトにてルータへ自動でtelnetし、様々な確認コマンドの実行や設定変更を行います。日々のネットワーク機器に関する運用管理作業をPythonスクリプトを使用し省力化するための入門コースです。

ネットワーク機器を運用している方がよく使用する「Tera Termのマクロ機能」同様の処理をPythonのスクリプトで実行するための技術等も習得できます。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。 
Pythonによるネットワーク運用コンフィグ編
~Pythonを使用した設定ファイル作成や出力結果の操作~

本コースの前提コース「Pythonによるネットワーク運用自動化入門」の次のステップとして、Pythonスクリプトとエクセルとの連携をより詳しく扱い、Pythonスクリプトからのエクセル操作に関してインフラ構築や運用業務で活用する方法をご紹介します。

具体的には、ルータ等のネットワーク機器の設定ファイルから必要な情報を抽出しエクセルのパラメータシートをPythonスクリプトを使って生成する方法や、エクセルのパラメータシートからルータ等のネットワーク機器の設定ファイルをPythonスクリプトを使って作成する方法を紹介します。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。
[オンライン開催]Pythonによるネットワーク運用コンフィグ編
~Pythonを使用した設定ファイル作成や出力結果の操作~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

本コースの前提コース「Pythonによるネットワーク運用自動化入門」の次のステップとして、Pythonスクリプトとエクセルとの連携をより詳しく扱い、Pythonスクリプトからのエクセル操作に関してインフラ構築や運用業務で活用する方法をご紹介します。

具体的には、ルータ等のネットワーク機器の設定ファイルから必要な情報を抽出しエクセルのパラメータシートをPythonスクリプトを使って生成する方法や、エクセルのパラメータシートからルータ等のネットワーク機器の設定ファイルをPythonスクリプトを使って作成する方法を紹介します。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。 
インフラエンジニアのためのRobot Framework入門
~Pythonを使ったネットワーク試験の自動化~

近年、Pythonを使ったネットワーク機器の設定の自動化やネットワークの運用の自動化が行われています。

この流れの中で、ネットワーク機器の動作試験までPythonで自動化を行っているケースがあります。

Robot Frameworkは、このような試験の自動化を容易にしてくれます。

また、Robot Frameworkは試験結果をわかりやすいHTMLに出力するレポーティング機能を兼ね備えているため、Robot Frameworkを使用することで試験結果を簡単に確認することもできます。

このコースでは、Robot Frameworkの基本的な使い方を紹介します。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。
[オンライン開催]インフラエンジニアのためのRobot Framework入門
~Pythonを使ったネットワーク試験の自動化~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

近年、Pythonを使ったネットワーク機器の設定の自動化やネットワークの運用の自動化が行われています。

この流れの中で、ネットワーク機器の動作試験までPythonで自動化を行っているケースがあります。

Robot Frameworkは、このような試験の自動化を容易にしてくれます。

また、Robot Frameworkは試験結果をわかりやすいHTMLに出力するレポーティング機能を兼ね備えているため、Robot Frameworkを使用することで試験結果を簡単に確認することもできます。

このコースでは、Robot Frameworkの基本的な使い方を紹介します。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。 
システム・仮想基盤構築トレーニング(ネットワーク仮想化/SDN分野)
~SDN(Software Defined Network)環境の構築~

VMware NSX-T DataCenterを使用したSDN(Software Defined Network)環境の基本的な操作と構成を理解します。

VMware NSX-T DataCenterは多くの企業で導入が進んでいる代表的なネットワーク仮想化/SDN製品です。

VMware NSX-T DataCenterではネットワーク仮想化/SDNを実現するために、スイッチ/ルータ/ロードバランサー/VPN/ファイアウォール/IDSなどの機能を有しており、単一ベンダー製品によるオールインワン構成でセキュアなSDN環境を実現できます。

従来の物理機器を単純に仮想アプライアンスにしたのではなく、分散スイッチ/分散ルータ/分散ファイアウォールなど、仮想環境に最適化された実装技術が使用されています。

本研修では、NSX-Tで使用されている多くの技術に関して、要点を押さえたテキストと多くの演習を使用して、実装技術を習得します。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキスト・演習資料について
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
なお、コースで使用する演習資料は、演習の理解度が上がるよう、分かりやすく説明されたCTCテクノロジー株式会社オリジナルの演習資料を使用いたします。

