Jenkins 管理-基礎

本コースは、Jenkinsインスタンスをセットアップし実行するための基礎知識を習得することを目標としたコースです。

コースの大部分はハンズオンラボであるため、Jenkins管理ツールを使用した現実的な経験を獲得できます。


Jenkins トレーニングは、「CloudBees社公式のトレーニングであること」

「演習環境をお渡しして後日復習が行えること」が特長となっております。


 ☆お申し込みにあたっての注意事項(お申し込み前に必ずご一読ください)☆詳細を見る


本コースは、テクマトリックス株式会社主催のトレーニングとなります。
お申込みいただきました個人情報は、株式会社カサレアル(弊社)と、主催企業であるテクマトリックス株式会社が取得し、
イベント参加申し込みを適切に受け付けて管理します。
弊社またテクマトリックス株式会社が提供するセミナー・サービスに関する情報を電子メール等で提供するために利用します。

研修概要

  • 研修の目的
    このトレーニングを修了すると、以下を理解できるようになります。
    ■ Jenkinsインスタンスをセットアップし実行するための基礎知識を習得する
    ■ Jenkins管理ツールを使用した実践的知識
  • 研修の内容
    ■ セクション 01 - Jenkins のインストール、アップグレード
     □ 要件と計画
     □ Jenkins のインストール
     □ Jenkins のアップグレード
    ■ セクション 02 - Jenkinsの管理
    ■ セクション 03 - プラグインの管理
    ■ セクション 04 - 通知の設定
    ■ セクション 05 - マスター、ノード、エージェントを使用した分散ビルドの実装
    ■ セクション 06 - Jenkins インスタンスのセキュリティ管理
     □ セキュリティ概要
     □ 認証
     □ 認可
     □ アカウンティング
     □ グローバルセキュリティ設定
     □ 認証情報の管理
     □ セキュリティのベストプラクティス
    ■ セクション 07 - フォルダーを使用したプロジェクトおよびチームごとのビルドの分類
    ■ セクション 08 - Jenkins のモニタリング
    ■ セクション 09 - Jenkins インスタンスのバックアップ
    ■ セクション 10 - Jenkins コマンド ライン インターフェイス (CLI) を使用したタスクの自動化
  • 対象者
    ■ Jenkins の管理者
    ■ Jenkins をこれから利用、または利用し始めの方
    ■ 継続的インテグレーションの導入に取り組んでいる方
    ■ ソフトウェア開発の効率化をお考えの方
  • 前提条件
    ■ CI/CD、SCM、モダンなテスト理論の原則を理解していること
    ※申込み後、これらの概念について学習するための資料のご案内があります。(1時間程度で学習できます)
    ■ 本コースで使用されている他のテクノロジーについても、ある程度の知識が必要です。
     □ Docker
     □ Git
     □ Apache Maven、Gradle、Ant、NPM
     □ Apache Groovy
    ※本コースは、これらのツールに慣れていなくても演習を行うことができるように構成されていますが、
      これらのツールについて学んでおくと、実際の業務としてパイプラインを実装する際に役立ちます。
  • 開催日数
    1日間
  • 受講料
    110,000円
    (税込)※受講料にはテキスト代も含まれます。
  • お支払い
    研修終了後に請求書払いとなります。
    請求書は研修終了日の属する月の月末までに郵送、もしくは研修当日に手渡しさせていただきます。
  • 持ち物
    名刺
  • 時間
    9時30分~17時00分

開催日程

Jenkinsトレーニングに関する研修一覧