設計・開発・テスト研修 一覧

設計・開発・テスト研修 一覧

ソフトウェアテスト、基本の「き」
~ゼロから学ぶ品質センス~

★新人・テスト未経験者向け★

テスト初心者の方を対象に実際にテストを行う事で、テストの奥深さを知り、自身の課題を明確にします。

その後ソフトウェアテストの全体像を学び、品質/テストに対する意識を向上させます。


本講座は、IT現場で新人教育を実施しているお客様の声から生まれました。

新人の品質意識をもっと向上したい、これから初めてテスト業務に携わるので基礎から学びたい、という方にオススメの講座となっております。


本講座では、ソフトウェアテスト専門会社SHIFTで実際に使用されている「テストの基礎知識」「品質に関する知識」を正しく伝授致します。

用意された仮想業務アプリケーションに対してテストを実施して頂き、バグを見つけて頂きます。独自手法では非効率であり漏れがあることに気付き、網羅的に品質を確保するためにはいくつかのコツをマスターする必要がある事を理解しながら、グループ演習では、自身が見つけられなかった理由などを話し合いながら講師からの指摘を通して、テストの奥深さを知っていただきます。自身の課題を把握した上で、品質/テストについての基礎知識を学びます。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]ソフトウェアテスト、基本の「き」
~ゼロから学ぶ品質センス~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
演習等 :Microsoft Excel
     Aipo(グループウェア)

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
※Aipoは、講義内で接続先URLを配布します。
システム要件 インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
カメラ(顔が映るようにしていただけると、ディスカッションを効果的に行うことができます)

※PC本体の他に、サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。
OS Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、macOS X (10.7以降)
CPU デュアルコア2Ghz以上
RAM 4GB以上
Webブラウザ Google Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降

※OS、CPU、RAM、Webブラウザは、Zoomのアプリケーションをインストールすることを前提とした場合の推奨環境です。


◆コース説明

★新人・テスト未経験者向け★

テスト初心者の方を対象に実際にテストを行う事で、テストの奥深さを知り、自身の課題を明確にします。

その後ソフトウェアテストの全体像を学び、品質/テストに対する意識を向上させます。


本講座は、IT現場で新人教育を実施しているお客様の声から生まれました。

新人の品質意識をもっと向上したい、これから初めてテスト業務に携わるので基礎から学びたい、という方にオススメの講座となっております。


本講座では、ソフトウェアテスト専門会社SHIFTで実際に使用されている「テストの基礎知識」「品質に関する知識」を正しく伝授致します。

用意された仮想業務アプリケーションに対してテストを実施して頂き、バグを見つけて頂きます。独自手法では非効率であり漏れがあることに気付き、網羅的に品質を確保するためにはいくつかのコツをマスターする必要がある事を理解しながら、グループ演習では、自身が見つけられなかった理由などを話し合いながら講師からの指摘を通して、テストの奥深さを知っていただきます。自身の課題を把握した上で、品質/テストについての基礎知識を学びます。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社SHIFT へ提供させていただきます。

※プロジェクトの疑似体験として折り紙を使用しますので、15cm × 15cm の紙を2枚ご用意ください。
 白紙でも色紙でも広告紙でも結構です。

ソフトウェアテスト入門
~「テストに関する知識」、「品質に関する知識」を習得~

★ソフトウェア品質のエッセンス全般を学びたい人向け★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである 「テスト入門」について学びます。

品質とは何かを考え、テストプロセスを学び、テスト技法の基礎を習得し、テスト管理の概要を理解し、品質分析の考え方を学びます。


品質あるいはソフトウェアテストに対する工程・技法・目的を知識を広く学びたい、とお考えの方にオススメの講座となっております。

ソフトウェアテストを漠然と実行していませんか?テストおよび品質の基本的な考え方・知識をしっかりと身につけましょう!