3. 当日用意する機材の日本語メニュー操作
VMware NSX-T DataCenter操作は、日本語メニュー表示をご用意いたします。
日本語メニューにて操作・設定等が行えます。
[オンライン開催]システム・仮想基盤構築トレーニング(ネットワーク仮想化/SDN分野)
~SDN(Software Defined Network)環境の構築~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

VMware NSX-T DataCenterを使用したSDN(Software Defined Network)環境の基本的な操作と構成を理解します。

VMware NSX-T DataCenterは多くの企業で導入が進んでいる代表的なネットワーク仮想化/SDN製品です。

VMware NSX-T DataCenterではネットワーク仮想化/SDNを実現するために、スイッチ/ルータ/ロードバランサー/VPN/ファイアウォール/IDSなどの機能を有しており、単一ベンダー製品によるオールインワン構成でセキュアなSDN環境を実現できます。

従来の物理機器を単純に仮想アプライアンスにしたのではなく、分散スイッチ/分散ルータ/分散ファイアウォールなど、仮想環境に最適化された実装技術が使用されています。

本研修では、NSX-Tで使用されている多くの技術に関して、要点を押さえたテキストと多くの演習を使用して、実装技術を習得します。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキスト・演習資料について
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
なお、コースで使用する演習資料は、演習の理解度が上がるよう、分かりやすく説明されたCTCテクノロジー株式会社オリジナルの演習資料を使用いたします。
システム・仮想基盤構築トレーニング(仮想化分野)
~サーバ仮想化のHands-Onトレーニング~

本コースでは、VMware vSphereを使用することで、構築したIT環境でどのようにサーバ仮想化技術が使用されているのかを効率的に学習していきます。

実習を通してVMware vSphereの主要機能を効率的に復習する方にも最適です。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。

※本コースはシステム・仮想基盤構築トレーニングコースのストレージ分野を対象としています。

※演習で操作する仮想化製品は、VMware社のVMware vSphereを使用致します。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキスト・演習資料・補足資料について
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
なお、コースで使用する演習資料は、演習の理解度が上がるよう、分かりやすく説明されたCTCテクノロジー株式会社オリジナルの演習資料を使用いたします。
[オンライン開催]システム・仮想基盤構築トレーニング(仮想化分野)
~サーバ仮想化のHands-Onトレーニング~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

本コースでは、VMware vSphereを使用することで、構築したIT環境でどのようにサーバ仮想化技術が使用されているのかを効率的に学習していきます。

実習を通してVMware vSphereの主要機能を効率的に復習する方にも最適です。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。

※本コースはシステム・仮想基盤構築トレーニングコースのストレージ分野を対象としています。

※演習で操作する仮想化製品は、VMware社のVMware vSphereを使用致します。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキスト・演習資料・補足資料について
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
なお、コースで使用する演習資料は、演習の理解度が上がるよう、分かりやすく説明されたCTCテクノロジー株式会社オリジナルの演習資料を使用いたします。
システム・仮想基盤構築トレーニング(ストレージ分野)
~仮想化・クラウド・SANで役立つストレージ技術入門~

ストレージシステムの基本的な概念・機能を学習し、サーバ構築、仮想化構築で有用なエンジニアになるためベース技術を身に付けることを目的とします。

また、SAN(ストレージエリアネットワーク)の各種用語を理解して、基本的なストレージネットワーク設定ができるようになることを目的とします。

SANを構成する際に使用するFibre ChannelやiSCSIの概念・機能・メリット/デメリットをわかりやすく紹介します。

ストレージ製品を使用した実機演習を通して、講義内容の理解を深めます。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。

※本コースはシステム・仮想基盤構築トレーニングコースのストレージ分野を対象としています。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキスト・演習資料・補足資料について
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
なお、コースで使用する演習資料は、演習の理解度が上がるよう、分かりやすく説明されたCTCテクノロジー株式会社オリジナルの演習資料を使用いたします。
[オンライン開催]システム・仮想基盤構築トレーニング(ストレージ分野)
~仮想化・クラウド・SANで役立つストレージ技術入門~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

