Jenkins パイプライン 中級

本コースは、中級開発者やビルドおよびリリースエンジニア向けに、共有ライブラリを使ってJenkins宣言型パイプラインを作成および実行する方法を学習することを目標としたコースです。

パイプラインコードの共有と再利用が可能になるだけでなく、コードの野放図な拡大を管理したりチームのサイロ化を防止する方法を、講義と演習により理解することができます。


Jenkins トレーニングは、「CloudBees社公式のトレーニングであること」「演習環境をお渡しして後日復習が行えること」が特長となっております。

 お申し込みにあたっての注意事項(お申し込み前に必ずご一読ください)詳細を見る


本コースは、テクマトリックス株式会社主催のトレーニングとなります。
お申込みいただきました個人情報は、株式会社カサレアル(弊社)と、主催企業であるテクマトリックス株式会社が取得し、
イベント参加申し込みを適切に受け付けて管理します。
 弊社またテクマトリックス株式会社が提供するセミナー・サービスに関する情報を電子メール等で提供するために利用します。

研修概要

  • 研修の目的
    このトレーニングを修了すると、以下を理解できるようになります。
    ■ Blue Ocean を使用せずにパイプライン コードを作成および変更する方法
    ■ 共有ライブラリを作成し設定する方法
    ■ パイプラインから共有ライブラリのカスタムステップを呼び出す方法
    ■ リソース ファイルを作成し使用する方法
    ■ 堅牢でメンテナンスが容易なパイプラインの作成に関する詳細
  • 研修の内容
    ■ セクション 01 - パイプラインの基礎の復習
     □ パイプラインのまとめ - 基礎
     □ 最新機能
    ■ セクション 02 - パイプラインでの Docker の使用
     □ パイプラインでDockerを使用する
    ■ セクション 03 - 共有ライブラリの準備
     □ スクリプト パイプライン
     □ Jenkinsファイルを使用する
     □ マルチブランチ パイプライン
     □ Blue Ocean を使用しない場合のパイプライン
     □ 共有ライブラリの紹介
    ■ セクション 04 - 共有ライブラリの作成
     □ 共有ライブラリの実装
     □ SCM のリポジトリを作成する
     □ 共有ライブラリの設定
     □ 共有ライブラリのカスタム ステップの記述
    ■ セクション 05 - 共有ライブラリ関数の呼び出し
     □ 共有ライブラリのカスタム ステップを呼び出す
     □ ライブラリリソース
     □ その他の共有ライブラリの例
     □ 共有ライブラリのベスト プラクティス
    ■ セクション 06 - ベスト プラクティス
     □ 耐久性
     □ シーケンシャル ステージ
     □ ステージからの再実行
     □ Groovy サンドボックス
     □ その他のヒント
  • 対象者
    ■ Dockerエージェントをパイプラインに組み込みたい方
    ■ 多数のプロジェクトにJenkinsパイプラインの利用を拡大したい方
    ■ パイプラインコードの野放図な拡大を管理したい方
    ■ 全社的に継続的インテグレーション/継続的デリバリーを推進している方
  • 前提条件
    ■ Jenkinsの基礎知識
    ■ 『Jenkinsパイプライン 基礎』コースを修了していること
    ■ 本コースで使用されている他のテクノロジーについても、ある程度の知識が必要です。
     □ Docker
     □ Git
     □ Apache Maven、Gradle、Ant、NPM
     □ Apache Groovy
    ※本コースは、これらのツールに慣れていなくても演習を行うことができるように構成されていますが、これらのツールについて学んでおくと、実際の業務としてパイプラインを実装する際に役立ちます。
  • 開催日数
    1日間
  • 受講料
    110,000円
    (税込)※受講料にはテキスト代も含まれます。
  • お支払い
    研修終了後に請求書払いとなります。
    請求書は研修終了日の属する月の月末までに郵送、もしくは研修当日に手渡しさせていただきます。
  • 持ち物
    名刺
  • 時間
    9時30分~17時00分

開催日程

Jenkinsトレーニングに関する研修一覧