ソフトウェアテストで効率良く、バグを摘出するには正しい知識とスキルが必要です。

本講座では、ソフトウェアテスト専門会社SHIFTで実際に使用されている「テストに関する知識」「品質に関する知識」を正しく伝授いたします。

個人演習とグループディスカッションを通して、様々な知識を習得することができます。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]ソフトウェアテスト入門
~「テストに関する知識」、「品質に関する知識」を習得~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
演習等 :Microsoft Excel

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
カメラ(顔が映るようにしていただけると、ディスカッションを効果的に行うことができます)

※PC本体の他に、サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。
OS Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、macOS X (10.7以降)
CPU デュアルコア2Ghz以上
RAM 4GB以上
Webブラウザ Google Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降

※OS、CPU、RAM、Webブラウザは、Zoomのアプリケーションをインストールすることを前提とした場合の推奨環境です。


◆コース説明

★ソフトウェア品質のエッセンス全般を学びたい人向け★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである 「テスト入門」について学びます。

品質とは何かを考え、テストプロセスを学び、テスト技法の基礎を習得し、テスト管理の概要を理解し、品質分析の考え方を学びます。


品質あるいはソフトウェアテストに対する工程・技法・目的を知識を広く学びたい、とお考えの方にオススメの講座となっております。

ソフトウェアテストを漠然と実行していませんか?テストおよび品質の基本的な考え方・知識をしっかりと身につけましょう!


ソフトウェアテストで効率良く、バグを摘出するには正しい知識とスキルが必要です。

本講座では、ソフトウェアテスト専門会社SHIFTで実際に使用されている「テストに関する知識」「品質に関する知識」を正しく伝授いたします。

個人演習とグループディスカッションを通して、様々な知識を習得することができます。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社SHIFT へ提供させていただきます。

テスト自動化入門
~テストオートメーションの基礎~

★初めてのテスト自動化に最適★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである 「テスト自動化」 を学びます。

テスト自動化の基礎を学び、簡単な操作で自動テストを作ることができます。


ほとんどの方が必要性を感じているにも関わらず、ついつい後回しにしてしまいがちな「テスト自動化」。

実は意外と簡単にできるのです。自動化の導入を迷っている方に、成功するテスト自動化へのステップとその魅力、自動化のリアルな現場をお伝えします!


本講座は、その初めの一歩を踏み出すための自動化ツールの使い方入門コースです。

開発者でなくとも、最低限の前提知識のみで参加できる講座です。運用時の落とし穴など、やや応用的な内容にも踏み込みます。また、演習を通じてテスト自動化の基礎知識を学び、そのメリットを考えます。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]テスト自動化入門
~テストオートメーションの基礎~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
演習等 :Google Chrome Remote Desktop

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
カメラ(顔が映るようにしていただけると、ディスカッションを効果的に行うことができます)

※PC本体の他に、サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。
OS Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、macOS X (10.7以降)
CPU デュアルコア2Ghz以上
RAM 4GB以上
Webブラウザ Google Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降

※OS、CPU、RAM、Webブラウザは、Zoomのアプリケーションをインストールすることを前提とした場合の推奨環境です。


◆コース説明

★初めてのテスト自動化に最適★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである 「テスト自動化」 を学びます。

テスト自動化の基礎を学び、簡単な操作で自動テストを作ることができます。


ほとんどの方が必要性を感じているにも関わらず、ついつい後回しにしてしまいがちな「テスト自動化」。

実は意外と簡単にできるのです。自動化の導入を迷っている方に、成功するテスト自動化へのステップとその魅力、自動化のリアルな現場をお伝えします!


本講座は、その初めの一歩を踏み出すための自動化ツールの使い方入門コースです。

開発者でなくとも、最低限の前提知識のみで参加できる講座です。運用時の落とし穴など、やや応用的な内容にも踏み込みます。また、演習を通じてテスト自動化の基礎知識を学び、そのメリットを考えます。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社SHIFT へ提供させていただきます。

非機能テスト入門(性能・負荷、ユーザビリティ)
~注目度急上昇のテスト領域~

★近年大注目の領域★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである 「非機能テスト」 を学びます。

「非機能テスト」の重要性と全体像、及びその合格基準の決め方など、非機能テストが実施できるスキルを身につけます。


非機能テストは近年非常に注目されています。理由は「トータル品質」に対するユーザー要求が非常に厳しくなってきている為です。

パフォーマンス、セキュリティー、ユーザビリティなどの「非機能テスト」は、ソフトウェア品質を担保するうえで「機能テスト」とともに非常に重要な分野です。ですが、開発者がテストを実施する場合、どうしても仕様に基づいて「機能テスト」を優先させてしまい、「非機能テスト」は疎かになってしまいます。その結果、リリース直後にユーザーからクレームが発生!というケースが多くなっています。