ストレージシステムの基本的な概念・機能を学習し、サーバ構築、仮想化構築で有用なエンジニアになるためベース技術を身に付けることを目的とします。

また、SAN(ストレージエリアネットワーク)の各種用語を理解して、基本的なストレージネットワーク設定ができるようになることを目的とします。

SANを構成する際に使用するFibre ChannelやiSCSIの概念・機能・メリット/デメリットをわかりやすく紹介します。

ストレージ製品を使用した実機演習を通して、講義内容の理解を深めます。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。

※本コースはシステム・仮想基盤構築トレーニングコースのストレージ分野を対象としています。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキスト・演習資料・補足資料について
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
なお、コースで使用する演習資料は、演習の理解度が上がるよう、分かりやすく説明されたCTCテクノロジー株式会社オリジナルの演習資料を使用いたします。
システム・仮想基盤構築トレーニング(HCI分野)
~VMwareで始めるハイパーコンバージド入門~

VMware vSANを使用したHCI(Hyper Converged Infrastructure)環境の基本的な操作と構成を理解します。

VMware vSANは多くの企業で導入が進んでいる代表的なストレージ仮想化/HCI製品です。

VMware vSANではストレージ仮想化/HCIを実現するために、VMware ESXi上にソフトウェアが組み込まれており、既存のVMware環境から容易に構築することが可能です。

従来のネットワークストレージ製品の単なる置き換えではなく、サーバごとにスケールアップやスケールアウトが可能です。

本コースでは、VMware vSANで使用されている多くの技術に関して、要点を押さえたテキストと多くの演習を使用して、実装技術を習得します。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。

※本コース、はシステム・仮想基盤構築トレーニングコースのHCI分野を対象としています。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキスト・演習資料について
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
なお、コースで使用する演習資料は、演習の理解度が上がるよう、分かりやすく説明されたCTCテクノロジー株式会社オリジナルの演習資料を使用いたします。

3. 当日用意する機材の日本語メニュー操作
VMware NSX-T DataCenter操作は、日本語メニュー表示をご用意いたします。
日本語メニューにて操作・設定等が行えます。
[オンライン開催]システム・仮想基盤構築トレーニング(HCI分野)
~VMwareで始めるハイパーコンバージド入門~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

VMware vSANを使用したHCI(Hyper Converged Infrastructure)環境の基本的な操作と構成を理解します。

VMware vSANは多くの企業で導入が進んでいる代表的なストレージ仮想化/HCI製品です。

VMware vSANではストレージ仮想化/HCIを実現するために、VMware ESXi上にソフトウェアが組み込まれており、既存のVMware環境から容易に構築することが可能です。

従来のネットワークストレージ製品の単なる置き換えではなく、サーバごとにスケールアップやスケールアウトが可能です。

本コースでは、VMware vSANで使用されている多くの技術に関して、要点を押さえたテキストと多くの演習を使用して、実装技術を習得します。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。

※本コース、はシステム・仮想基盤構築トレーニングコースのHCI分野を対象としています。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキスト・演習資料について
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
なお、コースで使用する演習資料は、演習の理解度が上がるよう、分かりやすく説明されたCTCテクノロジー株式会社オリジナルの演習資料を使用いたします。
システム・仮想基盤構築トレーニング(ロードバランサ分野)
~トラフィックの効果的な分散方法~

このコースでは、ロードバランサの概要と、ロードバランサを使用する上で必須となる基本技術を学習します。

わかり易いオリジナルテキストを利用した演習に加え、運用時の推奨や注意点なども紹介するため、実践的な力も身につける事が可能です。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。

※本コースはシステム・仮想基盤構築トレーニングコースのロードバランサ分野を対象としています。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキスト・演習資料について
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
なお、コースで使用する演習資料は、演習の理解度が上がるよう、分かりやすく説明されたCTCテクノロジー株式会社オリジナルの演習資料を使用いたします。
[オンライン開催]システム・仮想基盤構築トレーニング(ロードバランサ分野)
~トラフィックの効果的な分散方法~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

このコースでは、ロードバランサの概要と、ロードバランサを使用する上で必須となる基本技術を学習します。

わかり易いオリジナルテキストを利用した演習に加え、運用時の推奨や注意点なども紹介するため、実践的な力も身につける事が可能です。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。

