[オンライン開催]システム・仮想基盤構築トレーニング(ロードバランサ分野)
~トラフィックの効果的な分散方法~

◆オンライン研修環境

使用ツール 動画配信:Zoom
リモートラボ環境:Cisco AnyConnect

※各ソフトウェアの利用マニュアルは、こちらをご確認ください。
システム要件 ・インターネット接続環境-有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
・インターネット接続可能なPC
・スピーカーとマイク
・追加モニター(オプション) *推奨
OS ・Windows 8/8.1/10/11
・Mac OS X(10.9以降)
プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
Webブラウザ ・Internet Explorer8以降
・Edge
・Firefox
・Google Chrome


◆コース説明

このコースでは、ロードバランサの概要と、ロードバランサを使用する上で必須となる基本技術を学習します。

わかり易いオリジナルテキストを利用した演習に加え、運用時の推奨や注意点なども紹介するため、実践的な力も身につける事が可能です。


※本コースは、CTCテクノロジー株式会社オリジナルコースです。

※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。

※本コースはシステム・仮想基盤構築トレーニングコースのロードバランサ分野を対象としています。


お申し込みにあたっての注意事項とお願い(お申し込み前に必ずご一読ください) 詳細を見る


1. お申込受付について
本コースは、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申し込みをいただいても、満席等の理由によりご受講いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

2. 主催会社への受講者情報提供について
本コースにお申し込みいただいた受講者様の氏名・メールアドレスは、
主催会社である CTCテクノロジー株式会社 へ提供させていただきます。

3. テキスト・演習資料について
ドキュメント配信サービス(PUBLUS Lite)を使用して、電子テキストを配布いたします。
詳細は、こちらをご確認ください。
なお、コースで使用する演習資料は、演習の理解度が上がるよう、分かりやすく説明されたCTCテクノロジー株式会社オリジナルの演習資料を使用いたします。

研修概要

  • 研修の目的
    ・ロードバランサの基本概念を理解する
    ・ロードバランサの負荷分散方式、サーバ監視、高可用性について理解する
  • 研修の内容
    ●ロードバランサの概要
     ・負荷分散の方法
     ・ロードバランサの概要
     ・コネクションテーブル
    ●ロードバランサの基本機能
     ・サーバ監視
     ・負荷分散アルゴリズム
     ・セッション維持(Session Persistence)
    ●ロードバランサの冗長化(High Availability)
     ・ロードバランサの冗長構成
  • 対象者
    ・ロードバランサを基礎から学習したい方
    ・ロードバランサの運用に関わる予定の方
  • 前提条件
    ・『オンライン研修環境』に記載のツール、機材のご用意が可能な方
    ・以下のコースを受講されたか同等の知識をお持ちの方
     - ネットワークファーストステップ
  • 実行環境
    ・ノートPC
    ・仮想ロードバランサ
  • 配布資料
    テキストは電子版を配布いたします。詳細は、こちらをご確認ください(https://www.school.ctc-g.co.jp/liveonline/index.html#ctcttext)
  • 開催日数
    1日間
  • 受講料
    60,500円
    (税込)
  • お支払い
    研修終了後に請求書払いとなります。
    請求書は研修終了日の属する月の月末までに郵送させていただきます。
  • 時間
    9時30分~16時30分

開催日程

  • 終了
    2024年7月16日~2024年7月16日(1日間)
    【会場】 オンライン
  • 申し込む
    2024年9月17日~2024年9月17日(1日間)
    【受付】2024年8月30日まで
    【会場】 オンライン

基盤構築・運用研修に関する研修一覧