本講座では、「非機能テスト」の重要性と全体像、及びその合格基準の決め方など、演習を通じて基礎知識を学びます。

「非機能テスト」全般に渡って基礎から勘所まで取り上げますので、経験の浅いエンジニアの方にも理解しやすく、また管理者の方もレビュー等、即業務でご活用出来る講座となっています。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]非機能テスト入門(性能・負荷、ユーザビリティ)
~注目度急上昇のテスト領域~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
演習等 :Microsoft Excel

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
カメラ(顔が映るようにしていただけると、ディスカッションを効果的に行うことができます)

※PC本体の他に、サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。
OS Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、macOS X (10.7以降)
CPU デュアルコア2Ghz以上
RAM 4GB以上
Webブラウザ Google Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降

※OS、CPU、RAM、Webブラウザは、Zoomのアプリケーションをインストールすることを前提とした場合の推奨環境です。


◆コース説明

★近年大注目の領域★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである 「非機能テスト」 を学びます。

「非機能テスト」の重要性と全体像、及びその合格基準の決め方など、非機能テストが実施できるスキルを身につけます。


非機能テストは近年非常に注目されています。理由は「トータル品質」に対するユーザー要求が非常に厳しくなってきている為です。

パフォーマンス、セキュリティー、ユーザビリティなどの「非機能テスト」は、ソフトウェア品質を担保するうえで「機能テスト」とともに非常に重要な分野です。ですが、開発者がテストを実施する場合、どうしても仕様に基づいて「機能テスト」を優先させてしまい、「非機能テスト」は疎かになってしまいます。その結果、リリース直後にユーザーからクレームが発生!というケースが多くなっています。


本講座では、「非機能テスト」の重要性と全体像、及びその合格基準の決め方など、演習を通じて基礎知識を学びます。

「非機能テスト」全般に渡って基礎から勘所まで取り上げますので、経験の浅いエンジニアの方にも理解しやすく、また管理者の方もレビュー等、即業務でご活用出来る講座となっています。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社SHIFT へ提供させていただきます。

テスト設計(機能テスト)
~効率的に漏れの無いテスト設計手法を習得~

★人気No.1講座★

本講座では、網羅的かつ効率的なテスト設計手法を学びます。

実践的な演習を通して、実務ですぐに活用できるスキルを身につけることができます。


ユーザーから要求された機能を満たしていることを検証する、ブラックボックステストの代表格「機能テスト」。

多くのエンジニアが経験されていると思いますが、実は、この「機能テスト」…奥が深いんです!手法によって生産性、品質を格段に上げることが出来ます。


テストの抜け漏れによって本番稼働後にバグが出る、工数が限られており無限にテストを増やすわけにはいかない、そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

・テストケースを減らすと網羅性が落ちる、一方で、網羅性を気にしてテストケースを増やすと時間や工数が足りなくなる。

・テスト設計の進め方が人によって違うので、テスト密度がコントロールできない。

上記のようなお悩みをお持ちの方には必見です。


テスト対象をもれなく洗い出す方法や、テスト観点を効率的に展開する方法、適切な組み合わせ技法の選択など、

ソフトウェアテスト専門会社SHIFTで実際に使用されている「テスト設計」手法を余すところなく伝授致します。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]テスト設計(機能テスト)
~効率的に漏れの無いテスト設計手法を習得~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
演習等 :Microsoft Excel

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
カメラ(顔が映るようにしていただけると、ディスカッションを効果的に行うことができます)

※PC本体の他に、サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。
OS Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、macOS X (10.7以降)
CPU デュアルコア2Ghz以上
RAM 4GB以上
Webブラウザ Google Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降

※OS、CPU、RAM、Webブラウザは、Zoomのアプリケーションをインストールすることを前提とした場合の推奨環境です。


◆コース説明

★人気No.1講座★

本講座では、網羅的かつ効率的なテスト設計手法を学びます。

実践的な演習を通して、実務ですぐに活用できるスキルを身につけることができます。


ユーザーから要求された機能を満たしていることを検証する、ブラックボックステストの代表格「機能テスト」。

多くのエンジニアが経験されていると思いますが、実は、この「機能テスト」…奥が深いんです!手法によって生産性、品質を格段に上げることが出来ます。


テストの抜け漏れによって本番稼働後にバグが出る、工数が限られており無限にテストを増やすわけにはいかない、そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