※本コースはシステム・仮想基盤構築トレーニングコースのロードバランサ分野を対象としています。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキスト・演習資料について
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
なお、コースで使用する演習資料は、演習の理解度が上がるよう、分かりやすく説明されたCTCテクノロジー株式会社オリジナルの演習資料を使用いたします。
KVM入門
~KVMを使用した仮想化環境の構築と運用・管理方法について~

Linuxカーネルに標準搭載されている仮想化技術であるKVMを使用して、仮想化環境を構築する方法と運用に必要な技術を習得するコースです。

実践的な構築と運用・管理技術を着実に習得できるよう、実習を多く取り入れた形式でトレーニングを行います。


※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。

※内容は今後の調整により変更になる場合があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキストについて
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
[オンライン開催]KVM入門
~KVMを使用した仮想化環境の構築と運用・管理方法について~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

Linuxカーネルに標準搭載されている仮想化技術であるKVMを使用して、仮想化環境を構築する方法と運用に必要な技術を習得するコースです。

実践的な構築と運用・管理技術を着実に習得できるよう、実習を多く取り入れた形式でトレーニングを行います。


※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。

※内容は今後の調整により変更になる場合があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
Linuxシステム管理
~Linux OS運用業務のHow to~

本コースでは、Linuxシステムの運用時に必要となるさまざまな管理機能を学習します。


Linuxはサーバプラットフォームとして多くの企業に採用されているオペレーティングシステムです。


本コースでは、Linuxの管理機能のうち、どんなサーバプラットフォーム環境として使用する場合にも必要となる基本的な項目を重点的に紹介します。

テキストは、具体的な操作例および豊富な実習を盛り込んだCTCTオリジナルのものを使用します。


※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキストについて
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
[オンライン開催]Linuxシステム管理
~Linux OS運用業務のHow to~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

本コースでは、Linuxシステムの運用時に必要となるさまざまな管理機能を学習します。


Linuxはサーバプラットフォームとして多くの企業に採用されているオペレーティングシステムです。


本コースでは、Linuxの管理機能のうち、どんなサーバプラットフォーム環境として使用する場合にも必要となる基本的な項目を重点的に紹介します。

テキストは、具体的な操作例および豊富な実習を盛り込んだCTCTオリジナルのものを使用します。


※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
Linuxネットワーク管理
~Linuxのネットワーク管理のHow to~

本コースでは、Linuxのネットワーク環境に接続するための設定と、クライアントサーバ管理の基礎を紹介します。


本コースは、単純にLinuxの設定方法だけを紹介するコースではありません。


ネットワークやサーバソフトウェアは、設定するだけであれば手順書を見れば誰でもできます。

しかし、「要望に合わせて環境を構築ができそうかできなさそうか判断する」「トラブル発生時に問題点を切り分ける」「別のサーバ技術を学習する」などを行おうとすると、とたんに難しく感じことがあるでしょう。

それは、
 ・今作業を行っている機能はTCP/IPのどの部分なのか
 ・通信プロトコルとはなんなのか
 ・通信プロトコルが標準化されているメリットはなんなのか
 ・どのサーバにもある「サーバの基本機能」はなんなのか

などの基本概念をあいまいにしているからです。


本コースでは、Linuxのネットワーク関連の具体的な設定方法やコマンドの操作方法とともに、そういった概念も含めて紹介します。テキストはCTCTオリジナルのものを使用します。


※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキストについて
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
[オンライン開催]Linuxネットワーク管理
~Linuxのネットワーク管理のHow to~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

本コースでは、Linuxのネットワーク環境に接続するための設定と、クライアントサーバ管理の基礎を紹介します。


本コースは、単純にLinuxの設定方法だけを紹介するコースではありません。


ネットワークやサーバソフトウェアは、設定するだけであれば手順書を見れば誰でもできます。

しかし、「要望に合わせて環境を構築ができそうかできなさそうか判断する」「トラブル発生時に問題点を切り分ける」「別のサーバ技術を学習する」などを行おうとすると、とたんに難しく感じことがあるでしょう。


