Pivotal認定トレーニング一覧

pivotal-logo

コースフロー

Pivotal認定トレーニング

Pivotal認定Core Spring-ハイレベルなSpringの基礎- 基礎からのSpring BootによるWebアプリケーション開発-Web、DBアクセス、REST、セキュリティ- Pivotal認定Spring Cloud Developer-Spring CloudとNetflix OSSによるマイクロサービス開発- Pivotal認定Pivotal Cloud Foundry Developer-アプリケーション開発者のためのPivotal Cloud Foundry基礎-

Pivotal認定トレーニング一覧

Pivotal認定Core Spring
-ハイレベルなSpringの基礎-

Springの開発元であるPivotal社の認定コースです。
DI・Spring・Spring Bootのアーキテクチャー・設計思想など、ハイレベルな基礎知識を身につけることができます。


Spring Bootの登場により、Springは人気のフレームワークとなりました。Spring Bootは、Springの設定をほぼ不要にします。しかし内部を隠蔽するため、Springの基礎知識が身につきづらい側面もあります。
本コースでは、アーキテクトや開発者の方を対象に、中心技術のDIをはじめ、AOP・テスト・データアクセス・Web・セキュリティ・Spring Bootなど幅広い技術を、講義+演習で学習します。各機能の使い方だけではなく、それぞれのアーキテクチャーや設計思想なども学びますので、Springでの開発プロジェクトをリードできるようになります。
認定コースならではのハイレベルな基礎を、このコースで身につけてください。

本コースは、Spring Professional試験の準備に適しています。セミナーテキストは英語ですが、講師は研修を日本語で進めます。

お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください)詳細を見る


1. アカウント登録について
本コースは認定トレーニングのため、第三者であるPivotal Software, Inc.が管理するシステムへのアカウント登録が必要となります。
開催当日までに、弊社事務局およびPivotal Software, Inc.よりシステムへのログイン方法に関するご案内メールをお送りいたしますので、内容をご確認のうえ、受講者様各自にてお手続きをお願いいたします。

2. 研修当日の教材について
本コースは研修中、一部教材をWeb(*)上で閲覧いただきながらご受講いただきます。
*:「1.アカウント登録について」で登録されたアカウントを使用いたします。

3. 提供必須情報について
本コースをご受講いただくにあたり、受講者様の下記情報が必要となります。
お手数ですが、お申し込みフォームの該当欄にご入力をお願いいたします。
 ・ローマ字氏名
 ・Webメールアドレス
※何らかのトラブルが発生した場合に研修当日の受講環境からでもメールをご確認いただけるよう法人メールアドレスではなく、Webメールアドレスをご提供いただきますようお願いいたします。

4. キャンセルや各種変更期限について
本コースのキャンセルや各種変更は、コース開始日の10営業日前までとなります。
それ以降のキャンセル・各種変更は、受講料全額のキャンセル料が発生しますのでご注意ください。 (キャンセルポリシー

5. 第三者への情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・ローマ字氏名・Webメールアドレスは、
第三者であるPivotalジャパン株式会社およびPivotal Software, Inc.へ提供させていただきます。

開催日程の分割について(お申し込み前に必ずご一読ください)詳細を見る


以下の開催日程は4日間連続ではなく、前半(2日間)・後半(2日間)の分割開催となりますのでご注意ください。
システム上、お申し込みページや申込受付メールでの表記は開始日~終了日となってしまいますが、ご了承をお願い致します。

・2019年8月15日~2019年8月23日開催
 (前半:2019年8月15日~2019年8月16日、後半:2019年8月22日~2019年8月23日)

・2019年9月19日~2019年9月27日開催
 (前半:2019年9月19日~2019年9月20日、後半:2019年9月26日~2019年9月27日)

・2019年10月15日~2019年10月29日開催
 (前半:2019年10月15日~2019年10月16日、後半:2019年10月28日~2019年10月29日)

・2019年12月19日~2019年12月27日開催
 (前半:2019年12月19日~2019年12月20日、後半:2019年12月26日~2019年12月27日)

・2020年1月23日~2020年1月31日開催
 (前半:2020年1月23日~2020年1月24日、後半:2020年1月30日~2020年1月31日)

・2020年2月17日~2020年2月26日開催
 (前半:2020年2月17日~2020年2月18日、後半:2020年2月25日~2020年2月26日)

・2020年3月12日~2020年3月19日開催
 (前半:2020年3月12日~2020年3月13日、後半:2020年3月18日~2020年3月19日)
Pivotal認定Spring Cloud Developer
-Spring CloudとNetflix OSSによるマイクロサービス開発-

Springの開発元であるPivotal社の認定コースです。
Spring CloudとNetflix OSSを利用したマイクロサービス開発の基礎知識を、演習中心で身につけることができます。


マイクロサービスアーキテクチャは、結合を疎にして独立性を高め、システム開発およびビジネスを高速に回す手法として注目度が高まっています。
マイクロサービス開発特有の課題を解決するためのライブラリが、EurekaなどのNetflix OSS、およびSpring Cloudです。Service Discovery・Load Balancing・Circuit Breakerなど様々な機能を提供しています。
本コースでは、マイクロサービス開発におけるSpring CloudとNetflix OSSの基礎知識を、演習中心で学習します。マイクロサービス開発で考慮すべきことは何か、その対策は何かを考え、実務で開発ができるようになります。