・テストケースを減らすと網羅性が落ちる、一方で、網羅性を気にしてテストケースを増やすと時間や工数が足りなくなる。

・テスト設計の進め方が人によって違うので、テスト密度がコントロールできない。

上記のようなお悩みをお持ちの方には必見です。


テスト対象をもれなく洗い出す方法や、テスト観点を効率的に展開する方法、適切な組み合わせ技法の選択など、

ソフトウェアテスト専門会社SHIFTで実際に使用されている「テスト設計」手法を余すところなく伝授致します。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社SHIFT へ提供させていただきます。

テスト設計(シナリオテスト)
~業務フロー等を基に網羅的なテスト設計を習得~

★人気No.2★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである「テスト設計(シナリオテスト)」 を学んでいただきます。

要求定義で活用するユースケース図等のモデリング手法を用いながら、シナリオテストケースに落とし込むまでの具体的な手法を身に付けます。


システム全体をブラックボックステストとして捉え、業務フローに沿ったシナリオからテストケースを設定する「シナリオテスト」。

ユーザーニーズを満たすためには非常に重要なテストですが、実際に設計してみると漏れや重複が発生しやすく、エンジニアの力量が問われるこの「シナリオテスト」をどう設計するか?

シナリオテストで機能テストと同じテストをやってしまう、シナリオとしての網羅の仕方がわからない、という方にオススメの講座です。


本講座では、ソフトウェアテスト専門会社SHIFTで実際に使用されている「テスト設計」手法を余すところなく伝授いたします。

システムテスト・受け入れテストで使用する「シナリオテスト」を演習(目的・工程・因子・水準等)を通して学びます。


※推奨:「テスト設計(機能テスト)」を事前に受講されるとより効果的です。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]テスト設計(シナリオテスト)
~業務フロー等を基に網羅的なテスト設計を習得~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
演習等 :Microsoft Excel

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
カメラ(顔が映るようにしていただけると、ディスカッションを効果的に行うことができます)

※PC本体の他に、サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。
OS Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、macOS X (10.7以降)
CPU デュアルコア2Ghz以上
RAM 4GB以上
Webブラウザ Google Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降

※OS、CPU、RAM、Webブラウザは、Zoomのアプリケーションをインストールすることを前提とした場合の推奨環境です。


◆コース説明

★人気No.2★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである「テスト設計(シナリオテスト)」 を学んでいただきます。

要求定義で活用するユースケース図等のモデリング手法を用いながら、シナリオテストケースに落とし込むまでの具体的な手法を身に付けます。


システム全体をブラックボックステストとして捉え、業務フローに沿ったシナリオからテストケースを設定する「シナリオテスト」。

ユーザーニーズを満たすためには非常に重要なテストですが、実際に設計してみると漏れや重複が発生しやすく、エンジニアの力量が問われるこの「シナリオテスト」をどう設計するか?

シナリオテストで機能テストと同じテストをやってしまう、シナリオとしての網羅の仕方がわからない、という方にオススメの講座です。


本講座では、ソフトウェアテスト専門会社SHIFTで実際に使用されている「テスト設計」手法を余すところなく伝授いたします。

システムテスト・受け入れテストで使用する「シナリオテスト」を演習(目的・工程・因子・水準等)を通して学びます。


※推奨:「テスト設計(機能テスト)」を事前に受講されるとより効果的です。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社SHIFT へ提供させていただきます。

仕様書インスペクション
~上流品質を高め手戻りを防ぐドキュメントレビュー技法~

★上流工程で出来る品質向上★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである 「仕様書インスペクション」 を学びます。

仕様書インスペクションを用いることで、設計仕様書の抜け漏れを未然に防ぎ、上流工程で不具合予備軍を発見/対策することで工数削減が可能です。

目的と効果を理解し、計画立案、テスタビリティーの観点をインスペクション技法を適用した「仕様書インスペクション」(レビュー)手法を身に付けます。


「品質保証」というとテストに頼りがちになってしまう、テストを始めてからだと時間の制約によりできることが限られている、そんなお悩みをお持ちの方にオススメの講座です。

テストによる品質向上ではなく、テストの前段階からの効果的な品質向上に取り組んでみませんか?