それは、
 ・今作業を行っている機能はTCP/IPのどの部分なのか
 ・通信プロトコルとはなんなのか
 ・通信プロトコルが標準化されているメリットはなんなのか
 ・どのサーバにもある「サーバの基本機能」はなんなのか

などの基本概念をあいまいにしているからです。


本コースでは、Linuxのネットワーク関連の具体的な設定方法やコマンドの操作方法とともに、そういった概念も含めて紹介します。テキストはCTCTオリジナルのものを使用します。


※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
Linuxインターネットサーバ構築
~Web/Proxy/DNS/メールサーバを構築するための基礎と応用~

Linuxのインターネット関連サーバは、導入コストが低く安定稼動実績があり、多くの企業で採用されています。

このコースでは、その中でも特にどの企業でも必要となりやすい、DNS/Web/メール関連のサーバの構築方法の基礎を学習します。

実際にこれらのサーバ構築の予定がある方のほか、インターネットサーバ構築がはじめての方の実用的な入門コースとして、また、Linuxシステム管理者のステップアップ先のコースとしても最適です。


※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキストについて
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
[オンライン開催]Linuxインターネットサーバ構築
~Web/Proxy/DNS/メールサーバを構築するための基礎と応用~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

Linuxのインターネット関連サーバは、導入コストが低く安定稼動実績があり、多くの企業で採用されています。

このコースでは、その中でも特にどの企業でも必要となりやすい、DNS/Web/メール関連のサーバの構築方法の基礎を学習します。

実際にこれらのサーバ構築の予定がある方のほか、インターネットサーバ構築がはじめての方の実用的な入門コースとして、また、Linuxシステム管理者のステップアップ先のコースとしても最適です。


※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
Linux OSセキュリティ
~Linuxシステムへの攻撃手法と、その防御方法について~

Linuxシステムへの攻撃手法と、その防御方法を通じて、Linuxシステムをセキュアに管理・保守するために必要な知識を習得するコースです。


Linuxのインターネット関連サーバは、導入コストが低く安定稼動実績があり、多くの企業で採用されています。

そのサーバが悪意のある攻撃者によって攻撃され、情報漏洩やサービス停止などの自体に陥ってしまうと、自社の業務が滞るだけでなく、クライアントからの信頼を失うことにもなりかねません。


サービスを提供できるだけでなく、セキュアで可用性の高いシステムを構築するために必要な上級コースです。テキストはCTCTオリジナルのものを使用します。


※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキストについて
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
[オンライン開催]Linux OSセキュリティ
~Linuxシステムへの攻撃手法と、その防御方法について~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

Linuxシステムへの攻撃手法と、その防御方法を通じて、Linuxシステムをセキュアに管理・保守するために必要な知識を習得するコースです。


Linuxのインターネット関連サーバは、導入コストが低く安定稼動実績があり、多くの企業で採用されています。

そのサーバが悪意のある攻撃者によって攻撃され、情報漏洩やサービス停止などの自体に陥ってしまうと、自社の業務が滞るだけでなく、クライアントからの信頼を失うことにもなりかねません。


サービスを提供できるだけでなく、セキュアで可用性の高いシステムを構築するために必要な上級コースです。テキストはCTCTオリジナルのものを使用します。


※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
無線LANトラブルシュート
~パケット解析による無線LANトラブルの調査~

無線LANのトラブルシュートに携わるネットワークエンジニアを対象としたコースです。

トラブル発生時の無線LAN環境を調査し、その原因を特定・解析する方法を学習します。

また、実際に無線LANに対してサイバー攻撃(DoS攻撃やセキュリティキーの解読など)を実施し、アクセスポイントが抱える脆弱性やインシデント(情報セキュリティに関する事件・事故)発生時の対処法について学習します。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。

※コースカリキュラムは予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキスト・演習資料について
テキスト・演習資料は、紙媒体でお渡しします。
無線LANシステム構築実践
~企業向け無線LANシステムの設計・構築・運用~

企業向け無線LANに携わるネットワークエンジニアを対象としたコースです。

ネットワークのライフサイクル(計画→設計→構築→運用)において、各フェーズで必要となる知識を、座学と実機演習を通して学習します。

RADIUSサーバや認証局の設定も実機で確認できるため、WPA/WPA2エンタープライズモードを導入予定の方に最適なコースです。


※コースカリキュラムは予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキスト・演習資料について
テキスト・演習資料は、紙媒体でお渡しします。
無線LANコントローラの概要と基本設定
~無線LANコントローラによる集中管理型無線LANの構築・運用~