セミナーテキストは英語ですが、講師は研修を日本語で進めます。

※開催中止のお知らせ※
コンテンツ内容の影響により、2019年度内の開催をすべて中止とさせていただきます。
ご理解賜りますようお願いいたします。

お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください)詳細を見る


1. アカウント登録について
本コースは認定トレーニングのため、第三者であるPivotal Software, Inc.が管理するシステムへのアカウント登録が必要となります。
開催当日までに、弊社事務局およびPivotal Software, Inc.よりシステムへのログイン方法に関するご案内メールをお送りいたしますので、内容をご確認のうえ、受講者様各自にてお手続きをお願いいたします。

2. 研修当日の教材について
本コースは研修中、一部教材をWeb(*)上で閲覧いただきながらご受講いただきます。
*:「1.アカウント登録について」で登録されたアカウントを使用いたします。

3. 提供必須情報について
本コースをご受講いただくにあたり、受講者様の下記情報が必要となります。
お手数ですが、お申し込みフォームの該当欄にご入力をお願いいたします。
 ・ローマ字氏名
 ・Webメールアドレス
※何らかのトラブルが発生した場合に研修当日の受講環境からでもメールをご確認いただけるよう法人メールアドレスではなく、Webメールアドレスをご提供いただきますようお願いいたします。

4. キャンセルや各種変更期限について
本コースのキャンセルや各種変更は、コース開始日の10営業日前までとなります。
それ以降のキャンセル・各種変更は、受講料全額のキャンセル料が発生しますのでご注意ください。 (キャンセルポリシー

5. 第三者への情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・ローマ字氏名・Webメールアドレスは、
第三者であるPivotalジャパン株式会社およびPivotal Software, Inc.へ提供させていただきます。
Pivotal認定Pivotal Cloud Foundry Developer
-アプリケーション開発者のためのPivotal Cloud Foundry基礎-

Springの開発元であるPivotal社の認定コースです。
開発者視点でのPivotal Cloud Foundryの利用方法(アプリケーションのデプロイ・スケール・サービスなど)を演習中心に学習できます。


Pivotal Cloud Foundry(PCF)は、主にマイクロサービスを動作させるためのプラットフォームを構築するソフトウェアです。
本コースでは、PCFを利用してアプリケーション開発を行う方を対象に、アプリケーションのプッシュ・スケール・サービスの利用など、開発者視点でのPCFの利用方法を演習中心で学習します。
併せて、マイクロサービスアーキテクチャー・Blue/Greenデプロイ・Continuous Deliveryを含む、クラウドネイティブなアプリケーションに関する手法を学習します。
PCFの基本操作・コンセプトを理解することで、それに適したアプリケーション開発が行えるようになります。

このコースは、Cloud Foundry Developer認定試験の準備に適しています(受験バウチャーチケットは別売りです)。
セミナーテキストは英語ですが、講師は研修を日本語で進めます。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください)詳細を見る


1. アカウント登録について
本コースは認定トレーニングのため、第三者であるPivotal Software, Inc.が管理するシステムへのアカウント登録が必要となります。
開催当日までに、弊社事務局およびPivotal Software, Inc.よりシステムへのログイン方法に関するご案内メールをお送りいたしますので、内容をご確認のうえ、受講者様各自にてお手続きをお願いいたします。

2. 研修当日の教材について
本コースは研修中、一部教材をWeb(*)上で閲覧いただきながらご受講いただきます。
*:「1.アカウント登録について」で登録されたアカウントを使用いたします。

3. 提供必須情報について
本コースをご受講いただくにあたり、受講者様の下記情報が必要となります。
お手数ですが、お申し込みフォームの該当欄にご入力をお願いいたします。
 ・ローマ字氏名
 ・Webメールアドレス
※何らかのトラブルが発生した場合に研修当日の受講環境からでもメールをご確認いただけるよう法人メールアドレスではなく、Webメールアドレスをご提供いただきますようお願いいたします。

4. キャンセルや各種変更期限について
本コースのキャンセルや各種変更は、コース開始日の10営業日前までとなります。
それ以降のキャンセル・各種変更は、受講料全額のキャンセル料が発生しますのでご注意ください。 (キャンセルポリシー

5. 第三者への情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・ローマ字氏名・Webメールアドレスは、
第三者であるPivotalジャパン株式会社およびPivotal Software, Inc.へ提供させていただきます。
Pivotal認定 Spring Boot Developer

Spring Frameworkの特長をベースに、Spring BootはJava開発の次世代を担います。
Spring Bootの”opinionated(独善的な)”アプローチにより、ボイラープレートやSpring特有の設定が不要になり、高速な開発と容易なデプロイが可能になります。
本コースでは、Auto Configuration、データアクセス、Actuatorなど、Spring Bootの主要な機能を学習します。
Spring Bootを利用して、エンタープライズに適用可能なアプリケーションを開発する基礎を身に付けることができます。
セミナーテキストは英語ですが、講師は研修を日本語で進めます。

※本コースは2018年度を持ちまして、開催を終了とさせていただきました。

お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください)詳細を見る


1. 本コースは認定トレーニングのため、「Pivotal Academy」「Content Raven」というサイトへのアカウント登録、コースウェア(教材)のダウンロードが必要となります。開催の約1週間前に、弊社事務局より登録に関するご案内メールをお送りいたしますので、必ずご確認をお願いいたします。
2. アカウント登録時にはローマ字表記のお名前が必要となりますので、お手数ですが、お申し込みフォームの備考欄に記載をお願い致します。
3. 本コースのキャンセルや各種変更は、コース開始日の10営業日前までとなります。それ以降のキャンセル・各種変更は、受講料全額のキャンセル料が発生しますのでご注意ください。 (キャンセルポリシー)
4. 本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・ローマ字氏名・メールアドレスは、第三者であるPivotalジャパン株式会社およびPivotal Software, Inc.へ提供させていただきます。