本講座では、インスペクションの目的とその効果を理解した上で、その計画の立て方を学びます。

また、SHIFT独自手法であるテスタビリティーの観点を、インスペクション技法に適用した方法論で、演習の実技を通して学びます。

最後に手法の活用方法についてのディスカッションを行い、現場で実践できるスキルとして身につけることができます。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]仕様書インスペクション
~上流品質を高め手戻りを防ぐドキュメントレビュー技法~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
演習等 :Microsoft Excel

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
カメラ(顔が映るようにしていただけると、ディスカッションを効果的に行うことができます)

※PC本体の他に、サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。
OS Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、macOS X (10.7以降)
CPU デュアルコア2Ghz以上
RAM 4GB以上
Webブラウザ Google Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降

※OS、CPU、RAM、Webブラウザは、Zoomのアプリケーションをインストールすることを前提とした場合の推奨環境です。


◆コース説明

★上流工程で出来る品質向上★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである 「仕様書インスペクション」 を学びます。

仕様書インスペクションを用いることで、設計仕様書の抜け漏れを未然に防ぎ、上流工程で不具合予備軍を発見/対策することで工数削減が可能です。

目的と効果を理解し、計画立案、テスタビリティーの観点をインスペクション技法を適用した「仕様書インスペクション」(レビュー)手法を身に付けます。


「品質保証」というとテストに頼りがちになってしまう、テストを始めてからだと時間の制約によりできることが限られている、そんなお悩みをお持ちの方にオススメの講座です。

テストによる品質向上ではなく、テストの前段階からの効果的な品質向上に取り組んでみませんか?


本講座では、インスペクションの目的とその効果を理解した上で、その計画の立て方を学びます。

また、SHIFT独自手法であるテスタビリティーの観点を、インスペクション技法に適用した方法論で、演習の実技を通して学びます。

最後に手法の活用方法についてのディスカッションを行い、現場で実践できるスキルとして身につけることができます。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社SHIFT へ提供させていただきます。

DevOpsテスト入門
~継続的デリバリーを実現するテストのアプローチ~

★DevOpsにおける品質にフォーカス★

DevOpsとはアジャイルの先を行って、クラウドと効率的に融合させるという考え方です。

本講座は、DevOpsついての基本的な考え方を学び、DevOpsの生まれた背景と最新動向について学びます。


過去のシステム開発は収束傾向にあって、これからの時代はDXをはじめとした新しいビジネスに向けてシステムを考えなければいけません。

DevOpsで変わっていく品質の考え方、品質確保のポイントを学びます。


本講座では、DevOpsについてその背景と歴史を学んだうえで、DevOpsの全体のプロセスを俯瞰し、テストの位置づけを明確にし、DevOpsに求められるテストの変化方向を学びます。

また、継続的デリバリーを実現するために必要なアジャイル・クライドの活用及び、組織文化の変革の勘所を演習を通して学びます。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]DevOpsテスト入門
~継続的デリバリーを実現するテストのアプローチ~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
演習等 :Microsoft Excel

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
カメラ(顔が映るようにしていただけると、ディスカッションを効果的に行うことができます)

※PC本体の他に、サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。
OS Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、macOS X (10.7以降)
CPU デュアルコア2Ghz以上
RAM 4GB以上
Webブラウザ Google Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降

※OS、CPU、RAM、Webブラウザは、Zoomのアプリケーションをインストールすることを前提とした場合の推奨環境です。


◆コース説明

★DevOpsにおける品質にフォーカス★

DevOpsとはアジャイルの先を行って、クラウドと効率的に融合させるという考え方です。

本講座は、DevOpsついての基本的な考え方を学び、DevOpsの生まれた背景と最新動向について学びます。


過去のシステム開発は収束傾向にあって、これからの時代はDXをはじめとした新しいビジネスに向けてシステムを考えなければいけません。

DevOpsで変わっていく品質の考え方、品質確保のポイントを学びます。


本講座では、DevOpsについてその背景と歴史を学んだうえで、DevOpsの全体のプロセスを俯瞰し、テストの位置づけを明確にし、DevOpsに求められるテストの変化方向を学びます。

また、継続的デリバリーを実現するために必要なアジャイル・クライドの活用及び、組織文化の変革の勘所を演習を通して学びます。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社SHIFT へ提供させていただきます。

テスト計画
~成功する為のテスト計画・見積りの極意を伝授~

★テストマネジメントの人気講座★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである「テスト計画」の実施方法を学びます。