近年の急速な無線LAN環境の拡大に伴い、増えすぎた無線LAN機器(アクセスポイントや無線クライアント)がネットワークの運用・管理における大きな問題となっています。

具体的には、無線LAN機器が多くなりすぎたことで機器の設定変更やファームウェアのアップデートに多大な時間や手間が掛かったり、電波干渉やセキュリティに関する問題が発生しやすくなっています。


こうした問題を解決するために登場したのが「無線LANコントローラ」です。

無線LANコントローラを導入することで、ネットワークの運用・管理に掛かる工数を大幅に削減することができます。

また、従来型のアクセスポイントでは実現することが難しい「精度の高い電波調整」や「不正なアクセスポイントの検知」、「レイヤ3ローミング」等の機能を活用することも可能です。


本コースでは、この無線LANコントローラのメリットや特徴、基本的な操作方法を座学と実機演習を通して学習します。

無線LANコントローラ初学者の方を対象にしておりますので、これまで無線LANコントローラを使ったことがない方も安心してご受講いただけます。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。

※コースカリキュラムは予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキスト・演習資料について
テキスト・演習資料は、紙媒体でお渡しします。
実践!セキュリティ(サイバー攻撃手法とその対策)
~ハンズオンで学ぶ各種ハッキング手法~

ハッキングツールを用いたハンズオンを通して、コンピュータネットワークにおける脅威とその対策について学習するコースです。

不正アクセスやDoS/DDoS攻撃といった従来型のサイバー攻撃だけでなく、最近注目を集めている「標的型攻撃」についても取り上げ、それぞれの技術的な仕組みを学習します。

また、情報セキュリティ対策の概念や、ファイアウォール(従来型/次世代)、UTM等の各種セキュリティデバイスの特徴についても学習します。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。

※コースカリキュラムは予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキストについて
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
[オンライン開催]実践!セキュリティ(サイバー攻撃手法とその対策)
~ハンズオンで学ぶ各種ハッキング手法~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

ハッキングツールを用いたハンズオンを通して、コンピュータネットワークにおける脅威とその対策について学習するコースです。

不正アクセスやDoS/DDoS攻撃といった従来型のサイバー攻撃だけでなく、最近注目を集めている「標的型攻撃」についても取り上げ、それぞれの技術的な仕組みを学習します。

また、情報セキュリティ対策の概念や、ファイアウォール(従来型/次世代)、UTM等の各種セキュリティデバイスの特徴についても学習します。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。

※コースカリキュラムは予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
実践!セキュリティ(セキュリティ運用/インシデント検知)

セキュリティ運用(セキュリティ情報の収集やパッチ管理、各種ログ分析等)のノウハウを習得するためのコースです。

日々、発見される脆弱性情報の収集方法やインシデント(セキュリティ事件)をいち早く検知するための事前準備事項、インシデント検知の観点からサーバやセキュリティデバイス(ファイアウォールやIPS、UTM等)のログを分析する手法について、座学と実機演習を通して学習します。

また、本研修の最後には、被害に発生したサーバのログを分析し、攻撃手法の特定や対処方法の検討を行っていただく総合演習をご用意しています。

実際のシステム構成を模した環境でセキュリティ運用業務を疑似体験できますので、これから運用業務に携わるという方にもお勧めです。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。

※コースカリキュラムは予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキストについて
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
[オンライン開催]実践!セキュリティ(セキュリティ運用/インシデント検知)

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

セキュリティ運用(セキュリティ情報の収集やパッチ管理、各種ログ分析等)のノウハウを習得するためのコースです。

日々、発見される脆弱性情報の収集方法やインシデント(セキュリティ事件)をいち早く検知するための事前準備事項、インシデント検知の観点からサーバやセキュリティデバイス(ファイアウォールやIPS、UTM等)のログを分析する手法について、座学と実機演習を通して学習します。