・テスト工数をちゃんと計画せず、積み上げるだけのどんぶり勘定になることで、いざというときに工数が足りなくなる。

・リスクへの備えが不十分で、トラブルが発生した時に対処ができない。

このような状況に備え、テストの事前計画や工数計算をしっかりと実施する必要があります。


本講座では、テスト方針、計画の立案方法や特に難しいとされる「テスト見積り」に焦点を当てて、開発手法に応じた事例を紹介をしながら学びます。

一般的なプロジェクト計画立案ではなく、テスト計画時に必要となる様々な手法を体系的に学び、実践できる能力をディスカッションを通して身につけます。テスト見積りでは、いくつかの事例を紹介しながら、実際の現場で役立てるために重要なポイントを学習します。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]テスト計画
~成功する為のテスト計画・見積りの極意を伝授~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
演習等 :Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
カメラ(顔が映るようにしていただけると、ディスカッションを効果的に行うことができます)

※PC本体の他に、サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。
OS Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、macOS X (10.7以降)
CPU デュアルコア2Ghz以上
RAM 4GB以上
Webブラウザ Google Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降

※OS、CPU、RAM、Webブラウザは、Zoomのアプリケーションをインストールすることを前提とした場合の推奨環境です。


◆コース説明

★テストマネジメントの人気講座★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである「テスト計画」の実施方法を学びます。


・テスト工数をちゃんと計画せず、積み上げるだけのどんぶり勘定になることで、いざというときに工数が足りなくなる。

・リスクへの備えが不十分で、トラブルが発生した時に対処ができない。

このような状況に備え、テストの事前計画や工数計算をしっかりと実施する必要があります。


本講座では、テスト方針、計画の立案方法や特に難しいとされる「テスト見積り」に焦点を当てて、開発手法に応じた事例を紹介をしながら学びます。

一般的なプロジェクト計画立案ではなく、テスト計画時に必要となる様々な手法を体系的に学び、実践できる能力をディスカッションを通して身につけます。テスト見積りでは、いくつかの事例を紹介しながら、実際の現場で役立てるために重要なポイントを学習します。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社SHIFT へ提供させていただきます。

テスト管理
~テスト実行時の管理方法・変更多発のテスト管理にお悩みの方必見~

★テストマネジメントの第一歩★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである「テスト管理」の実施方法を学びます。

テスト実施の手法、チーム体制作りから進捗管理方法などの管理スキルを習得することで、実行管理工数を大幅に削減する事を目的にテスト管理手法を身につけます。


・いざテストを始めると予定通りに進捗しない。

・事前に想定していた数のバグが出ない。

このような兆候を早めに見つけて対策を立てるのがテスト管理です。


本講座では、SHIFTで実際に使用されている「テスト実行管理」時に必須となる数々の手法を余すところなく伝授いたします。

テスト計画後の実行管理に焦点を当てて、実施準備の手法、チーム体制作りから進捗管理方法などの管理スキルを習得することで、実行管理工数削減の考え方を学びます。

演習ではテスト実行フェーズに求められるテスト管理を、ケーススタディーをもとにした個人演習と、グループディスカッションを通じて、実践的なテスト管理を学ぶことができます。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]テスト管理
~テスト実行時の管理方法・変更多発のテスト管理にお悩みの方必見~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
演習等 :Microsoft Excel

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
カメラ(顔が映るようにしていただけると、ディスカッションを効果的に行うことができます)

※PC本体の他に、サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。
OS Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、macOS X (10.7以降)
CPU デュアルコア2Ghz以上
RAM 4GB以上
Webブラウザ Google Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降

※OS、CPU、RAM、Webブラウザは、Zoomのアプリケーションをインストールすることを前提とした場合の推奨環境です。


◆コース説明

★テストマネジメントの第一歩★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである「テスト管理」の実施方法を学びます。

テスト実施の手法、チーム体制作りから進捗管理方法などの管理スキルを習得することで、実行管理工数を大幅に削減する事を目的にテスト管理手法を身につけます。


・いざテストを始めると予定通りに進捗しない。

・事前に想定していた数のバグが出ない。

このような兆候を早めに見つけて対策を立てるのがテスト管理です。


本講座では、SHIFTで実際に使用されている「テスト実行管理」時に必須となる数々の手法を余すところなく伝授いたします。

テスト計画後の実行管理に焦点を当てて、実施準備の手法、チーム体制作りから進捗管理方法などの管理スキルを習得することで、実行管理工数削減の考え方を学びます。

演習ではテスト実行フェーズに求められるテスト管理を、ケーススタディーをもとにした個人演習と、グループディスカッションを通じて、実践的なテスト管理を学ぶことができます。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社SHIFT へ提供させていただきます。

不具合分析
~障害報告や不具合データを分析と対策、今後の改善に活かす方法を伝授~

★テスト結果は宝の山★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである「不具合分析」を学びます。

SHIFTの累計18万件にも及ぶ「不具合分析ノウハウ」を基に、トータル品質を向上させる事を目的として、分析と対策、不具合の資産化、傾向と分析スキルを身に付けます。


バグを見つけてもそのままにしてしまい、次も同じバグが繰り返し出ていませんか?

組織やプロジェクトで、どうしたら不具合情報を蓄積活用できるのか悩まれている方にオススメの講座となっております。


本講座では、不具合情報をどのように活用する事がベストなのか?その為にはどの様な分析手法がベストなのか?といった、「不具合分析ノウハウ」 を余すところなく伝授いたします。

テストやシステム運用時に発生した障害報告を基に、その内容分析の観点と不具合分析に必要となる関連情報について学習します。ケーススタディでは、不具合の分析方法について実際のデータを使ってディスカッションしながら理解を深めていきます。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]不具合分析
~障害報告や不具合データを分析と対策、今後の改善に活かす方法を伝授~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
演習等 :Microsoft Excel

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
カメラ(顔が映るようにしていただけると、ディスカッションを効果的に行うことができます)

※PC本体の他に、サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。
OS Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、macOS X (10.7以降)
CPU デュアルコア2Ghz以上
RAM 4GB以上
Webブラウザ Google Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降

※OS、CPU、RAM、Webブラウザは、Zoomのアプリケーションをインストールすることを前提とした場合の推奨環境です。


◆コース説明

★テスト結果は宝の山★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである「不具合分析」を学びます。

SHIFTの累計18万件にも及ぶ「不具合分析ノウハウ」を基に、トータル品質を向上させる事を目的として、分析と対策、不具合の資産化、傾向と分析スキルを身に付けます。


バグを見つけてもそのままにしてしまい、次も同じバグが繰り返し出ていませんか?

組織やプロジェクトで、どうしたら不具合情報を蓄積活用できるのか悩まれている方にオススメの講座となっております。


本講座では、不具合情報をどのように活用する事がベストなのか?その為にはどの様な分析手法がベストなのか?といった、「不具合分析ノウハウ」 を余すところなく伝授いたします。

テストやシステム運用時に発生した障害報告を基に、その内容分析の観点と不具合分析に必要となる関連情報について学習します。ケーススタディでは、不具合の分析方法について実際のデータを使ってディスカッションしながら理解を深めていきます。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社SHIFT へ提供させていただきます。

テスト戦略
~テスト計画に繋がる具体的な戦略立案の肝~

★マネジメントの先へ★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである 「テスト戦略」の考え方を学んでいただきます。

テスト全体を俯瞰して、品質リスクや課題を解決するための具体的なアプローチを立案、実施するスキルを身につけます。


過去のテストの工数配分を漠然と踏襲してしまい、品質がなかなか上がらないループに陥っていませんか?

どうすれば効果的なテストを計画的に進めることができるのか、という課題をお持ちの方にオススメの講座となっております。


本講座では、テスト戦略基礎を学習し、実際にテスト戦略を立案する事で、品質向上の戦略アプローチを学びます。

テスト全体を俯瞰して、品質リスクや課題を解決するための具体的なアプローチを立案、実施するためのポイントを余すところなく伝授いたします。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]テスト戦略
~テスト計画に繋がる具体的な戦略立案の肝~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
演習等 :Microsoft Excel

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
カメラ(顔が映るようにしていただけると、ディスカッションを効果的に行うことができます)

※PC本体の他に、サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。
OS Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、macOS X (10.7以降)
CPU デュアルコア2Ghz以上
RAM 4GB以上
Webブラウザ Google Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降

※OS、CPU、RAM、Webブラウザは、Zoomのアプリケーションをインストールすることを前提とした場合の推奨環境です。


◆コース説明

★マネジメントの先へ★

本講座では、品質保証の「方法論」の一つである 「テスト戦略」の考え方を学んでいただきます。

テスト全体を俯瞰して、品質リスクや課題を解決するための具体的なアプローチを立案、実施するスキルを身につけます。


過去のテストの工数配分を漠然と踏襲してしまい、品質がなかなか上がらないループに陥っていませんか?