また、本研修の最後には、被害に発生したサーバのログを分析し、攻撃手法の特定や対処方法の検討を行っていただく総合演習をご用意しています。

実際のシステム構成を模した環境でセキュリティ運用業務を疑似体験できますので、これから運用業務に携わるという方にもお勧めです。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。

※コースカリキュラムは予告なく変更となる可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
実践!セキュリティ(インシデント対応/フォレンジック調査)

インシデント対応(セキュリティ被害が発生した際の対処方法)に関わるノウハウを習得するためのコースです。

インシデント調査の対象となるデジタルデータの適切な保全方法や、被害状況・原因を明らかにするための調査方法について、座学と実機演習を通して学習します。

また、マルウェアの可能性がある不審なファイルを解析(マルウェアか否かの判別や動作・振る舞いの確認)する方法についても学習します。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。

※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキストについて
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
[オンライン開催]実践!セキュリティ(インシデント対応/フォレンジック調査)

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

インシデント対応(セキュリティ被害が発生した際の対処方法)に関わるノウハウを習得するためのコースです。

インシデント調査の対象となるデジタルデータの適切な保全方法や、被害状況・原因を明らかにするための調査方法について、座学と実機演習を通して学習します。

また、マルウェアの可能性がある不審なファイルを解析(マルウェアか否かの判別や動作・振る舞いの確認)する方法についても学習します。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。

※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
速習 CSIRT構築・運用支援研修
~机上演習で学ぶセキュリティ事故対応~

CSIRT(インシデント対応チーム)の構築や運用を行う上で必要な知識を習得するコースです。

シナリオに沿ったインシデント(セキュリティ事故)対応の机上演習を通して、インシデント対応に必要な知識やCSIRTの役割を学習します。

これからCSIRTに携わる方や、今後インシデント対応を行う方に最適なコースです。

机上演習がメインなので、管理系の方にもお勧めです。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。

※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキストについて
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
[オンライン開催]速習 CSIRT構築・運用支援研修
~机上演習で学ぶセキュリティ事故対応~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

CSIRT(インシデント対応チーム)の構築や運用を行う上で必要な知識を習得するコースです。

シナリオに沿ったインシデント(セキュリティ事故)対応の机上演習を通して、インシデント対応に必要な知識やCSIRTの役割を学習します。

これからCSIRTに携わる方や、今後インシデント対応を行う方に最適なコースです。

机上演習がメインなので、管理系の方にもお勧めです。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。

※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
ネットワークファーストステップ
~ネットワーク入門~

通信の仕組みを理解するために必要な基礎概念をご紹介します。

初めてネットワークを学ぶ方、またネットワークの概念や仕組みをしっかり学び直したい方におすすめの、CTCTオリジナルコースです。

OSI参照モデル、LANの仕組み、TCP/IP、ネットワークの基礎用語などをわかりやすく解説していきます。

本コースでは、Cisco認定資格CCNAの試験範囲の基礎内容も扱います。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキストについて
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
[オンライン開催]ネットワークファーストステップ
~ネットワーク入門~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

通信の仕組みを理解するために必要な基礎概念をご紹介します。

初めてネットワークを学ぶ方、またネットワークの概念や仕組みをしっかり学び直したい方におすすめの、CTCTオリジナルコースです。

OSI参照モデル、LANの仕組み、TCP/IP、ネットワークの基礎用語などをわかりやすく解説していきます。

本コースでは、Cisco認定資格CCNAの試験範囲の基礎内容も扱います。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
システムトラブルシュート(ファーストステップ)
~問題解決のポイントとインフラ(ネットワーク/サーバ)の基礎実践~

システムの全容を把握する事の必要性、トラブルシューティングプロセスなど、システム障害における問題解決のポイントを学習します。

また学習内容を踏まえ豊富な実機でトラブルシュート演習を実施します。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。

※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. テキストについて
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙媒体でお渡しします。
[オンライン開催]システムトラブルシュート(ファーストステップ)
~問題解決のポイントとインフラ(ネットワーク/サーバ)の基礎実践~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

システムの全容を把握する事の必要性、トラブルシューティングプロセスなど、システム障害における問題解決のポイントを学習します。

また学習内容を踏まえ豊富な実機でトラブルシュート演習を実施します。


※本コースはCTCTオリジナルコースです。

※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキストについて
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。