どうすれば効果的なテストを計画的に進めることができるのか、という課題をお持ちの方にオススメの講座となっております。


本講座では、テスト戦略基礎を学習し、実際にテスト戦略を立案する事で、品質向上の戦略アプローチを学びます。

テスト全体を俯瞰して、品質リスクや課題を解決するための具体的なアプローチを立案、実施するためのポイントを余すところなく伝授いたします。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社SHIFT へ提供させていただきます。

UMLオブジェクト指向分析・設計-UMTP-L2認定

UMTP-L2試験対策コースです。
オブジェクト指向による要求、分析、設計で使われる用語やモデリングの基本的な進め方を、例題やグループ演習を繰り返して習得します。


グループ演習では、与えられた題材を元に、要求から分析、設計を通してモデリングを行います。

グループ演習で作成した成果物を元に講師や他の受講者とディスカッションすることで、より理解度を高めるように工夫しています。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]UMLオブジェクト指向分析・設計-UMTP-L2認定

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
モデリングツール:Astah* professional
教材配布等:Googleサービス

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(回線速度が十分で、アプリケーションおよびユーザアカウントが用意できること)
マイク(通話が可能なこと)
Webブラウザ Google Chrome (Mural(オンラインホワイトボード)を利用します)


◆事前環境構築

使用されるPCに対し、必ずご受講前に以下の環境構築を実施してください。

・Googleアカウントの作成(教材配布とアンケートは、Googleのサービスを使用します)

・Astah* professionalのインストール(利用ライセンスは開催決定後に配布いたします)


◆コース説明

UMTP-L2試験対策コースです。
オブジェクト指向による要求、分析、設計で使われる用語やモデリングの基本的な進め方を、例題やグループ演習を繰り返して習得します。


グループ演習では、与えられた題材を元に、要求から分析、設計を通してモデリングを行います。

グループ演習で作成した成果物を元に講師や他の受講者とディスカッションすることで、より理解度を高めるように工夫しています。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社オージス総研 へ提供させていただきます。

UMLモデリング入門-UMTP-L1認定

UMTP-L1試験対策コースです。
UMLで書かれたモデルの読み方や、書き方を様々なモデルの紹介と演習問題の繰り返しにより習得します。


UML技能認定試験認定テキストを用いたトレーニングコースです。

UML表記(UML2.0)の習得を目指します。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]UMLモデリング入門-UMTP-L1認定

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
教材配布等:Googleサービス

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(回線速度が十分で、アプリケーションおよびユーザアカウントが用意できること)
マイク(通話が可能なこと)
Webブラウザ Google Chrome (Mural(オンラインホワイトボード)を利用します)


◆事前環境構築

使用されるPCに対し、必ずご受講前に以下の環境構築を実施してください。

・Googleアカウントの作成(教材配布とアンケートは、Googleのサービスを使用します)

・モデル(絵)を描くツール(紙とペン、モデリングツール、など)


◆コース説明

UMTP-L1試験対策コースです。
UMLで書かれたモデルの読み方や、書き方を様々なモデルの紹介と演習問題の繰り返しにより習得します。


UML技能認定試験認定テキストを用いたトレーニングコースです。

UML表記(UML2.0)の習得を目指します。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社オージス総研 へ提供させていただきます。

分析モデリング基礎

身の回りに存在するものを題材として、物事の本質を見落とさずにモデリングする手順や表現方法を習得します。


分析モデリングの基礎となる、物事の「本質を考える力」とそれを「UMLで表記する力」を習得します。

その過程において、「オブジェクト指向的な考え方」も身につけます。


なお本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

[オンライン開催]分析モデリング基礎

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
モデリングツール:Astah* professional
教材配布等:Googleサービス

※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※音声およびカメラの環境は、テストミーティングで事前にご確認ください。
システム要件 インターネット接続(回線速度が十分で、アプリケーションおよびユーザアカウントが用意できること)
マイク(通話が可能なこと)
Webブラウザ Google Chrome (Mural(オンラインホワイトボード)を利用します)


◆事前環境構築

使用されるPCに対し、必ずご受講前に以下の環境構築を実施してください。

・Googleアカウントの作成(教材配布とアンケートは、Googleのサービスを使用します)

・Astah* professionalのインストール(利用ライセンスは開催決定後に配布いたします)


◆コース説明

 身の回りに存在するものを題材として、物事の本質を見落とさずにモデリングする手順や表現方法を習得します。 


分析モデリングの基礎となる、物事の「本質を考える力」とそれを「UMLで表記する力」を習得します。

その過程において、「オブジェクト指向的な考え方」も身につけます。


◆ご注意事項

※本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
 お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

※本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
 主催会社である 株式会社オージス総研 へ提供させていただきます。